fc2ブログ

PC不調

メインマシンも録画用マシンと同じ症状が出てきた、困った!
もう一台ある古いマシンで書いているが遅すぎて、画像処理とか出来ない!!
この忙しい時期に 困った!!!
13:48

少し症状は違っているみたいだ。
BIOSは今のところ起動しているが、時間が経つと突然マウスとキーボードの両方が動かなくなる。
結果リセットもしくは電源オフしかなくなる。
これを4~5回繰り返すと録画用のマシンはBIOSが起動しなくなった。
なのでメインマシンも3回やっているので、早く原因を突き止めないとかなり危ないかも?
16:40追記

マウスを外して起動すると、どうも良いみたい。
でもまたマウスを着けて起動すると最初は動いているが、しばらくすると張り付いている。
別のUSB端子にマウスを接続して起動すると、大丈夫そうだ。
ただしマウスも何らかの故障があるとまたUSB端子が壊れる可能性もあるので、予備の新品のマウスに交換
しばらくはこれで様子見することに!
21:00追記

ASUSのマザーボードP5Q-EやP5Q-EMはPS/2端子が1ヶでPS/2端子のキーボードとマウスをmixして1ヶのPS/2端子に接続するようになっていましたが、これが今一上手く動作せず組み立て当初から問題がありました。しかしマウスをPS/2でキーボードをUSBで接続して動作OKとなりました。その後OSをXPから7にするとキーボードをPS/2でマウスをUSBにしても動作するようになりました。それで変換アダプターの必要の無い後の接続で接続してきたのですが、もしかしたら7でも前の接続に戻した方がいいのかもしれません。今のところ2台とも動いてくれていますのでこのまましばらくは様子見です。IEEE1394のドライバーも接続機種により変えないと認識できない場合も多いので、マウスのドライバーを少し変えた方がいいのかもしれませんねぇ!
12/30 13:35追記
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

P5Q-EM 最終ver

先月から少しずつ大掃除を始めている(年末は掃除どころではないので)のですが、今日はPCの掃除をしました。9月末まではファン4台回していましたが、気温が下がってきた10月からはファンの掃除をして側面のファンを外し、3台で回していました。あれから2ヶ月経ったのですが、内部温度が少しずつ上がって来たので、年末のメンテも兼ねてPCの掃除をしました。3台の吸気ファンにはフィルターを着けているので、内部はそれほど汚れていませんが、それでもリアの端子の穴やサイドのスリットなどから入った埃がCPUやビデオボードのヒートシンクのフィンの間には結構詰まっていますので掃除は重要です。今までに比べると1年間でこれぐらいの埃なので、ファンフィルターはたいへん役には立っていますが、その代わり内部温度をちゃんとモニターしていないと危ないですからねぇ!ですから内部温度が上がってきたり、ファンの回転数が上がってくると2~3ヶ月に1回程度はPCバラしてファンフィルター交換しないといけません!

p5q-em

CPUやビデオボードのヒートシンクの間の埃を取るのに掃除機で強引に吸引したりすると、ファンが高速で回ってしまったりして異音の原因になります。ですからファンが回らないように固定して、細い筆を使って掻き出し、そこを埃を吸い込む最低のモードで掃除機を回し、吸っていきます。また筆が届かないような所はエアダスターを吹きつけ埃が舞い上がりますが、そこをやはり掃除機で吸っていきます。まあこれらのファンが簡単に取り外せるのなら外してからがいいですが、大抵はオオゴトになるので、こんなやり方でやっています。あとはボードや端子、メモリーなどの接点をアルコールで磨いたり、緩んでいるネジがないかなどチェックして、きれいにワイヤリングし直して終了です。

上の写真がMBにASUSのP5Q-EMを使ったMicroATX PCの最終バージョンです。と言っても昨年末からはほとんど変わっていないのですけどねぇ!

現在の仕様
マザーボード ASUS P5Q-EM
ケース:MicroATX(メーカー不明、2000年製でかなり古い)フットはゴム製で25mmに変更、これぐらいないとボトムからの吸気が効率よくおこなえないため。
ファン:フロント:アイネックスCFZ-90S(1500±200(rpm)) ボトム:アイネックスCFZ-80S(1400±200(rpm)) リア:山洋電気のSan Ace 80シリーズの温度可変速ファン(サーミスタ内蔵型)(1450±200と3000±200(rpm)) 側面:アイネックスCFZ-80L(1000±200(rpm))
電源:Owltech OWL-PSGCM700(700W) or Scythe GOURIKI2-500A(500W)
ファンコントローラー:Scythe KAZE MASTER KM02-SL(4箇所の温度測定と4台のファンコントロール)
DVDマルチ:PIONEER DVR-217D
カードリーダー:Owltech FA404MX
HDD:WD WD5001AALS-00L3B2*2(XP用と7用)
CPU:Intel Core2Quad Q9550
CPUクーラー:リテールCPUクーラー(グリスはシルバーグリスを使用しています)
Memory:UMAX DCDDR2-4GB-800(2GB*2)
ビデオボード:PowerColor AX5750 1GBD5-PDHG
OS:Windows XP Professional &Windows 7 Professional

MBの温度対策でNBのヒートシンク(アイネックス HV-6989)とグリス(シルバーグリス)を交換しましたが、NBのチップ側面の温度は下がりましたが、PCprobe読みのMB温度はほとんど変わらず。
いろいろな場所をファンコンの温度計で測定しましたが、内側のメモリーの上部あたりが、MB温度にかなり近い値が出ていましたので、現在もNBチップの側面、メモリ、HDDと電源の4箇所をサイズのファンコンでモニターしています。ですからPCProbe読みのMBの温度を下げるには、メモリとその周囲を冷やすと下がります。
メモリの左に位置するCPUクーラーのファンの回転数を上げてもある程度は下がりますが、夏場はボトムから冷たい空気を吸気し当てるのがMB温度の上昇を確実に抑えられます。室温28度でMB温度は45度ちょうどぐらいに入ります。まあMB温度は50度でも特に問題は無いと思いますが!

Win7のエクスペリエンスが低いので、オンボードのグラフィックを止めてビデオボードを追加しました。最初は9600GTを着けたのですが、500Wの電源ではかなり厳しく(500Wでも良いはずなのですが剛力がひ弱だった?)700Wに変更でOKとなりました。しかしボードの奥行きが長く、ボトムファンをほとんど塞いでしまう様になったので、AX5750に交換しました。AX5750だと500WでもOKです。写真は500Wですが、現在は700Wに交換しています。
ビデオボードを着けるとボードの背面のビデオメモリの放熱をもろに受けるので、ビデオボードを着ける場合はNBのヒートシンクは背が低い初期のものがいいと思います。ヒートシンクの交換はメーカの保証受けられませんし、元に戻しても直ぐにばれてしまいやはり保証受けられませんので、注意すること!

ファンの回転数は内部温度を見ながら調整しています。今の時期だと室温は20度切るぐらいですから、どのファンも60~70%で十分ですので、かなり静かです。夏場は4台が全開ですから五月蠅いでですが!!

OSの切り替えはHDDをつなぎ替えて使っています。ですから電源切って、サイドパネル外して、SATAの電源と信号の2本を上か下かのどちらかのHDDへつなぎ替える必要があります。めんどくさいですが、これが一番トラブルが少ないです。



今日のこよみ
日の出    06:46
日の入    16:45
月の出    01:39
月の入    13:18
正午月齢   24.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ビデオボード変更

MicroATXマシンの改造は既に組み立て完了し、このブログもそのマシンを使って書いているわけですが、かなり改造したのでまとまるにはもう少し時間がかかりそうです。今回は新しいビデオボードを入手したのでATXマシンのボードを交換しました。

AX5750 1GBD5-PDHG AX5750 1GBD5-PDHG

今までの9600GTも2スロット分の幅がありましたが、今回のは完全に2スロットを使いネジ止めも2ヶ所です。出力はDVI*2、HDMI、Display portの4出力です。
表側にも裏側にも小型のヒートシンクがたくさん付いていますし、GPUチップには円形のヒートパイプの内側にファンが付いたクーリングシステムになっています。今回のボードはRadeon HD5750を使ったAX5750 1GBD5-PDHGで、GDDR5メモリー1GBを搭載しています。メモリーは前の9600GTも1GBでしたので変わりまりませんが、消費電力が少なく、かつ3Dの性能等もアップしているようです。
取り付けて、付属のCDからドライバーを入れましたが、この状態で、Vistaのエクスペリエンスを行ってみると、ゲーム用グラフィックスの結果が3点台でした。そこでPowerColorから新しいドライバーを入れてから再度行うと、5.9になりました。最近発売のハードだし付属のドライバーがこんなに使えないなんて、なんなでしょうか?
ATIのボードはAllInWonder128pro以来、私との相性(ハード、マザーとビデオボードの相性ではありません)があまり良くないのでちょっと心配していたのが、今回もいきなりやられた感じです。
でもアイドル時の消費電力がかなり低くなっているせいか、ファンは大変静かです。
しばらくは様子見です。

今日も寒かったですが、明日以降はほとんど最低気温はマイナスの予報なので、観葉植物はすべて1階に移動、カゲツも2階の客間に移動させました。子宝草も耐寒性がないので、ビニールを被せました。
地植えの不夜城や短毛丸、オリヅルランには特に対応はしませんでした。たぶん大丈夫でしょう!!


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:58
日の入    16:47
月の出    06:43
月の入    16:22
正午月齢   29.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

PC改造 vol2

vol2です。改造項目2のHDD止め穴です。不細工に穴が拡大しているのが分かると思います。追加の穴はこのアングルでは見えません。

3.5インチベイネジ穴改造後

穴がずれたりしている原因ですが、センターポンチを使うと3.5インチベイが歪むのです。ですからセンターポンチなしでも使える刃先角度の大きなドリルを使ったのですが、シャーシの表面がかなり堅く、刃先角度の大きなドリルでは逆に穴が開かないという状態になったためです。
途中からは、3.5インチベイにピッタリの板を入れて、センターポンチを使用してきれいに開けられましたが、とにかく出来上がっているケースを加工するのですからどこを加工するにしてもなんらかの工夫が必要です。
まあこれでHDDは前に出せるので、メモリーとの距離は少しは取れるようになりました。

eSATAの出力端子 eSATAの出力端子

改造項目3のeSATAの出力端子です。
横向きの1ヶは元々あったUSB等の拡張端子用ですが、なんとか使えそうなのでネジ穴を左右に少し拡張し、ワッシャーを介して止めることで端子の金属部分もリアにアースできるようなり使えるようにしました。
右側の縦の端子はメーカーの違いでネジ穴のピッチと角穴の大きさが微妙に異なっていますが、こんな感じでなんとか使えそうです。角穴は丸穴を4ヶ開けて、リーマで拡大し、その後ヤスリ等で仕上げました。右は内部からの写真ですが、赤のMB付属の端子がネジのピッチが少し広いです。端子は問題なく付いたのですが、元々ケーブル長が結構ギリギリでしたので、MBを付けてみないことには届くかどうかちょっと危険です!

ボトム加工 ボトム加工

改造項目4のボトムにファン追加です。こちらも当初は、全てドリルで改造する予定でしたが、ファンフィルターを使うことを考えると少しでも吸気面積を増やしておいた方がいいので、ハンドニブラーで穴を開けました。右の写真は最後の1mmほどが残った状態です。ハンドニブラーを使うと、端面が波打つような状態になりますので、切り抜き後、板などを当ててから、金槌等で平面にする必要があります。そうしないとファンとファンフィルターがちゃんと取り付きません。叩いてある程度は平面出ていますが、薄手のゴムを挟んで止めた方が良さそうです。

ボトムファン追加 改造後

左はボトムにファンフィルターを付けてファンを付けた状態です。高さ15mmのゴムフットに交換していますが、ファンフィルターのモールドの厚みが5mmほどあるので、フットは25mmぐらいの高さが欲しいところです。パワーアンプの自作などをされた方ならば分かると思いますが、ファンと床との距離が15mm以下では吸気効率が大変悪く、かなり高速で回さないと冷えないのです。
右の写真の中央のBKTは以前からNB(G45チップセット)ヒートシンクに風を横から当てているファンを固定するBKTです。元々はリアのスロットのネジを利用して止めていたのですが、eSATAの端子用に使えなくなったので、ボトムに穴を追加して使っていたものです。
ですからこれも使えば、4台のファンを搭載できることになります。
吸気が2台、排気が1台、風向調整用1台、これら4台のファンを駆使して静音性と冷却性能の両立は図れるでしょうか?!

続く・・・


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:42
日の入    16:47
月の出    12:49
月の入    00:12
正午月齢   09.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

PC改造 vol1

現在メインマシンとして使っているマザーボードにASUS P5Q-EMを使ったMicroATXマシンのフロントファンがカタカタ言い始めました。そこでATXマシンにHDDを乗せ換え、MicroATXマシンを大改造することにしました。

P5Q-EMとP5Q-E

見れば分かりますが上がMicroATXで下がATXのマシンです。
カタカタ言うといってもファンが壊れたわけではありません。もともとMicroATXのマシンのフロントファンは吸気ダクトに小型ファン(たぶん6cm)を付けるようになっていたのですが、その吸気ダクトごと行方不明になってしまっているので、当初は10cmのファンを穴が合うところだけの3ヶ所をネジ止めして使っていました。ただ10cmファンには9cm用の止め穴もあり、8ヶ所のうち3ヶ所を使えていたのでなんとかうまく止まっていたのですが、それを静音性などを考え、92mmのファンに代えたものですから、なんと止め穴が上の2ヶ所しか合わなくて、しかもワッシャーを噛ませてなんとか止めていたのです。ところがDVDやCDを再生するとディスクの回転の振動で徐々にファンのビスが緩んできてカタカタと音が出始めたのです。
今回これだけで大改造に踏み切ったわけではなく、これまでにもいろいろとあった不具合や使い勝手の悪さを、加えてさらなる静音性と冷却性能の改善を図るためにおこなうというわけです。

改造ポイント
1.フロントBKTの吸気用の穴を拡大し、80mm、92mmのファンが正しく取り付けられるようにする。またファン用フィルターも付けられるようにしておくこと。
2.3.5インチHDD用ベイのネジ穴が微妙に合わなくて、HDDを前に出せないので、ネジ穴の追加および拡張すること。
3.eSATAの端子は現在LBKTを使い2つのスロットを占有していますが、これは大変もったいないので、リアパネルの空きの部分に、eSATAの端子を直接付けられるようにすること。それにLBKTはネジ1ヶでしか止まっていないので、ケーブルを抜き差しするときにBKTがたわんでしまい気持ちよくない。
4.エアフローの基本はボトムから吸い込みトップから排気ですので、ボトムに8cmファンを追加すること。縦型PCではボードが壁になるのでボトム吸気は従来はあまり行われていませんが、フロントファンとうまく使えば、静音性と冷却の両立ができそうな気がしますの、今回思い切って追加することとしました。

上記内容の大改造になるので、全てのパーツは取り外し、シャーシだけにします。そしてHDDをATXのマシンで使えるようにします。HDDの乗せ換えは以下のようにして行いました。
XPはハードウェアプロファイルが作成できますので、従来のP5Q-EM用のプロファイルはそのままにして、移し替える前に、新しいハードウェアプロファイルを例えばP5Q-Eとして作っておきます。そして新しいマシンにHDDを移し、起動させます。一応BIOSの画面でHDDがbootHDDとして認識されているのを確認し、再起動させます。
するとハードウェアプロファイルの選択画面が現れ、新しく作ったプロファイルを選択します。その後はマザーボードからビデオボードまで全て異なりますから、当然セーフモードで立ち上がりますので、ユーティリティソフトやドライバーをインストールしていけば、正しく起動できるようになります。これでATXマシンをメインマシンにすることができました。ただしコンピュータをリムーバルコンピュータにしておいても、7ヶ所以上のハードが変わったことになりますので、3日以内のwindowsの再認証は必要になります。

ということをやったのが、先々週のこと。毎日少しずつ改造しなんとか形になったので、公開することにしました。

改造前のフロントBKT 改造後92mmのファンとファンフィルターを付けた状態

左が改造前で吸気口は角穴ですし8cmファンでも少し開口部が小さすぎます。当初は、ネジ止め用の穴8ヶの追加と、吸気用の丸穴を16ヶ追加で済まそうとしていたのですが、結局はなるべく広い面積が取れるように、完全にくりぬきました。ちょうど92mmファンの吸気口としてはピッタリです。ファンフィルターを付けた状態が右の写真です。8cm用の穴が少し上部に見えますが、こんなものでしょう!
取り付け穴は電動ドリルで開け、吸気口のくり抜きはハンドニブラーで行い、やすり等でバリ取り、仕上げをしました。久しぶりのハンドニブラーはけっこう握力を使うので、しばらくは筋肉痛でした。

今日も日中は大変暖かく19度まで気温が上がりました。
昼休みに剪定しましたが、直ぐに汗ばむほどの暖かさでした。


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:42
日の入    16:47
月の出    12:49
月の入    00:12
正午月齢   09.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

Windows7

Windows7の無償アップグレード版が昨日届いたことはすでに報告済みですが、7をインストールするマシンを別宅に持って行ってしまっているので、現在使用中のマザーボードにASUS P5Q-EMを使ったMicroATXのマシンにインストールしてみました。
このマシンは、しばらくはWindows XP Pro sp3で使う予定なので、外付けのeSATAのHDDにインストールしました。eSATAのHDDは外付けでもOSをインストールできますので、試しにインストールするには大変便利です!
インストールはあっという間に終わり、時間にして16分ほどでした。そしてマザーボードに付属しているDVDからソフトをインストールしようとするとこんな画面が出てきました。

Windows7

オートランがうまくいかないのだと思い、エクスプローラで個別にインストールしようとしましたが、やはり同じ画面が出てきてインストールできませんでした。(P5Q-EMのインストールDVDはWindows 7に対応していないので、ドライバーやソフトは事前にASUSのサイトからダウンロードしておく必要があるということです。)
まあでもとりあえず動いているみたいなので、デバイスマネージャーで正しく認識されていないハードを見てみますと、ピクセラのTVチューナーだけが認識されていませんでした。そこでピクセラのWin7用のドライバーをインストールする前に、一応WindowsUpdateにあるかもしれないと思い実行しました。しかし11ヶほどの更新がありましたが、その中にはありませんでしたので、ピクセラのHPからダウンロードしてインストールしました。その結果が下の状態です!

Windows7

現在のハードはWindows7にOS変更してもそれほど問題はないといった感じです。あとはパフォーマンスがどれぐらいか知るために、Vistaから搭載されているエクスペリエンスを実行してみました。結果は下の通りです!

Windows7


Vistaでは最高が5.9でしたが、Win7では7.9が最高で平均が3.0になっているようです。基本スコアが4.6と出ていますが、これはゲーム用グラフィックスの結果が4.6と評価が最も低くそれが基本スコアとしてでています。まあ外付けのHDDということ、オーバークロックなども今回はしていないので、あとの6~7.3という結果はいいほうかなと思います。でもやはりG45の性能は低いですね!

使い勝手ですが、Vistaを使っていてもやや戸惑う感じがあると思いますが、XPから7にアップグレードしたりするとかなり戸惑うのではないかと思います。それとデザインですが、Vistaよりも下品です。しかもクラシック画面は最悪です!性能の低いマシンではプログラムのパフォーマンスを上げるためにクラシックデザインにしたりすると思うのですが、何を考えているのか分かりません!!
起動やシャットダウンはアプリを入れていないので、何とも言えませんが、我が家ではアプリを入れていないVistaSp2とさほど変わらない感じです。
今月いっぱいはWindows7で遊んでみようかなと思っています。


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:10
日の入    17:12
月の出    11:47
月の入    21:38
正午月齢   05.9

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

Windows 7の無償アップグレード

今日Windows7の無償アップグレード版が届きました。
以前11月5日以降に発送というメールが来ていたのに、すばらしいい早さです!
ディスクはDVDで2.3GBぐらいの容量です。
さて何にインストールするかな??


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:09
日の入    17:13
月の出    11:01
月の入    20:41
正午月齢   04.9

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

P5Q-EM 5

先日ピクセラのTVチューナーを取り付けて、MBの温度が上がったため、NB用のヒートシンク交換、高熱伝導度のグリスへの変更をする予定だと書きましたが、その前にダメ元のつもりでCPUのファンの回転数を上げてみました。

P5Q-EMを使ったPC

というのもベンチマークテストでCPU負荷を高くしても、MBの温度はそれほど上がらない、つまりNBのヒートシンクの放熱をCPUのファンがけっこう排気しているのではないかということです。
ですからアイドリング状態のCPUのファンの回転数をサイレントモードより20%程度高くしてみました。すると、予想以上に温度が下がったのです。そこで側面のファンの回転数や角度などを調整し直すと最近の気温の低下もありますが、滅多なことでは45度を超えなくなりました。
CPUのファンの回転数は付属ソフトのAI Suiteでこれまではサイレントモードに設定していましたが、現在はUSER設定モードで微調整しています。
もともとMB温度は50度までは平気(温度測定ソフトのPCプローブの初期設定は45度)だと思っていますので、これぐらいであれば御の字です!
ですからヒートシンクの交換、シリコングリスの変更はしばらくは行わないようにしました。でも夏になれば確実に50度を超える事があると思いますので、それまでには時間を見つけて根本的な対策はするつもりです。
ピクセラの3バンドWチューナーですが、新製品が発表されました。消費電力が1/3でリアのスロットも1ヶしか使わないコンパクトな設計のようです。もう少し待てばこんな苦労すること無かったかな?!


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:03
日の入    17:23
月の出    02:33
月の入    15:21
正午月齢   26.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

P5Q-EM 4

P5Q-EMを使ったPCに3バンドWチューナー搭載のピクセラPIX-DT090-PE0を載っけました。下の写真の下2つのスロットがチューナーです。上2つはeSATAの出力です。(最近外付けHDD3台をUSB2からeSATAに変えたものですから)

P5Q-EMを使ったPC

以前の日記でVistaマシンにI-O DATAの地デジキャプチャボードGV-MVP/HS2でテレビ代わりに使っていると書きましたが、録画中はテレビ見れないし、以前に録画したものも再生できないので、録画専用としました。また視聴ソフトも録画番組の表示、録画予約、番組表の表示などやや使いづらい(DVDレコーダーの感覚では操作できない)のですが、CMなどの編集をしたのをDVDやBLに書き出せるところは優れており、視聴用より、録画用に向いていると思います。
ということで
P5Q-EMにテレビチューナーを載っけたのですが、これがくせ者でした!!
これまでMB温度を下げるのにかなり工夫をして、それなりに満足のいく結果がでていたのですが、このボードを繋いだだけでなんと7度も温度が上がるのです!テレビを見ながら別番組録画なんてしていると、室温25度でもMB温度が50度を直ぐに超えます!
ということで踏ん切りがつきました。NBのヒートシンクの交換とシリコングリスをシルバーグリスに変更することにしました。
今週中には買ってきて改造するぞ!

現在の仕様
マザーボード ASUS P5Q-EM
ケース:MicroATX(メーカー不明、2000年製でかなり古い)
ファン:フロント オウルテックOWL-FY0925L(92mm)、リア 山洋電気のSan Ace 80シリーズの薄型ファンを使ったオウルテック製F8-S/15、側面 アイネックスCFZ-80L
電源:Scythe GOURIKI2-500A(500W)
DVDマルチ:PIONEER DVR-217D
カードリーダー:Owltech FA404MX
HDD:WD WD5001AALS-00L3B2
CPU:Intel Core2Quad Q9550
Memory:UMAX DCDDR2-4GB-800
Tuner: PIXELA PIX-DT090-PE0
OS:Windows XP Professional sp3


今日のこよみ(関西中部)
日の出    05:54
日の入    17:36
月の出    17:48
月の入    06:40
正午月齢   16.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

Windowsの行方

Office2000のupdateを確認しようとマイクロソフトのofficeupdateサイトへ行ったら、office2000はサポート対象外になっていた。サポートは2009年7/31までだったらしい。
我が家にはwindowsマシンが5台ある。2000が2、XP Home sp3が1、XP Pro sp3が1、VistaUltimate sp2が1台です。
下の写真は以前紹介したMBにP5Q-Eを使ったVista Ultimate sp2のマシンです。Windows7の無償アップグレードが付いているので、アプリなど入れずに現在もOSのみです。(7にアップグレードしてからアプリを入れる予定です)使わないのはもったいないのでIOの地デジカードGV-MVP/HS2を付けてテレビ代わりに現在は使用中です!

ASUS P5Q-Eを使ったATXマシン

windowsファミリーのサポート期間を調べてみた。
Windows2000 2010年7月13日
WindowsXP   2014年4月8日
WindowsVista 2012年4月10日(Home BasicやHome PremiumやUltimate)
WindowsVista 2017年4月11日(business)

なんとVista business以外はXPよりサポート期間が短くなっている。まあできが悪いし、売れなかったから(ダウングレードのマシンなんてたくさんありましたし)仕方ないかもしれないが、ちょっと考え方がおかしい気もする。
今後我が家のマシンはどうしていくのがいいのか考えてみた。
P5Q-E(ATX)やP5Q-EM(MicroATX)で作ったマシンはwindows7アップグレードアドバイザー(Beta版)でチェックしたところハードは全く問題なし、またXPHomeのマシンもCPU1G以上、メモリー1GB以上、VRAM256MB以上などのスペック的にはほとんど問題なし。だが2000のマシンはXPを入れたこともあるがXPでもかなり重いので、2000のマシンはこのままにしておくしかない。
Vistaは無償で7になるのでいいが、XPのマシンはどうするかだ?
XPの場合、7へのアップグレード版を購入してもXPのマシンにインストールする時は、なんと新規インストールになるのだ。
だからデータはもちろんアプリもすべて入れ直さないといけないのである。ただVistaからだと通常のアップグレードになるようだ。だから無償アップグレード付きのVistaを今買うのがいいことになる。マイクロソフトはこれを狙っているのかもしれない?
Vistaよりはるかに売れたXP、この顧客を7に移行させるための手段に思えるのは私だけだろうか??

無償アップグレード版は11月5日以降に発送される内容のメールがマイクロソフトから届いていたが、
7の発売日は10月22日なので無償アップグレード付きのVistaの販売もそう長くはやっていないと思われるので、どうするかな??
それともう1つ問題がある。
XPHomeは、メーカー製のマシンなのですが、XPのProsp3や2000sp4を新しいHDDに新規にインストールすると再起動時のBIOSの画面でOSのバージョンが違うコメントが出て以降起動しないのである。
ですから7を新規にインストールしても起動しない可能性が高いのです!
だからこのマシンも使えない可能性が大なのです!
もう1台新規にマシン作るかな?


今日のこよみ(関西中部)
日の出    05:32
日の入    18:20
月の出    17:55
月の入    04:52
正午月齢   14.7

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア