FC2ブログ

紫李夫人の採種

1週間ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の紫李夫人(ムラサキリフジン Lithops salicola "Bacchus")達です。画像はクリックすると大きくなります。

採種時の紫李夫人 採種した紫李夫人

どの株も採種どきですが、やはり一番気になるのは紫李夫人ですので、まず始めに紫李夫人から採種しました。それに他に苗より鞘が株から離しやすかったので、簡単にハサミで切り離せました。

採種した紫李夫人の鞘 紫李夫人の種

採種した鞘は左の写真のようにけっこうぺったんこでした。ですからちょっと種の数が少ないかもと思いましたが、水に浮かべて5分もするとかなりの数の種がこぼれ出て来ました。2鞘でざっと300粒ぐらいはありそうです。でも完璧に交配が出来ていればこれの倍ぐらいにはなりますので、少ない方だと思います。それと白花黄紫勲や日輪玉に比べると種子の大きさは小さいので、播種もけっこうめんどくさそうです!種子はこのあと中性洗剤で洗い十分乾燥させます。ただし直ぐに無く場合は、乾燥させずそのまま蒔きます。これまでの経験からして乾燥させない方が発芽が早くなります。

一応私の実生方法を書いておきます!
種子は必ず中性洗剤で洗い、十分にすすぎ乾燥させます。今回のように取り蒔きする場合は乾燥させずにそのまま蒔きます。
丁寧に揃えて種を蒔くときなどは、精密ピンセットで種をつまみ、置く場所のやや上でスポイトで水を垂らして種を落としています。
洗浄後や乾燥後は、とにかく手で種子を絶対触らないことが重要です!また蒔いた後ポットを覗く時などはマスクをするなどした方がいいと思います。
ポットは8cm角ポットがメインです。新品でも中性洗剤で洗い乾燥させたものを使用しています。ただし消毒等は行っていません。
播種床ですが、下から2/3の土はサボテン、多肉などの培養土で腐蝕質などもかなりはいっています。
その上にバーミキュライト微粒(1~3mm)を10~15mmいれます。
そこにハイポネックス微粉(粉末肥料)をすき込みます。
表土にはパーライト微粉もしくは鹿沼土微粒(1~2mm)を2mmていど敷いています。適当に蒔く時は表土は敷かず、バーミキュライトのままです。微粒は台所用のざるで篩って選別しています。赤玉はカビが発生し易い用土ですので、表土には使用しません。
水は酸性水です。酸性水は水道水2Lにお酢2ccを加えたもので、我が家の水道水の場合Ph5.5ぐらいになります。
ケースにポットを入れ、やはり酸性水で腰水にしています。4隅にスリットがあるのでスリットの高さまで水を入れています。水が直ぐに傷まない様にやや大粒のゼオライトを入れています。蓋をしない場合(帝玉など)は蚊対策で銅線を入れています。
腰水は1週間に1、2回交換しています。ケースはアオコなども付いたりしますので、使用する前にやはり中性洗剤でしっかり洗い良く乾燥させます。使用する少し前にアルコール除菌スプレーを散布しています。
発芽後種皮が生長点当たり付いていたときなどはなるべく早く取り除く様にしています。取るときは水道水で湿らせた綿棒で苗を押さえ、精密ピンセットで取り除いています。
薬剤散布は一切行っていません。表土に赤玉を使用しない、また種子を洗剤でしっかり洗う、種子を絶対に手で触らなければ、まずカビは発生しません。また万が一発生しても消毒用エタノールで十分だと思います。

今日は朝から雨が降ったり止んだりの天気で日照はゼロでした。午後からは雷も鳴り響きけっこう荒れた天気でした。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:12
月の出    17:05
月の入    03:05
正午月齢   11.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽生長シャビアナと大型巻絹の仔吹き方

およそ1年ぶりの登場、エケベリア属 シャビアナ親株です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽生長シャビアナ

いつの間にか花芽が上がって来ていました!あまり上手く育てられず、いつまでたってもあまり変わり映えのしない株なので、久しぶりの登場になりました。でも2本の花軸も真っ直ぐに立ち上がり、今月いっぱいで30cm近くになると思います。そして7月の中頃から開花し、11月頃まで開花を続けると思います。まあ次は開花が始まったら登場してもらいましょう!

仔吹き生長大型巻絹 仔吹き生長大型巻絹

こちらはセンペルビブム属 大型巻絹(Sempervivum arachnoideum 'Cuebenese')です。前回ランナーが出て来たと書きましたが、ランナーと言うより、普通の仔吹きでした。名札はアラクノイデウムの園芸種となっていますが、この感じからするとテクトラム系なんかとの交配種かもしれませんねぇ?!だから大型化していたり、日焼けし易かったりするのかもしれません?!でもこのままだと親株の形は崩れるし、仔吹きの近くの下葉は傷みやすいので、早めに仔吹きは外した方がいいかもしれませんねぇ?!

今日はお昼過ぎに少し雨が降りましたが、ほぼ曇りでした。日照は全く無くサボテンの花はどれも開花しませんでした。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:12
月の出    16:01
月の入    02:29
正午月齢   10.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

海王丸開花!リトープス親株の植え替え

久しぶりの登場、ギムノカリキウム属 海王丸(カイオウマル Gymnocalycium denudatum)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花した海王丸

ややぴんくがかった花色の海王丸は4日頃から開花しましたが、この株は今日が今年最初の開花です!花色は真っ白に近いもので、花弁がやや短くボリュームある姿が結構立派に見えます!この株は前の株ほどダニ被害は酷くないですが、それでもかなりの面積にダニ被害の跡が残っています。左に少し見切れていますが、もう1株の2輪目が開花していましたので、このあとこの花の花粉で交配しておきました。さて種は出来てくれるでしょうか?!

抜いたダブネリー、日輪玉、白花黄紫勲

こちらはリトープスの親株を抜いた所です。12頭立てのダブネリー、分頭した日輪玉が2株、分頭した白花黄紫勲親株1株です。どれ久しぶりの植え替えです。白花黄紫勲は我が家に来て7年半ほどになりますが、株は小さくても根はかなり太くなっているのが分かります。分頭苗は旧皮を取る必要はありませんが、12頭立ては3年分ぐらいの旧皮が残っていて、ダニの温床になりやすいので、時間をかけて丁寧に取り除くことにしました。他は明日にでも植え付ける予定です。

今日は久しぶりに真夏日になりました。門柱の上の鉢などは朝水やりしたのに夕方にはカラカラになっていました。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:12
月の出    14:57
月の入    01:55
正午月齢   09.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽膨らむ士童と回復してきた銀冠玉

16日ぶりの登場、フライレア属 士童 (シドウ Frailea castanea ssp.castanea)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ士童

前回花芽が上がって来たことをお伝えしましたが、はっきりと花芽と分かるぐらいまで膨らんできました。花芽の色的には茶色なので、開花せず閉花で結実しそうです。とにかくこれ以上ダニ被害が出ないよう、薬剤散布はかかせません。

だいぶ回復した銀冠玉など

こちらは久しぶりの登場、ロホホラ属 銀冠玉(ぎんかんぎょく Lophophora jourdaniana)です。左上の丸いポットの苗は烏羽玉で、烏羽玉は何故かダニ被害が出ません。ダニ被害の出やすい銀冠玉ですが、なんとか回復してきて右下の苗以外は上からはダニ被害の跡がほとんど見えなくなるまでになってきました。今は2週間置きにテルスター、ダニ太郎、ベニカXのいずれかを散布していますが、ちょっと油断するとダニが来ますので、要注意です。

今日は朝から良く晴れて十分に日照がありました。風もあったので用土は結構乾いたようです。ホオズキの花が毎日咲いていますが、1つも実ができていないのが、残念です!満月の種を蒔きました!!

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:11
月の出    13:52
月の入    01:22
正午月齢   08.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア