fc2ブログ

ナミアゲハの幼虫

昼過ぎに少し雨が上がったので、観葉植物を中に入れようと、裏庭に出ると、温州ミカンの鉢の回り怪しげな糞がいっぱい転がっている。すぐにアゲハの幼虫の糞だと気づき、探してみた。するとナミアゲハの最終齢の幼虫がいた。

ナミアゲハの終齢の幼虫

最近、実生のモミジアオイやワタ、キキョウ、スイートバイオレット(ニオイスミレ)やヒマラヤユキノシタなどがバッタやナメクジの被害を受けているので、そちらに目がいってしまって、温州ミカンの監視の目がおろそかになっていました。終齢にまで成長した幼虫の姿を見るのは久しぶりです。今年はアゲハの飛来が少なかったので、少し油断していたのも事実です。葉っぱの表裏すべてをチェックしたところ、この1個体だけで、1齢~4齢の個体や卵は見つかりませんでした。もうじき蛹になりそうなぐらい成長しているので、今回は見逃してやることにしました。

今日も全く日照無し、気温も26度と低く久々にエアコンが必要ありませんでした。銀小町はさすがに開花せず、でも短毛丸7株の花芽が大きくなってきました。明日か明後日には開花しそうな感じです!!



今日のこよみ(関西中部)
日の出    04:50
日の入    19:14
月の出    01:49
月の入    16:50
正午月齢    26.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ナミアゲハと月影丸

昼休みに月影丸くんの写真を撮るために鉢を庭に置きっぱなしにしていたら、なんとナミアゲハが月影丸くんの花の密を一生懸命吸っていました。

ナミアゲハと月影丸

我が家にはシジミチョウやシロチョウ(モンシロチョウ、モンキチョウなど)、タテハチョウ(ツマグロヒョウモンなど)、アゲハチョウの仲間が数多くやってきてくれます。その中でもアゲハチョウは温州ミカンの木に産卵するために今の時期以降大変多く見かけます。でもサボテンの花の蜜を吸っているアゲハを見たのは初めてでした!!
ナミアゲハは俗に言うアゲハチョウのことです。よく似ているのにキアゲハいますが、羽根の着け根部分の模様で判別することが出来ます。写真で見る限りではナミアゲハのようです。

今日は予想以上に気温が上がりました。気象庁発表の気温でも29度ほどありましたし、室温の最高は33度もありました。PCはファンが全速力で回ったりしています。シャーシ内温度はかなり改善したはずですが、さすがに室温そのものが上がってくるとけっこう厳しいです!特にリアのファンの回転数がかなり上がって来ているので、五月蠅さも少しあります!!!

今日のこよみ(関西中部)
日の出    05:02
日の入    18:46
月の出    00:35
月の入    11:25
正午月齢    21.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

カヤキリ

昨日培養土の粒度選別していたら、何やら後ろでカサカサと音がするので、探してみたら、なんとカヤキリくんを発見、冬眠から目覚めたようです。表庭のシャガの茂みで鳴いているのをよく見かけたのですが、昨年末、シャガをかなり間引いて、1/3ほどになったので、裏庭に引っ越ししたのかもしれませんねぇ!

冬眠から目覚めたカヤキリ

そして今朝同じところ探してみたら、昨日と少し離れた場所で発見!太陽で体を温めに出てきたみたいです!
でもまだ体が温まっていないせいか、こんなに近寄って撮影しても、ほとんど動きませんでした。しばらく様子を見ていたら、暖かくなって増えたユキノシタの中に入っていきました。

今日は気温は上がったものの日差しはゼロでした。本日は外での仕事だったので帰りに叔母宅によって、この間からずっと乾燥中の短毛丸と花盛丸を植え込んできました。


昨日から fc2のブログになかなか接続できません。
管理画面に入っても文字化けするし、記事の途中で接続切れてまた書き直しになったりとなんか変です。
コメントに返信書いて送信したらspam扱いになってしまったり、どうなっているのだ?
おかしい!!!!


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:08
日の入    18:04
月の出    05:28
月の入    17:35
正午月齢   29.0

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ギボウシの花がら切り

裏庭のギボウシの花が終わりましたので、昼休みに花がらを切りました。全部で103ありました。毎年100前後ですので、平年並みです。

ギボウシとハラビロカマキリ

花がらを切っていると、ハラビロカマキリのツガイが潜んでいました。写真は雄で、もう2回りほど大きい雌はカメラを取りに行っている間に逃げられてしまいました。残念!
たぶんカマキリ雄くんにとってはもっと残念!!!
花がらは切りましたが、葉は自然に枯れる晩秋までは切りません。来年たくさんの花を着けてもらうためには、枯れるまで葉を残しておく必要があるのです。以降はお礼肥を兼ねて、月2回ぐらい液肥を10月末まで与えます。液肥は窒素多めの葉肥とリン酸多めの花肥を交互に与えています。

有機肥料の水肥(液肥)の作り方
葉肥
油かす 500g
草木灰 少々
米のとぎ汁 5L

花肥
米ぬか 500g
草木灰 少々

米のとぎ汁 5L

夏場なら2週間、秋から~春で3~4週間発酵させます。
上澄みを20倍に薄めて与えます。
水でも構いませんが米のとぎ汁の方が発酵しやすいので使っています。
草木灰はカリ分を補うために入れていますが、寒肥をしっかり与えるのであれば、お礼肥では無くてもかまいません。



今日のこよみ(関西中部)
日の出    05:36
日の入    18:12
月の出    21:05
月の入    10:59
正午月齢   20.7

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ハンターの真価

ハンターの真価を目の当たりにした。それがこれだ!

クマゼミを捕獲したハラビロカマキリ

ハロビロカマキリが雌のクマゼミを一気に捕獲した!
最初は羽をかなりバタつかせていたが、5分ほどで静かになり、ハンターの食事が始まった。
夏の終わりの頃、サルスベリではたまに目にする光景だが、この時期まで生き残っているハンターならでのは凄技です!


今日のこよみ
日の出    05:21
日の入    18:39
月の出    06:02
月の入    18:55
正午月齢   00.7

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

セミの抜け殻

夏場、我が家の近郊で見られる(聞かれる)セミは、ニイニイゼイ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、クマゼミの6種類(たぶん)です。ですからこれらの中のいずれかだと思われますが、抜け殻だけで見分けるのはけっこう難しいです。そこで数年前にいろいろ調べたところ、難しいのですが、抜け殻の大きさと触角の様子で判断すればいいようです。

大きさですがニイニイゼイ、ツクツクボウシ、ヒグラシは身体が小さく抜け殻も25mm以下ぐらいのようです。アブラゼミ、ミンミンゼミは25~35mm程度で、クマゼミは35mm以上あるようです。
今回の抜け殻は32mmですのでアブラゼミかミンミンゼミのどちらかということになります。今の時期まだミンミンゼミの鳴き声は聞いていないので、ほぼアブラゼミと判断しても間違いは無いと思いますが正確に判断するには触角の形状で判断できるようなので、触覚部分をアップで撮影しました。

アブラゼミの抜け殻

まずアブラゼミは触覚や周辺に毛が多い。そして触覚の第3節が第2節より長いのがアブラゼミの特徴のようです。ミンミンゼミは第2節と第3節の長さが同じだそうです。
今回の抜け殻は写真のように第3節の長さが第2節より長く、触覚全体に毛が多く生えていることからアブラゼミと判定しました。
また写真は撮っていませんが、腹部に産卵管の突起がないことからオスと分かりました。

でも近年住宅街ではアブラゼミも少なくなってきたように思います!ただクマゼミの方がアブラゼミより鳴き声が大きいのでクマゼミばかりと感じているだけかも知れませんが、でもアブラゼミの死骸はあまり見なくなったのも事実ですからねぇ!
小さい頃はアブラゼミとニイニイゼミばかりでクマゼミを取ったりしたら威張れるほど貴重でしたが、ここ数年ははるかにクマゼミが多いように思えます。温暖化の影響でクマゼミの生息区域が北上したこともあるようですが、アブラゼミの生態にも関係しているようです。


今日のこよみ
日の出    05:06
日の入    19:00
月の出    15:44
月の入    00:28
正午月齢   10.0

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

芸術家のトラップ

今朝、松と珊瑚樹の間に光る物を発見。
よく見ると空中にCDが浮かんでいるかのようだ! まさか?

トラップ名人の芸術的作品

トラップ名人の芸術的な作品だった!!
我が家の庭はそれこそ毎日、蜘蛛くんたちが巨大なトラップを張ってくれるので、朝一番で庭を歩くときは、1mほどの棒を持って、このトラップを巻き取りながら歩かなければならない。ですからトラップは数多く見てきていますが、これほどすばらしい作品は滅多にお目にかかれないので、撮影しました。
撮影場所から見て、トラップにもっともきれいに光が当たる時間をまってパシャ!
どうでしょうか??
ただの蜘蛛の巣の写真やん、なんて言わんといてな!!

今日は朝から、ちょと遅いのですがサツキの剪定、珊瑚樹の透かし、サルスベリの枝の間引き、リュウノヒゲの剪定を行いました。
リュウノヒゲは開花中なので花は切らないように、丁寧に散髪するような感じで、大久保鋏できれいに仕上げました。
1ヶ月前に強い剪定をしたプリペットですが、かなり伸びたところが出てきたので、5~8cmほど刈り込み軽く整えました。

今日も暑いですね!
長袖の作業着着て剪定していると、倒れそうになるくらい暑いです。
水分補給をしっかりおこなって、熱中症には気をつけましょう!


今日のこよみ
日の出    04:45
日の入    19:15
月の出    09:37
月の入    22:30
正午月齢   04.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ハンター登場!

毎年6月中旬になるとハンターが登場する。カマキリくんである!
今年はプリペット、子宝草、ユウゼンギクの3ヶ所に登場した!!

ユウゼンギクとカマキリの子供

我が家で主に見ることの出来るカマキリは、ハラビロカマキリ、オオカマキリ、コカマキリの3種ですが、上の写真のこの子の種類は正確には分かりませんが、ハラビロカマキリの可能性が高い気がします。
カマキリは自分より大きな昆虫は襲いませんので、この子の食料は、アリ、アブラムシ、ショウジョウバエ、蛾などの孵ったばかりの幼虫、
テントウムシの幼虫などです。テントウムシくんは減ってもらうと困りますが、あとはせっせと減らして欲しいので、もう少しカマキリくんがやって来て欲しいなと思うことも多々あります。
でもテントウムシ、カマキリやカミキリムシなど年々減ってきている気がするな!

サルスベリにやって来たゴマダラカミキリ

減ってきた気がするなんて書いていたら、サルスベリの枝にゴマダラカミキリが止まっていました
カミキリムシはサルスベリの隣にある、サンゴジュの枝のコブがお気に入りです。そこに穴を開けて卵を産みにやって来ているのです。(9:35追記)


今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:14
月の出    01:49
月の入    16:33
正午月齢   26.6

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

キアゲハの幼虫

早朝の見回りで温州ミカンの葉にキアゲハの幼虫を見つけました。ナミアゲハ(一般にいうアゲハチョウ)の幼虫はもう少し全体に色が黒いのですが、このように茶色がかっているのは、キアゲハの幼虫と思われます。

2齢目のキアゲハの幼虫

大きさは5~6mmでおそらく2齢目の幼虫と思われます。

3齢目のキアゲハの幼虫

こちらは一回り大きく10mm以上あり、3齢目の幼虫で、鳥の糞に似た擬態をしています。このサイズになると新芽だけではなく、花の付いている昨年葉も食べるようになるので、そうすると、生理落果が増えたり、実が大きくならなかったりするので2齢目あたりで捕獲しなければなりません。(もちろん新芽も食べられると来年花が付かなくなるので困りますが)
以前にも書きましたが、温州ミカンの最大の害虫はアゲハ達です。とにかくナミアゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、ジャコウアゲハなどがやって来て卵を産み付けます。
今年は早朝、昼休み、夕方の3回見回っていますが、それでもこのように幼虫が現れます。


今日も暑いです!!
仕事部屋は既に28度を超えました。エアコン入れるかな!


今日のこよみ
日の出    04:56
日の入    18:51
月の出    21:57
月の入    06:40
正午月齢   17.0

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

寒い

最低気温が12度台に突入です。
日中も20度までしか上がらず寒かったです!!
でも朝から、裏庭のマサキ(斑入りと斑無し)の2本、しきみ、イヌツゲを剪定、午後からは表の庭のヒバ、イヌマキ、イヌツゲを剪定しました。
裏庭の木は3mほどなので1.8mの脚立で十分ですが、表のヒバ、イヌマキは4m以上あるので、3.6mの園芸用3脚を使います。
園芸用3脚は安定しているので良いのですが、はしご側は横幅がかなりあるので、樹木周辺に低木がたくさんある我が家のような庭では使いづらいです。

象牙丸ですが開花始まりました。
一気に蕾が上がってきました。でもお昼前から曇って日差しが全くなくなってしまい直ぐに閉じてしまいました。残念!

先日剪定したサルスベリの枝にハラビロカマキリがいました。

ハラビロカマキリ

夏にはこのサルスベリでよく見かけるハラビロカマキリですが、枝もないこの時期に見るのは滅多にありません。




今日のこよみ
日の出    06:00
日の入    17:26
月の出    15:48
月の入    02:54
正午月齢   12:8

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア