調子の悪そうな李夫人を抜いてみた!

およそ2ヶ月半ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の李夫人(リフジン Lithops salicola C320)です。画像はクリックすると大きくなります。

李夫人 抜いた李夫人

右側の苗が柔らかくなったままふっくらしないので、抜きました。根が完全に木質化しているかと思っていましたが、そうでもありませんでした。では何故柔らかくなっているかと考えてみると、何のことはない、脱皮が始まろうとしていただけのようです。右の苗は購入時から徒長していました。株元を触ってみると、下半分ぐらいは非常に張りがあり、内部に新芽が出来ているのがわかりました。つまり我が家の強光線下で管理したため新芽はかなり締まった丈の小さなものになっているようです。ですから上半分の体液が移動しはじめて、柔らかくなってきているようです。左の苗は脱皮終了してもそれほど丈が短くはならないので、このまま植えても良さそうですが、右の苗はこのまま植え込むと新芽がかなり深い位置に出て来そうなので、上半分位を表土から出して植え付けた方が良さそうです。

実生白花黄紫勲 抜いた李夫人と白花黄紫勲

こちらは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の実生苗です。4号ポットは場所を取るので、先に植え替えることにしました。抜いた右の写真を見れば一目瞭然ですが、根の張りも良かったですし、丈が短く非常に締まった株になっていました。頂面の模様、窓の面積、色合い、花色すべて親株そっくりになっていますので、C036Aのコールナンバーを付けても全く問題無い株になりました!植え付けたら名札にはコールナンバーを付けて管理します!

今日は朝から曇りで夕方から雨が降り始めました。花芽がかなり膨らんできている帝玉達の古葉がまたかなり柔らかくなってきていたので、朝から水やりしました。

今日のこよみ
日の出    06:32
日の入    17:49
月の出    12:43
月の入    02:08
正午月齢   09.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た実生錦丸

2013年9月実生の錦丸(にしきまる Mammillaria spinosissima)ですが、花芽が上がって来ました。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た実生錦丸

昨年は初めて花芽が上がって来たせいか、3月23日に花芽が確認出来ました。ですから開花も4月の22日頃から始まったのですが、今年は昨年より1ヶ月近く早く花芽が上がって来ました。しかもこの株はもう2周ぐらい出ていますので、だいぶ前から上がって来ていたようです。他の株はまだ先端が僅かに見えた位でですので、もう少し時間がかかりそうです。

花芽が上がって来た満月

こちらは満月(まんげつ Mammillaria candida var estanzuelensis)です。13日に花芽が確認出来ましたが、この10日間で全周に花芽が確認出来るようになりました。満月は棘の間から花芽の先端が覗き始めると数日で開花しますので、天候次第ですが今月末か来月初め頃には開花してくれると思います。

錦丸、満月の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。陽射しが弱かったり、日照時間が短いと徒長します。向日性もあるので縦に伸び出したら冬場は週に2回程度は鉢回しをしたほうが良いでしょう。もし後ろに壁がある場合は白に塗っておくと鉢回しの回数を減らせます。まだまだ寒さが厳しいので水やりは控えめにしますが、花芽が上がって来ていますので月に1、2回の軽めの水やりで過ごさせています。

今日は残っていた紅帝玉系の植え込みをしました。また2015年夏実生の帝玉を1トレー抜きました。1ポット4~6本植えですので、50本以上ありました。まだ1トレーありますので、明日も抜く予定です。そろそろ実生のリトープスの植え替え時期ですので、時間があればリトープスも抜く予定です。

今日のこよみ
日の出    06:33
日の入    17:48
月の出    11:50
月の入    01:04
正午月齢   08.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽が出てきた金鈴!

およそ1ヶ月ぶりの登場、アルギロデルマ属 赤花金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii cv.)達です!画像はクリックすると大きくなります。

新芽が出てきた金鈴! 新芽が出てきた金鈴!

新芽が出てきた金鈴! 新芽が出てきた金鈴!

前回実割れした事をお伝えしました。ですから新芽の出は少し遅くなるかなと思っていたのですが、結構早く新芽が上がって来ました。上段の左の苗が最も実割れが酷いのですが、新芽は結構大きくなっていました。右の小さな苗は黄花のノーマル種ですが、この子の新芽もかなり大きくなっています。下段の2株は結実で見にくいですが、結実を少しずらせば新芽が確認出来ましたので4株全てで新芽が確認出来安心しました。我が家に以前からいた苗はどちらも花芽も上がって来ませんでしたし、新芽も今のところ確認できていません。黄花も3頭になったし、赤花も3本あるので、抜いて3本ずつまとめて植えようかと思っています。結実した3本の鞘もけっこう湿気がなくなってきているので、来月中には採種出来そうです!

今日も良く晴れて気温も上がりました。ベランダで水やりしていると汗ばむほどでした。実生のリトープスもそろそろ植え替えです。

今日のこよみ
日の出    06:34
日の入    17:47
月の出    11:03
月の入    --:--
正午月齢   07.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

脱皮中のリトープス

およそ1週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮が始まった摩利玉 脱皮が始まった摩利玉

左の写真の上2つの苗はずいぶん前から脱皮が始まった事をお伝えしていましたが、下の2つも脱皮が始まりました。右の写真は下の右の苗ですが合着部が開いて新芽がはっきり見えています。

脱皮が始まった摩利玉 脱皮順調グローエンドライエンシス

左の写真は下の左の苗ですが、こちらも幼い顔ながら合着部が少し開いて新芽が見えています。上の苗とは脱皮1回分ぐらいの差のある苗のようです。これで摩利玉は4株とも脱皮が始まりましたので、もう安心です。右の写真は、10日ぶりの登場、曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスです 。前回よりだいぶ脱皮が進み新芽もよく見えています。脱皮を早く終了させるには新芽を大きくさせることですが、それには新芽に光を当ててやることが大変重要です。今の時期は太陽高度が低いので低く植え付けていると鉢の縁の陰になったりしますので、そういうときは鉢を傾けるなどして光を当てる工夫が必要です。私はいつも書いていますが、頂面が横から見て鉢の縁から出るように植え付けていますので、低い太陽高度でもしっかりと新芽に光が当たります。

今日は予報より日照時間もあり、気温も上がりましたので、昨日植え付けた帝玉に水やりしました。また帝玉成株も古葉が結構柔らかくなっていたので、たっぷり水やりしました。

今日のこよみ
日の出    06:36
日の入    17:46
月の出    10:22
月の入    24:00
正午月齢   06.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア