発芽順調内裏玉と帝玉

6月15日に播種し6月21日から発芽が始まった、マミラリア属 内裏玉(だいりぎょく Mammillaria haageana)ですが、その後も順調のようで2ポットとも40本前後の発芽数となりました!画像はクリックすると大きくなります。

発芽数が増えてきた内裏玉 発芽数が増えてきた内裏玉

ただ湿度が足らないのか、光が強すぎたのかは分かりませんが、赤くなったのがけっこういます。中には全斑のものもいるのかもしれませんが、室内窓際ですが、少し遮光しようかと思います。ただしばらくは日照もほとんど無いようですので、このままでもいいかもしれません。今回は表土にハイポネックス微粉をすき込んでいないので、そろそろ400倍程度のペンタガーデンをスポイトで与えても良さそうです。内裏玉は性質も強健ですし、見た目もたいへん良いので上手く育てたいものです!!

本葉が出て来た実生帝玉

こちらは6月5日に播種したプレイオスピロス属 帝玉(ていぎょく Pleiospilos nelii)ですが、発芽数もだいぶ増え、そして大きいものには本葉が出始めました。密生させると余り双葉が大きくならないで本葉が出始めます。するとその後も生育もあまり良くは無いので、間引けば良かったですねぇ?!斑入りの2株ですが、日照不足もあるのか少し斑が無くなってきたみたいです。元々赤い斑とかでは無く葉緑素がやや少ないぐらいの色ですので、斑が無くなる可能性も高いですので、しばらくは要観察です!

今日は午前中は小雨が降ったり止んだりの天気でした。気温も上がらなかったので、湿度高くてもそれほど蒸し暑くはなりませんでした。

今日のこよみ
日の出    04:44
日の入    19:15
月の出    05:50
月の入    20:13
正午月齢   01.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

発芽が始まった内裏玉、玉翁、白花黄紫勲

6月15日に播種した、マミラリア属 内裏玉(だいりぎょく Mammillaria haageana)ですが、発芽が始まりました。画像はクリックすると大きくなります。

発芽が始まった内裏玉 発芽が始まった内裏玉

2ポットに蒔いていますが、どちらのポットも発芽していました。種子は昨年採種した自家産ですが、まあ良いようです。あとは何本発芽してくれるかです。どちらのポットも100本ほどは蒔いていますので、できれば50本以上は発芽して欲しいですねぇ!!内裏玉は余り大きくなりませんし、花が無くてもその姿は良いです。しかも耐寒性耐暑性抜群ですので、できれば群生株を作りたいのです。今は親株が3株しかないので、実生苗で10本ぐらいが見通しが付くくらいまで生長させたいですからねぇ!

発芽が始まった玉翁

こちらは13日に播種した玉翁(たまおきな Mammillaria hahniana ssp.hahniana)です。15日分はまだ発芽していませんが、先に蒔いた方は発芽が始まりました。と言ってもまだ1本だけです。でも内裏玉よりは発芽直後の大きさが大きいので、期待したいです!

発芽が始まった白花黄紫勲

こちらは5月21日に播種した、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。昨日同じ日に蒔いた日輪玉が発芽した記事を書きましたが、白花黄紫勲も発芽していたようです。こちらは緑色ですので分かりやすいです!昨年取り蒔きした時も丁度1ヶ月後から発芽が始まりましたので、まったく同じです。昨日も書いていますが、今年採種した種子も昨年のもまだかなりありますので、色々播種実験して見るつもりです。

昨晩からけっこう降りました。明け方頃はかなり強く降り、音で目が覚めました。午後3時頃には雨が止みましたが、日照はありませんでした。

今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:14
月の出    02:16
月の入    15:49
正午月齢   26.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花が始まった新天地と花芽が上がって来た士童

久しぶりの登場、ギムノカリキウム属 新天地(シンテンチ Gymocalycium saglione.)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった新天地

本日より開花が始まりました。もう1つの花芽もかなり膨らんできているので、ギリギリ2輪同時開花出来るかもしれません。新天地の花は全開でももう少し開くぐらいで、大して見栄えがある花ではありません。ですので花を楽しむより、棘を愛でるサボテンと言えます!新天地錦の方は今年はまだ花芽が確認出来ていませんので、交配は無理でしょう?!棘もだいぶ立派になってきて鉢から飛び出してきているので、花が終わったら植え替えることにします。

新天地の管理、育て方ですが、これまでどおり直射光下に置き、長い日照時間を与えます。水が切れると少し艶消し肌になり軽い日焼けのような症状が出やすいので、気温が連日30度を超えるような場合は30%程度の遮光をした方が良いでしょう!水は好む方なので夏は上から半分ぐらい乾いたら水やりしています。また肥料も好むほうで、2回に1回は薄目の液肥を与えています。小さな株でも晩秋まで十分健康的に育てると耐寒性も高く、マイナス5度程度はへっちゃらです。また冬場の2ヶ月程度断水しても変色も縮みなどもありませんので、大変育てやすい品種です!ただ生長は早いので栽培スペースがある人向きかも!!

花芽が上がって来た士童

およそ9ヶ月ぶりの登場、フライレア属 士童 (シドウ Frailea castanea ssp.castanea)です。7本あった成株の内唯一生き残った苗です。ただこの株もダニ被害に遭い、かなりダメージがありましたが、頑張って花芽を上げて来ました。子供がだいぶ育っているので、種は煎りません。ですから今年は結実しなくて良いので、開花して欲しいですねぇ!

今日も朝から良く晴れて気温が上がり真夏日となりました。湿度も低くずっと乾燥注意報が出ています。鉢は本当に早く乾くので、植え替えたばかりの鉢などは要注意です!枇杷がいつの間にか鳥にかなり食われていましたので、被害に遭っていないのを収穫しました。割と甘かったです!!内裏玉、玉翁、黄雪晃を播種しました。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:13
月の出    23:12
月の入    09:32
正午月齢   20.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

プランターの実生サボテンその後と精巧殿播種

昨年(2016年)8月の中頃に70cm40Lのプランターに余った種子を適当にばらまいて置いたところ、2週間から1ヶ月ほどでポツポツと発芽してきました、と書いていますがその後もあまり消滅すること無く生長していたようです。画像はクリックすると大きくなります。

プランターの実生サボテン プランターの実生サボテン

種子は小獅子丸、慶雲丸、小町、銀小町のようですが、さすがに今のところ区別はほとんど出来ません。でもマイナス4、5度にまで下がり、雪も結構積もりましたし、雨ざらしに直射日光に晒されていますが、けっこう育つようです。

プランターの実生サボテン

こちらは苗が密集しているところから少し離れた場所ですが、こんな所にも発芽して生長している苗がいました。雨ざらしなので、種が流されたりしているようです。また大きな株の日陰の場所で発芽した苗は、生長も良くかなり大きくなっているようです。自生地でも生き残る株は、流されたどり着いた場所などに左右されるのでしょう!

精巧殿播種

こちらは昨日採種した精巧殿です。本日朝一で播種しました。培養土はもう20年以上前になりますが、観葉植物の播種、挿し木に使っていた培養土に近いものにしました。今回は燻炭1:ピートモス1:バーミキュライト2です。燻炭がPh10近いのアルカリ性(灰がかなり多いので)なので、ピートモスはPh4のものを使用しています。種子は全部で7粒で、4粒がやや大きく3粒がやや小さめです。さてうまく発芽してくれるでしょうか?!

慶雲丸が2~5輪目までを開花させていました。枇杷の実が鳥に突かれ痛んでいるのは2ヶ見つかりました、実に袋を被せないといけないようです。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:11
月の出    20:26
月の入    06:00
正午月齢   16.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

鞘が弾けた精巧殿と8輪同時開花の緋繍玉

昨日紹介した、ツルビニカルプス属 精巧殿(せいこうでん turbinicarpus pseudopectinatus)ですが、今朝見たら鞘が弾けて落ちていました。画像はクリックすると大きくなります。

鞘が弾けて落ちていた精巧殿 採れた精巧殿の種子

しかも割れ目から種子がはっきり見えましたので、採種しました。種子は右の写真の通り7粒だけでしたが、しっかりとした種子でしたので、大丈夫のような気がします!種子の形状はフライレアの種子とよく似たもので、早く種が出来るタイプは形も似ているのかもしれませんねぇ?!フライレアと同じ様な形状なのでこの精巧殿の種子も直ぐに蒔いた方がいいのかもしれませんねぇ?!と言うことで明日にでも蒔くことにします!!

8輪同時開花の緋繍玉

こちらは3日前に紹介した、本家パロディア属の 緋繍玉(ひしゅうぎょく Parodia sanguiniflora)ですが、本日から開花が始まりました。中央部の隙間にはまだ小さい第2弾の花芽が4、5ヶあります。ただ今までは第1弾が終わる頃ぐらいから花芽が上がって来ていましたが、今回は早めなのでもしかしたら12、13輪の同時開花もあるかもしれません。単独で開花すればこの倍ぐらいの大きさで開花出来るのですが、ここ3年ほどは8、9輪ほどの同時開花ばかりですので、ちょっと残念です。

今日も朝から良く晴れて気温も上がり、真夏日となりました。花の終わった生け垣のプリペットを剪定しました。今回は大きく切り戻しました。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:11
月の出    19:37
月の入    05:15
正午月齢   15.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

実生地久丸と鞘が膨らんできた精巧殿など

およそ3ヶ月半ぶりの登場、パロディア属(旧ウイギンシア属)地久丸(ちきゅうまる Parodia erinacea)の2014年8月22日実生苗です。画像はクリックすると大きくなります。

姿が変わってきた実生地久丸

前回登場の時は、青王丸や小町系の実生苗と区別が付かない姿でしたが、新棘が密生してきてだいぶ様相が変わってきました。ただ今の姿は慶雲丸にかなり近く、地久丸の親株とは似ていません。まあもう少し径が出て稜がはっきりしてくればかなり見違えるのではないかと思います。このままでは縦に伸びるだけですので、植え替えることにします。

鞘が膨らんだ精巧殿

こちらはおよそ1ヶ月ぶりの登場の、ツルビニカルプス属 精巧殿(せいこうでん turbinicarpus pseudopectinatus)です。小さい株が結実したのは想定外でしたが、結実もだいぶ熟してきたみたいで、色が変わってきたようです。花が終わってから1ヶ月ほど経ちましたので、あと1ヶ月ぐらいで収穫出来るのでしょうか?

胴切りした金鯱

先日購入したエキノカクタス属 金鯱(Echinocactus grusoni)です。根が切れてしまっていた苗を少し切り戻したら、赤い筋が入っていましたので、無い所まで15mmほど切りました。下部がかなり伸びていましたので、胴切りと言うまでは切り戻してはいませんが、発根には少し時間がかかりそうです。でも気がつかずに植え込んでいたら、あとで大変な事になっていたかもしれませんので、良かったです!本日気温が上がって少し酸化してオレンジ色の所が見えますが腐れではありません。

今日は真夏日になりました。湿度は低かったですが陽射しが強くほっぺたがヒリヒリしています。

今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:10
月の出    18:46
月の入    04:33
正午月齢   14.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た緋繍玉と地久丸、翠晃冠、養老など

左の写真はおよそ1年ぶりの登場、本家パロディア属の 緋繍玉(ひしゅうぎょく Parodia sanguiniflora)です。写真はすべて昨日6月6日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た緋繍玉 花芽が上がって来た地久丸

花芽が上がって来ていました。例年ならもう開花していてもおかしくないのですが、今年は1週間程度は遅れているようです。でも花芽の数は多く、12輪ほど確認出来ました。全てが同時開花は難しいかもしれませんが、9輪ぐらいは同時開花してくれそうです。右の写真はおよそ9ヶ月ぶりの登場、パロディア属(旧ウイギンシア属)地久丸(ちきゅうまる Parodia erinacea)です。こちらもいつの間にか花芽が上がって来ていました。まだ何輪上がって来ているかは分かりませんが、2輪同時開花ぐらいはしてくれそうです。地久丸は2014年の実生苗が20本ほどありますが、とても生長が遅く開花株になるにはあと3、4年はかかりそうです。

花芽が上がって来た翠晃冠

こちらはおよそ3週間ぶりの登場、ギムノカリキウム属 翠晃冠(スイコウカン Gymnocalycium anisitsii)くんです。花芽もだいぶ膨らみ、今度の土日ぐらいには1輪目は開花出来そうです。この冬はかなり凹ませ、かつ変色させたので、まだ色が本来の色に戻っていませんが、なんとか頑張っているようです。

花芽が上がって来た養老

こちらはおよそ5週間ぶりの登場、エケベリア属 養老です。こちらもいつの間にか花芽が上がって来ていました。仔吹きも2ヶになり、鉢の側面にぶつかっていますので、植え替えた方が良さそうです。女雛は花芽より仔吹きに専念しているようです。

今日は朝から終日雨でした。久しぶりの雨で、庭にも十分水が入ったようです。今日は全く日照がありませんでしたが、白花月影丸や錦丸親株が開花していました。

今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:09
月の出    17:00
月の入    03:19
正午月齢   12.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花が始まった金盛丸と慶雲丸

およそ2週間ぶりの登場、エキノプシス属 金盛丸(きんせいまる Echinopsis calochlora)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった金盛丸

昨日の短毛丸の一斉開花に1日遅れて金盛丸が開花してくれました。短毛丸も1株2輪が本日開花していました。昨年は1輪だけしか開花しませんでししたが、2~4輪目も順調に膨らんできていますし、5輪目も出て来たみたいですので、今年は期待出来そうです。これまで育てて見た感じでは金盛丸は単頭であれば12cmぐらいまでしかならないみたいですし、棘が柔らかく花サボテンとしては扱いやすい品種ですので、少し増やして御近所さんにでも配ろうかなと思っています。

開花が始まった慶雲丸

およそ3週間ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属)慶雲丸です。法事から帰ったら開花していました。花芽の膨らみ具合から、青王丸が開花するかなと思っていましたが、慶雲丸のほうが早かったようです。でも初日ですので、花弁も反り返るようには開かず、花径も60%程度でした。明日も天気は良いので全開してくれるでしょう!

今日も明け方はやや冷え込み13度台でした。終日快晴で日中は湿度が低く、風も割とあったので、用土の乾きが本当に早いです。朝から法事で黒谷さんに行ってきました。

今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:07
月の出    14:15
月の入    01:42
正午月齢   09.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た海王丸と結実したラウシー

およそ9ヶ月ぶりの登場、ギムノカリキウム属 海王丸(カイオウマル Gymnocalycium denudatum)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た海王丸

例年より10日~2週間ほど遅れて花芽が上がって来ていました。サムネイルでは分かり難いですが、拡大画像では5ヶまで花芽が確認出来ました。また昨年の秋にダニにやられて花芽の周辺の肌が茶色くなってしまっています。5ヶの花芽の生長にはだいぶ差がありますので、5輪同時開花は難しいでしょう。また1輪目はだいぶ膨らんできていますので、1輪目は単独開花になると思われます。この海王丸は同花で自家受粉して結実しますので、種を採らないなら、1、2回開花させれば花は早めに摘んだ方が良いでしょう!この海王丸は村主特豪刺ですが、他の海王丸はこの冬かなり凹んでしまったものが多く、花芽を上げるまでには回復していないようです。

結実したラウシー

こちらは1週間ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。前回8輪同時開花で見事な花を見せてくれましたが、交配も上手くいったようで、結実が確認出来ました。この真上からの画像だと矢印の3ヶが結実しているようです。他の鉢にも幾つか結実が確認出来ましたので、今年はわりと上手くいったようです。ラウシーの結実は株の間ですので、あまり放置しすぎると株に押されて分からなくなってしまったり、種が潰れてしまったりするので、2、3ヶ月で採種した方が良いかもしれません。

午前中は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、午後からは止みました。ただ日照は全くありませんでした。夕方見たら2株の月影丸で1輪ずつ開花していました。

今日のこよみ
日の出    04:47
日の入    19:01
月の出    04:25
月の入    18:13
正午月齢   28.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

実生雪晃、烏羽玉、レツーサの植え替え

2014年夏実生の雪晃(せっこう Parodia haselbergii )と烏羽玉(うばたま Lophophora williamsii)、ハオルチア属 寿(ことぶき)(Haworthia retusa ハオルチア レツーサ)を植え付けました。画像はクリックすると大きくなります。

植え付けた実生雪晃と烏羽玉、レツーサ 水洗い後乾燥中の実生雪晃と烏羽玉

雪晃は苗同士がぶつかり合って徒長し始めたので、烏羽玉は水はけが急激に悪くなったので、植え替えました。3日前に抜いて根は水洗いして右の写真の様に乾燥させていました。雪晃はけっこう側面や生長点付近をダニにやられていて、無傷なのは半数にも満たない状態でした。烏羽玉もよく見ると細かなダニの被害の跡が幾つも見つかりました。今回は植え付け前にベニカファインを散布して1時間ほど乾かしてから植え込みました。用土にもオルトラン粒剤DXを多めに混ぜ込みました。しばらくは大丈夫でしょう?!

左の写真の左側の4ポットはレツーサです。7号鉢に大群生させていたのをバラして4株だけ残しました。葉っぱが2~4枚ぐらいの小さな株30株ほどは破棄、残りの20株ほどは御近所の方にもらっていただきました。まだ他にも群生鉢がありますがこちらもそろそろ植え替えた方が良さそうです。

朝から小雨が降ったり止んだりの天気で日照はまったくありませんでした。気温も上がらず25度台でした。

今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    03:41
月の入    17:02
正午月齢   27.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア