やっと花芽が上がって来た多彩玉

およそ3ヶ月ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

やっと花芽が上がって来た多彩玉

前回の記事で花芽の予兆と書いていましたが、これほど時間がかかるとは思ってもみませんでした。昨年に比べ1ヶ月半は遅れている状況です。このままでは開花は早くて5月中旬ごろになりますので、たぶん開花せず花芽がそのまま沈んで行くパターンになりそうです。花芽の数が少なくなるとか分かりますが、花芽の上がりこんなに遅くなるのは分かりません。この冬の日照不足はしかたありませんが、ここまで遅くなる要因とも思えません。活を入れる意味で植え替えた方が良いかもしれませんねぇ?!

今日は風が強く、気温も上がらずかなり肌寒い1日でした。帝玉もまったく開花の気配もありませんでした。

今日のこよみ
日の出    05:55
日の入    18:12
月の出    03:20
月の入    14:09
正午月齢   25.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽の予兆多彩玉!

およそ4ヶ月半ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た多彩玉 花芽が上がって来た多彩玉

左の写真の様にアレオーレの内側の綿毛が白く膨らんできました。このようになってくると後3~4週間ほどで赤い花芽の先端がこの綿毛の中からかすかに見えてくるようになります。少し離れてもはっきりと分かる様になるのは1月末から2月初旬頃と思われます。ただ右の写真を見てもらうと分かりますように、今年の結実がまだこの位置にいます。開花結実時よりは少し外側に拡がっていますが、今一です。ですから夏の間あまり生長していないことが分かります。原因は植え替えていないので、たぶん根詰まりして水の吸い上げが不十分だったのでしょう?!3月の始め頃になれば花芽も落ちないぐらい大きくなっていると思いますので、根鉢をあまり崩さず、一回り大きめの鉢に植えかえてやりましょう!!

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

今日も大変良く晴れて十分な日照時間がありました。昨日に続き帝玉の植え込みをしました。

今日のこよみ
日の出    07:01
日の入    16:49
月の出    --:--
月の入    12:04
正午月齢   21.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

多彩玉の採種

およそ12週間ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

自家受粉で結実した多彩玉 自家受粉で結実した多彩玉

前回の記事で9ヶのうち3、4ヶは結実しているようですと書いていましたが、すべて結実していました。結実は手で引っ張ると右の写真の様に底が残って外れます。種子の回りに若干粘りけが残っているようで、種子は飛び散りませんでした。

自家受粉で結実した多彩玉 自家受粉で結実した多彩玉

こちらは外した鞘です。かなり乾いているものもあるようで、半分程度は鞘を振れば種子が出て来ましたが、残りは鞘の内側に張り付いていました。右の写真は2鞘分です。鞘の大きさの違いはけっこうあって、小さなもので100ヶほど、大きなもので200ヶほど種子が入っているようです。右の写真は2鞘で355ヶほどありました。種子はこのあとゴミをピンセットなどで取り除いてから、食器用中性洗剤で綺麗に洗い、ベランダで乾燥させました。今の時期なら1日でほぼ乾きます。そして新しい乾燥剤を入れたタッパに、24時間入れてさらに乾燥させます。そして乾燥剤を替えてさらに24時間乾燥させます。そして種子を保管しているケースに入れて保管します。乾燥が不十分な種子を保管しているケースに入れてしまうと、他の種子も湿気を帯びてしまうので、必ず予備乾燥をしてから保管します。また洗浄した種子は以降絶対に手で触らないようにします。これがカビを発生させる原因の1つですから!

今日は他にも短毛丸、海王丸も採種しました。

気象庁発表でも35.8度と猛暑日となりました。明日以降1週間は最高気温が35度以上の猛暑日になっていますので、水切れ日焼けには要注意です。午前5時からプリペットを剪定しました。

今日のこよみ
日の出    05:08
日の入    18:57
月の出    06:18
月の入    19:43
正午月齢   01.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

自家受粉で結実した多彩玉

およそ3週間ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

自家受粉で結実した多彩玉

4月12日から開花が始まり、25日に10輪目までが開花しました。ただこの時既に1輪目は閉花していましたので、9輪同時開花に終わりました。そしてタイトル通り、自家受粉で結実したようです。1ヶはポロリと花がらが簡単に取れましたが、9ヶは今のところしっかりと付いているようです。ただ花が終わったばかりですので、たぶん見た感じからすると、結実しているのは3、4ヶぐらいと思われます。

多彩玉の自生地はチリ共和国の海岸線からやや内陸に入った場所で、南緯29度から33度、標高は30mぐらいから1000mを越える場所までとかなり広範囲です。緯度が低く標高も低い沿岸ではたいへん温暖で平均最高気温は15度から20度、平均最低気温は8度から15度で降水量は少なく100mmほどです。緯度が高くかつ標高の高目の所では、平均最高気温は15度から30度、平均気温最低は3度から13度と寒暖差があるようです。また降水量もやや多く300mm程です。ということで自生地の気候はずいぶん異なっているためか、品種もバラエティに富んでいるようです。肌色や棘の形状などもずいぶん差があるようです。

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

午前中はまだ雨が降るときもありましたが、午後は止み、3時過ぎからは写真のように陽射しがありました。芍薬はこの二日間の雨で花がかなり痛みましたので、明日にでも花は切る予定です。乾かすために腰水を止めていた実生白花黄紫勲にこの二日間かなり雨が入ったことが良かったのか、発芽が始まりました!4本発芽していましたが、さてこの後も続いてくれるのでしょうか?!

今日のこよみ
日の出    04:57
日の入    18:51
月の出    09:05
月の入    23:14
正午月齢   04.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

7輪目まで開花した多彩玉

4月12日から開花が始まった、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんですが、7輪目までが開花しました。画像はクリックすると大きくなります。

7輪目まで開花した多彩玉

前回の記事では、今週前半(20日あたり)ぐらいには満開になるでしょうと書いていますが、概ねそれぐらいのペースで開花しているようです。ただこの写真で見えている3ヶは問題無く開いてくれると思いますが、かなり内側に2ヶ蕾があり、陽が当たりにくくなっているので、もう少し時間がかかるかもしれませんねぇ!この写真は本日午後9時過ぎのものですが、こんな時間でも花が楽しめますし、1輪目は既に6日間開き続けているので、忙しい方にはお勧めの品種です!!
1輪目は雌蕊もだいぶ開いて来ていますので、そろそろ花粉を乗せてやれば自家受粉できそうです。

多彩玉の自生地はチリ共和国の海岸線からやや内陸に入った場所で、南緯29度から33度、標高は30mぐらいから1000mを越える場所までとかなり広範囲です。緯度が低く標高も低い沿岸ではたいへん温暖で平均最高気温は15度から20度、平均最低気温は8度から15度で降水量は少なく100mmほどです。緯度が高くかつ標高の高目の所では、平均最高気温は15度から30度、平均気温最低は3度から13度と寒暖差があるようです。また降水量もやや多く300mm程です。ということで自生地の気候はずいぶん異なっているためか、品種もバラエティに富んでいるようです。肌色や棘の形状などもずいぶん差があるようです。

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

今日はお昼前から小雨が降ったり止んだりの天気でした。気温も上がらず少し肌寒い感じがする時もありました。金鈴の脱皮が完了しました。水やり時に紅小町の鉢を見たら、こぼれ種で1ヶ発芽していて3~4mmぐらいになっていました。

今日のこよみ
日の出    05:21
日の入    18:32
月の出    15:02
月の入    03:13
正午月齢   10.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花が始まった多彩玉

およそ1ヶ月ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった多彩玉

前回花芽は17ヶまで確認出来ると書いていましたが、やはり小さめの5ヶは膨らまず12輪のみ大きく膨らみました。夕方見たら1輪目の開花が始まっていました。多彩玉の花は冬仙玉ほど長くはありませんが、天候に左右されずに10日近くは開花してくれます。しかも24時間開きっぱなし出ですので、昼間家にいないサラリーマンの方達にはたいへんお勧めの品種です!また自家受粉して結実し種子が取れますので、実生も楽しめます!残りの蕾もだいぶ膨らんできていますので、来週前半には満開になってくれると思います!

多彩玉の自生地はチリ共和国の海岸線からやや内陸に入った場所で、南緯29度から33度、標高は30mぐらいから1000mを越える場所までとかなり広範囲です。緯度が低く標高も低い沿岸ではたいへん温暖で平均最高気温は15度から20度、平均最低気温は8度から15度で降水量は少なく100mmほどです。緯度が高くかつ標高の高目の所では、平均最高気温は15度から30度、平均気温最低は3度から13度と寒暖差があるようです。また降水量もやや多く300mm程です。ということで自生地の気候はずいぶん異なっているためか、品種もバラエティに富んでいるようです。肌色や棘の形状などもずいぶん差があるようです。

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

今朝は冷え込みベランダの最低気温は2.0度でしたので少し驚きました。午前中は良く晴れていましたが、午後からは雲が多めの時間が多かったですので、帝玉も今一全開にはならないのが多かったかな!実生百日紅に新芽が出てきました。2年前に播種したムスカリが発芽しました!

今日のこよみ
日の出    05:29
日の入    18:27
月の出    09:25
月の入    23:39
正午月齢   04.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

17輪の花芽が上がって来た多彩玉

およそ3週間ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

17輪の花芽が上がって来た多彩玉

前回花芽は10輪目まで確認出来ると書いていますが、今日見たら17輪目まで確認出来ました。また3週間前よりもだいぶ膨らんできていますので、昨年より1週間から10日程早い状況です。ただ明日以降気温がまた冬に逆戻りの予報となっていますので、これまでのハイペースではいかないかもしれませんねぇ!多彩玉は2年植え替えていないので、花が終わったら植え替える予定です。昨年自家受粉で種が150粒ほど採れましたので、そろそろ蒔いてみようかなと思います。

多彩玉の自生地はチリ共和国の海岸線からやや内陸に入った場所で、南緯29度から33度、標高は30mぐらいから1000mを越える場所までとかなり広範囲です。緯度が低く標高も低い沿岸ではたいへん温暖で平均最高気温は15度から20度、平均最低気温は8度から15度で降水量は少なく100mmほどです。緯度が高くかつ標高の高目の所では、平均最高気温は15度から30度、平均気温最低は3度から13度と寒暖差があるようです。また降水量もやや多く300mm程です。ということで自生地の気候はずいぶん異なっているためか、品種もバラエティに富んでいるようです。肌色や棘の形状などもずいぶん差があるようです。

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

今日は雲が厚くお昼前後に少し晴れ間がありましたが、ほとんど日照はありませんでした。帝玉くん達は先端が少し開いたのがいくつかありましたが、開花はしませんした。内裏玉が3株開花しました。士童4株、シュリンズキアーナ5株、小獅子丸5株を抜きました。先日植え変えた実生白花黄紫勲ですが、脱皮がほぼ完了しました。植え替え時はまだ合着部が少し開きかけたものもだいぶありましたが、水やりすることで古葉の体液濃度が下がり、一気に新芽に体液が流れ込んだようで、2日で古葉が完全に干からびました。この事からも脱皮時の長期の断水は古葉の体液濃度が上がりすぎてかえって脱皮を遅らすと考えられます!

今日のこよみ
日の出    06:17
日の入    17:59
月の出    05:31
月の入    17:05
正午月齢   28.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽膨らむ多彩玉

およそ6ヶ月半ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ多彩玉

花芽は1ヶ月前に確認出来ていましたが、あまりにも分かり難いのでサムネイルでも分かるぐらいになるまで待っていました。と言うことで本日の登場となりました!現在10ヶ確認出来ます。昨年は20輪開花しましたが、今年はやや花数は少なくなりそうです。たぶん昨年花数が多すぎたことと、1ヶ結実したことが効いているのだと思います。花芽の膨らみ具合は昨年同時期とほぼ同じですので、天気次第ですが3月末から4月初め頃から開花が始まるでしょう?!

多彩玉の管理、育て方ですが耐寒性も耐暑性も高いので一年中直射光下に置き長い日照時間を与えます。棘が密生し自ら遮光していますので、遮光率が高かったり、日照時間が短いと直ぐに縦に伸びていく傾向がありますので要注意です。カリ肥料や鉄分が不足すると冬場チョコレート色っぽくなったりする場合がありますので、夏場しっかりと肥料を与える事も重要です!

昨晩からの雨は75mmを越えたようです。雨は明け方には上がりお昼前からは陽射しがありました。午後からは風も大変強く、気象庁発表では最高気温が21度を超えたようです。湿度も高くたいへん蒸し暑かったです。気温が上がったせいかやっと海王丸の1本が発芽しました。ラウシーは全く変化無しです。

今日のこよみ
日の出    06:45
日の入    17:38
月の出    10:23
月の入    23:55
正午月齢   05.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

群生冬仙玉と寒波に備えて!

およそ11ヶ月ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属)の群生冬仙玉です。画像はクリックすると大きくなります。

群生冬仙玉

この株は2012年8月に胴切りした株元側です。5ヶが群生しているので、たっぷり水やりしても、単独で栽培しているのとは異なり水は1/5程度しかいきません。ですからかなり締まった株になっていて肌があまり見えないほど棘も密生しているのでかっこ良くなってきています。5ヶの仔吹きも昨シーズンよりだいぶだいぶ大きくなりましたので、昨年末から花芽が出てないかチェックしているのですが、まだ花芽は確認出来ません。まあ多彩玉は花芽が確認出来ましたが、いつもよりかなり遅れているので、冬仙玉ももう少し待ってみようと思います。後ろに見えているのは先日雪に埋もれていた地植えの帝玉です。雪解け後の翌日はマイナス2.4度まで下がりましたが、まったく問題無いようです!

エアキャップで防寒対策 エアキャップで防寒対策

今晩以降数十年に一度の猛烈な寒波が来るとのことですが、そのわりにはマイナス2、3度の予報ですので、今のところあまり心配はしていません。京都の過去の最低気温の一番はマイナス8.1度だそうです。そして1ヶ月の最低気温が低かったのは1963年1月で平均最低気温はマイナス3.1度で28日間がマイナスだったようです。ですが1995年以降は1ヶ月の平均最低気温がマイナスになる事はほとんどありません。それだけ温暖化が進んだり、都市化が進んだと言うことでしょう。気象庁発表と自宅の実測ではかなり数値が異なりますが、それでも例年我が家でもマイナス5、6度まで下がる日があります。ですがやや弱い品種などでもエアキャップ乗っけるだけでほとんど問題も出ていませんので、今回も今まで通りのエアキャップを乗っけるだけにしました。

今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    16:40
月の入    05:54
正午月齢   13.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

弾けた多彩玉の結実

およそ1ヶ月半ぶりの登場、エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 多彩玉(Eriosyce senilis)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

弾けた多彩玉の結実!

と言っても株では無く、弾けた結実です!そろそろ収穫出来そうかなと確認したら側面に亀裂が入って既に弾けていました。種を散乱させない様に結実の根本を細いカッターで切り外しました。もう少し確認するのが遅れていたらまたそこら中に種が散乱しているところでした。この後残りの種も取り出してざっと数えましたが、150ヶ以上はありそうです。冬仙玉は胴切りして仔吹きも5ヶ出来ていますが、多彩玉はまだ1株だけですし、大変育て易い品種ですので、もう少しあってもいいかと思っていますので、蒔いてみようと思います。

今日も気温も湿度も高くちょっと動いただけで汗が凄いです。明日以降はさらに気温が上がるようで、36度以上の予想が一週間続いています。また明日は雲の出方にもよるそうですが、もしかしたら38度以上になるかもしれないとのことでした。熱中症には本当に気を付けないといけませんねぇ!

今日のこよみ
日の出    05:04
日の入    19:02
月の出    17:50
月の入    03:32
正午月齢   14.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア