開花間近の満月子株

およそ3週間ぶりの登場、マミラリア属 満月(まんげつ Mammillaria candida var estanzuelensis)子株です。画像はクリックすると大きくなります。

開花目前の満月 開花目前の満月

結構離れた位置からでも花芽が確認出来るようになりました。花芽はぐるりと一周しており20輪以上あるようです。一番膨らんでいる花芽はもうすぐ側棘から飛び出すぐらいまで上がって来ているので、あと3日もすれば開花しそうです。

満月の自生地はメキシコ合衆国、コアウイラ州、ヌエボ・レオン州、タマウリパス州、サン・ルイス・ポトシ州、グアナトフ州で北緯20度から26度、標高は500mから2000mと広範囲です。平均最低気温は5度~20度、平均最高気温は20度から35度ぐらいで1日の寒暖差が大きい。また標高の高いところではマイナス6~7度、標高が低いところでは45度を超える場合もあるようです。年間降水量も400mm前後の所が多く、250mm~600mmです。主に夏場に雨が多いようですが、冬場でも月に2、3回は雨が降るので雨季乾季と言うほどはっきりはしていないようです。

満月の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。白刺で自ら遮光しているので、陽射しが弱かったり、日照時間が短いと徒長します。向日性もあるので縦に伸び出したら冬場は週に2回程度は鉢回しをしたほうが良いでしょう。もし後ろに壁がある場合は白に塗っておくと鉢回しの回数を減らせます。植え替えは花芽を上げる前の2月初め頃か、生育が緩慢になる8月中頃ぐらいがお勧めです。体が小さくても割と大きな花を数多く咲かせますので、元肥はしっかり入れておきます。

今日は午前中は良く晴れてお昼前には何本かの帝玉は先端が開きかけていましたが、午後から曇ったので開きませんでした、残念!内裏玉は良く開いていましたので、交配しておきました。

今日のこよみ
日の出    05:50
日の入    18:15
月の出    05:59
月の入    18:23
正午月齢   00.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

5輪目の花芽が上がって来た帝玉成株

およそ一週間ぶりの登場、プレイオスピロス属 帝玉(ていぎょく Pleiospilos nelii)成株です。画像はクリックすると大きくなります。

5輪目の花芽が上がって来た帝玉成株 5輪目の花芽が上がって来た帝玉成株

3月7日に4輪目の花芽を確認しましたが、本日5輪目が上がって来ていました。左の写真では4輪しか確認出来ませんが、1輪目と2輪目の間から5輪目が顔を覗かせていました。まあ左の写真を見れば、隙間がないのがよく分かりますので、5輪目以降はどこから出て来るかは予想も付きません。以前7輪を着けたときも、まったく予想もしていない場所から出て来ましたので、よく観察することが大事です。でもまだこんな時期で5輪目まで出てきていると言うことはもしかしたら6輪目以降も出るかもしれません。

花芽膨らむ雪晃

こちらはおよそ3週間ぶりの登場、パロディア属(旧ブラジリカクタス属) 雪晃(せっこう Parodia haselbergii )中株です。花芽も少し膨らみ数もはっきり分かる様になってきました。まあもう少し増えるかもしれませんが、それでも10輪行くか行かないかぐらいだと思います。でも大株、子株2株共にまだ花芽が確認出来ませんので、今年はこの中株だけかもしれません。

今日も日照はあまりなく帝玉はまったく開花しませんでした。桜の開花も今年は遅れるようです。

今日のこよみ
日の出    05:51
日の入    18:14
月の出    05:20
月の入    17:16
正午月齢   28.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

2度目の脱皮が始まった実生白花黄紫勲

5日ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の2014年夏実生苗です。右の写真は3月21日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調実生白花黄紫勲 脱皮順調実生白花黄紫勲 

5日前の右の写真に比べて見えている新芽の面積がだいぶ増えてきました。また新芽が見えていない苗も1苗となりましたので、たいへん順調な脱皮状況で安心出来ます。!

脱皮順調実生白花黄紫勲 2度目の脱皮か?実生白花黄紫勲

こちらは2016年春実生苗です。こちらも5日前より脱皮が進んでいますし、少し大きくなって来ました。そんななか右の写真の苗が2度目の脱皮を始めました。この苗は昨年の11月22日の記事で脱皮がほぼ終わったと書いている苗です。前回の脱皮終了からおよそ4ヶ月以上経っているので、2重脱皮とは言いません。2度目の脱皮と言った方が正しいと思います。何故か年に2度脱皮する苗が時々いるようですが、原因は分かりません。ですがそういう苗は生長が早いものが多いようです。この昨年の実生苗全てがこの苗ぐらい大きくなってくれていると楽なのですが、なかなかそうは上手くいってくれないようです。

今日はずっと曇っていて日照はありませんでした。気温も上がらず肌寒かったです。今日は朝からLANケーブルを他の部屋に引いたりするため、工事とLANケーブルを作っていました。

今日のこよみ
日の出    05:53
日の入    18:13
月の出    04:42
月の入    16:12
正午月齢   27.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

今日の帝玉

3月19日から開花が始まった、我が家のプレイオスピロス属 帝玉(ていぎょく Pleiospilos nelii)くん達ですが、なかなか開花してくれません。画像はクリックすると大きくなります。

今日の帝玉

今日も気象庁発表では午前中3.9時間、午後3.8時間と程々に日照はあったのですが、帝玉くん達は写真の様に花弁の先端すら開かずじっとしたままでした。帝玉は1度開花した苗などは初めて開花する苗より、多少陽射しが弱くても開花しやすいのですがねぇ?!今日ぐらいあれば先日開花した苗は開花してもおかしくは無いのですが、不思議です。まあこういうことがあるので、普通のサラリーマンの方ではなかなか開花を見るのは難しいかもしれません。ましてや1輪の花の開花回数がどれくらいあるか知ることは大変難しいでしょう!このブログでは何度も書いていますが、1輪の開花回数は小さな苗で5回ぐらいで、大きな苗で7~10回ぐらいです。ただし結実すると早く閉花してしまうので、開花回数は減ります。また開花は朝から夕方まで天気が良くてある程度気温が高くないと開きません。ですから曇りの日が続くと開花初日から閉花まで1ヶ月ほどになる場合もあります。花芽の数は5cmぐらいの株だと1、2輪、7、8cmクラスになると2、3輪、それ以上だと4~7輪です。ただし1株で6輪、7輪は滅多にあることではありませんが、5輪は時々あります。

いつもは花芽の着いているトレーを集めておいているのですが、今日は現在ベランダで管理している帝玉をすべて集めてみました。これら以外に一階軒下で管理押しているのや、植え替えで抜いている苗が約200本、それと2016年の実生苗がいます。

乾燥注意報が出ていてかなり用土が乾きやすくなっているようで、今日も朝からずっと水やりしていました。

今日のこよみ
日の出    05:54
日の入    18:13
月の出    04:02
月の入    15:09
正午月齢   26.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
フリーエリア