雲南地湧金蓮

左の写真はバショウ科ムセラ属 地湧金蓮(ちゆうきんれん Musella lasiocarpa)と言う、亜熱帯に生息する非常に珍しい植物です。日本では1990年の大阪花博で展示されたのが初めてのようです。画像はクリックすると大きくなります。

雲南地湧金蓮 蓮

名札には雲南地湧金蓮と書かれていましたが、中国雲南省の山間部に自生しているようで、耐寒性は非常に高くマイナス15度ぐらいは平気なようです。地湧金蓮の名前の由来はその名の通り、地から湧いて出た金色の蓮に似ているものから来ているようです。たしかに右の蓮の写真と見比べるとそっくりです。ただ左の金蓮は花弁では無く苞で実際の花は、花弁が開いているように見える部分の付け根に見えている小さいのが花のようです。花は開花すれば1年ぐらい開花し続けるようです。この株は地植えですが、他に鉢植えも2株ありました。

蓮

こちらは蓮ですが、花弁が多く八重咲きのような品種のようで珍しかったので載っけておきます。雌蕊が膨らんでいるみたいで、結実しているのかもしれません。これらは黒谷さんの西雲院紫雲石さんで見ることができます。

今日は朝から開眼式で黒谷さんに行ってきました。昨日までの天気から打って変わって、陽射しも強くめちゃくちゃ暑かったです。

今日のこよみ
日の出    04:49
日の入    19:14
月の出    16:41
月の入    02:33
正午月齢   12.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

大きく生長した観音竹と全開の日輪玉

およそ3年ぶりの登場、ヤシ科ラピス属 観音竹(かんのんちく Rhapis excelsa)です。右の写真は2013年11月16日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

大きく生長した観音竹 生長した観音竹

3年前は6号鉢で十分な大きさでした。30cmにも足らない高さでしたが、この3年間で高さ60cm、大きな茎が3本、脇芽も3本出て来て生長しています。鉢は現在8号ですが、根茎からも新芽が出てきていますので、来年は10号当たりにした方が良い感じです。この夏は水さえ切らさなければ十分直射光にも耐えていました。しかしちょっと油断すると葉焼けする事もあるので、日照時間が取れる木陰ぐらいが一番良いようです。またこの冬の大寒波も屋外でまったく問題ありませんでしたので、暑さ寒さにもけっこう強くなったようです。

2輪同時開花の日輪玉

こちらは5日ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。全開してくれました。花径は5cmを越え株が見えなくなっています。2輪とも十分に花粉が出ていますので、このあと受粉作業をしましたが、右の花はまだ雌蕊が熟していない感じですので、左の花だけとなりました。

今日は朝から雲1つない快晴でした。本当に日没まで1つも雲が無いなんて滅多にありません。朝はかなり冷え込みベランダは5度台まで下がりました。白花黄紫勲は今日は何故か2輪が半開で、残り3輪も7分咲き程度でした。トップレッドがあと2日ぐらいで開花しそうです。日の入りが16時台になりました。

今日のこよみ
日の出    06:22
日の入    16:59
月の出    10:42
月の入    21:11
正午月齢   05.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ソテツの新芽生長

ソテツ(蘇鉄 Cycas revoluta)の新芽が一気に生長し始めました。画像はクリックすると大きくなります。

古葉を切ったソテツ

そして古葉がかなり外側に来ていたので、カットしました。今回は新芽が12枚ほど出てきているので、秋の新芽は出ないと思います。ソテツには病害虫はほとんどありませんが、このいちばん柔らかい時期の新芽はバッタなどに食われやすいので要注意です。以降のソテツの管理、育て方ですが、一年中直射光下に置き、長い日照時間を与えます。耐暑性も耐寒性も高く、マイナス8度ぐらいからプラス40度ぐらいまではまったく平気です。水やりも表土から5、6cmぐらい乾いたら与えています。植え替えは3年に1回程度で、なるべく鉢増しのような形がいいですが、移動の事を考えれば12号ぐらいまでがmaxです。この株は10号鉢に植え付けています。ですから次に植え替えで鉢植えではmaxになります。

今日はお昼前後は晴れ間もありましたが、だいたいが曇りでした。でも陽が射すと気温が上がり、今日も30度を超えていました。光線が弱い日が続いているので、紅帝玉の色が薄くなってきました。

今日のこよみ
日の出    04:44
日の入    19:15
月の出    01:40
月の入    15:23
正午月齢   25.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

生長!観音竹

およそ10ヶ月ぶりの登場、ヤシ科ラピス属 観音竹(かんのんちく Rhapis excelsa)です。生長がたいへん遅いので、これぐらい期間が空かないと変化が分かりません!

脇目も生長した観音竹 少し生長観音竹

右の写真は10ヶ月前の1月5日のものです。左の写真は昨日11月15日のものです。2つの脇目が生長し、だいぶボリュームが出ているのが分かります。また写真では分かりませんが、3つめの脇目もだいぶ伸びて来ていますが、まだ葉が展開していないので、展開すればさらにボリュームが出ると思います。

ディフェンバキアカミーラの花

観音竹だけでは寂しいのでディフェンバキア・カミーラの花を載っけておきます!後ろに見えるのはポトス(へゴ仕立て)とドラセナゴッドセフィアナです!ディフェンバキアは4号鉢だった株を7年かけて10号鉢で高さ1.2mほどの大株に仕立てました!花は2001年から毎年咲かすようになり3、4輪が同時開花する時もありました。写真は2003年6月6日のものです。


今日のこよみ
日の出    06:32
日の入    16:51
月の出    16:01
月の入    04:53
正午月齢   12.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

観音竹とオリヅルランポニー

およそ10ヶ月ぶりの登場、ヤシ科ラピス属 観音竹(かんのんちく Rhapis excelsa)です。生長がたいへん遅いので、これぐらい期間が空かないと変化が分かりません!

少し生長観音竹 脇芽も少し生長観音竹

本体は4、5枚葉っぱが出て少しボリュームが出ました。左の写真でも脇芽が見えていますが、脇芽も少し生長し葉っぱが展開し始めました。右の写真だとよく分かると思いますが、まだこんな小さな葉っぱです。観音竹は耐寒性が高くマイナス7、8度でも平気ですので、今の時期でも屋外で問題ありませんが、風が強いと葉先が傷みやすいので、波板で囲まれた通路に置いています。観音竹の栽培は特に難しいことはありません。水はけの良い土を使うことと、良質の腐葉土、燻炭を混ぜること、葉焼けしないように夏場遮光することぐらいです!

地植えのオリヅルラン

地植えのオリヅルランポニー(Chlorophytum comosum)です。既に何度もマイナス4度近くまで下がっていますが、さすがに地植え株です。耐寒性がまったく違います。昨年はマイナス8度ぐらいまで下がりさすがに地上部はすべて枯れましたが、根が生きていれば、このように完全復活します。しかし鉢植えは、だいたい2度ぐらいまで下がれば地上部が枯れ始め、マイナスになれば完全に枯れてしまい春に新芽も出ませんでした。ですから地植えと鉢植えではこれだけ差が出るのです。この差はやはり土の容量の違いです。大容量の土が根の温度の上昇、下降を緩やかにしているのです。ですから耐寒性だけではなく、耐暑性も地植えの方が圧倒的に高くなるのです。オリヅルランの右側に見えているのはジャガイモの葉です。春の終わり頃に虫に地上部全てを食い尽くされ枯れてしまっていたのですが、秋口から新芽が出だし、ここまで生長したのです。ジャガイモのさらに右側はこぼれ種で発芽した万両です。

今朝のビニール温室内の最低気温はマイナス1.4度でした。晴れたり曇ったりの天気です。裏庭は午前中陽が当たらないので、花壇の写真は暗くなっています。


今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    16:59
月の出    --:--
月の入    11:18
正午月齢   22.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ソテツ生長!

新芽が展開し始めておよそ1ヶ月経った、ソテツ科ソテツ属ソテツ(Cycas revoluta)です。昨晩の強風と雷雨で、玄関脇に置いているソテツが泥跳ねでたいへん汚れてしまっていたので、洗いました!

清掃後のソテツ

スプレーヤーで鉢や株の泥を落とし、葉の間に貯まっていた落ち葉などを取り除き、最後に葉にもスプレーヤーをかけて綺麗にしました!4株出て来ている子株の生長はそれほどでもありませんが、新芽に目一杯陽を浴びて光合成をしたようで、株そのものが少し太った感じです!葉っぱも見事に展開して、しかももう虫に食べられるよな柔らかさではなく、先端触ると痛いぐらいになりましたので、もう安心です!蘇鉄は耐寒性も高いので、我が家ではずっと屋外出しっぱなしです。これからは水やりも雨任せで十分です!3年前に植え替えた時は10号鉢がかなり大きく見えましたが、株もだいぶ太くなり、大きな葉が展開するようになったので、鉢が小さくてやや不安定な感じに見えるので、来年は植え替えかな?

今日は朝の内日が出ていましたが、10時頃から日が陰り昨日に続いて風も結構強いのが吹いています。気温もベランダで19度台でしたので、けっこう寒く感じます。


今日のこよみ
日の出    06:15
日の入    17:06
月の出    16:38
月の入    05:29
正午月齢   13.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽が展開し始めたソテツ

5日前に新芽が生長し始めた事をお伝えしました、ソテツ科ソテツ属ソテツ(Cycas revoluta)です。新芽も45cm以上になり展開し始めました!

新芽が展開し始めたソテツ

古葉を残して置いても新芽の生長速度は早いですが、古葉を切った方がやはり早い気がします。まあ古葉が無くなってしまえば、光合成出来ませんので、少しでも早く新芽を伸ばし光合成しようと生長が早いのでしょう?!それと柔らかな新芽はバッタやナメクジに食われたりしますので、早く展開し硬い葉になろうとしているのかもしれません?!
ソテツの以降の管理、育て方ですが今までと同じ様に長い日照時間が取れる屋外に置き管理します。排水性の良い用土であれば秋の長雨に当てても全く問題ありません。また耐寒性も高いので、我が家では年中屋外に出しっぱなしです!根をいじられるのはあまり好まないようで、植え替える場合は通常より2回りほど大きな鉢に植え替え、3年に一回程度の植え替えにした方が良いようです。鉢底から太い根が出始めたら植え替えのサインですが、あまり根鉢は崩さず、どちらかというと鉢増しのかんじで植え替えます。植え替えが少ないので当然肥料が切れやすいので、2年目以降は定期的に置肥や液肥を与えないと、新芽が出なかったりする事もあるようです。
写真のソテツの右側は先日植え替えた実生馬酔木です。左側は実生の枇杷です。かなり大きくなったので、この鉢も植え替えた方が良さそうです!

今日も良く晴れています!


今日のこよみ
日の出    05:49
日の入    17:45
月の出    16:28
月の入    03:44
正午月齢   12.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ソテツの新芽

およそ一ヶ月半ぶりの登場、ソテツ科ソテツ属ソテツ(Cycas revoluta)です。今月17日から新芽が出始めましたので、翌日18日に古葉を全て落としました。写真は昨日22日のものです。

新芽が伸びてきた蘇鉄

出始めてから5日ですがかなり新芽が生長しました!葉の枚数はやや少なく10枚ほどのようです。枚数が7、8枚の場合は、もう一度新芽が出たりしたこともありますが、今回は葉の大きさも大きそうですので、2回目は無いと思われます。前回紹介した新たな仔吹きは若干生長しているようですが、他の3ヶの仔吹きはやはり生長していないようです?!
ソテツの以降の管理、育て方ですが今までと同じ様に長い日照時間が取れる屋外に置き管理します。排水性の良い用土であれば秋の長雨に当てても全く問題ありません。また耐寒性も高いので、我が家では年中屋外に出しっぱなしです!根をいじられるのはあまり好まないようで、植え替える場合は通常より2回りほど大きな鉢に植え替え、3年に一回程度の植え替えにした方が良いようです。鉢底から太い根が出始めたら植え替えのサインです。植え替えが少ないので当然肥料が切れやすいので、2年目以降は定期的に置肥や液肥を与えないと、新芽が出なかったりする事もあるようです。

昨晩から小雨がずっと降っています。ここ数日かなり湿度が低かったので庭木には恵みの雨と言ったところです!


今日のこよみ
日の出    05:46
日の入    17:53
月の出    13:11
月の入    23:33
正午月齢   07.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ソテツに4ヶ目の子株が!

10日ぶりの登場、ソテツ科ソテツ属ソテツ(Cycas revoluta)です。生長点はより膨らんできましたが、まだ新芽は見えません。その代わりになんと4ヶ目の子株が頭を覗かせました!

4ヶ目の仔吹きが出て来たソテツ

中央表土から少し顔を出しているのが、4ヶ目の子株です。右に見えるのが1株目、左に見える2株が2株目と3株目です。1株目はもうかなり前(2007年頃)に顔を出しましたが、ほとんど生長していません。左の2、3株目も2009年~2010年にかけて発芽しましたが、まだこんな状態です。でもこの2株は今年に入って少し生長し始めたので、喜んでいたのですが、4株目が出たということで、たぶん生長止まるような気がしてきました!親株自体はだいぶ大きくなってきてはいるのですが、でもかなり生長は遅い気がします。たまに液肥を与えるぐらいで、ここ3年間植え替えもしていませんので、まあ仕方はありません。それに大きくなったらなったで置き場所にこまりますのでねぇ!今でも直径1mは必要ですから!!

サボテン達の多くを半休眠させていますので、記事が少ないですねぇ!短毛丸や花盛丸などは花芽を伸ばしてきてはいますが、開花には1週間ほどはかかりそうですし、翠冠玉も3輪目の気配は無いし、ハオルチアも花芽を伸ばして良い時期なのですが、葉っぱから少し顔を出した状態で止まっています!今年はやはり暑すぎるからか、それとも昨年より水やりがかなり減っているからなのかも??

今日も猛暑日となりました。雲も少なくかなり陽射しが強かったです。日の入りが18時台になりました。


今日のこよみ
日の出    05:07
日の入    18:59
月の出    18:48
月の入    04:59
正午月齢   13.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ソテツに新芽の予兆が!

例年より少し遅れ気味ですが、ソテツの生長点が膨らんできましたので、まもなく新芽が出てくると思われます!

生長点が膨らみ新芽の予兆が出て来たソテツ

写真でも分かりますが、葉が少し枯れ込んでいます。もちろん全体ではありませんが、先日の2日連続の猛暑日と強風で一気に枯れた部分が出ました。地植えのソテツでは滅多なことで葉が枯れ込むなんて事はありませんが、鉢植えだと水切れさせると出やすいみたいです。水はけは大変良いのですが、それでも2008年4月の植え替えなので、4年以上植え替えていませんので、やはり根も傷んでいるところなどもあり、枯れ込みやすくなっているのもあると思います。ソテツは暖かければ何時植え替えてもよく、関西なら5月から9月中旬頃なら問題ありません。今年は根の確認と元肥をしっかり入れ直すためにサボテン達の夏植え替えが始まる前に植え替える予定です!

今日も蒸し暑かったです!以外と晴れている時間も多かったです。夕方少し雨が降りました。内裏玉の子株1ヶが高温で根が傷み黄変しましたので、抜きました!



今日のこよみ
日の出    04:59
日の入    19:08
月の出    07:55
月の入    20:40
正午月齢   02.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
フリーエリア