仔吹き生長ラウシー

およそ2ヶ月ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

仔吹きが生長したラウシー 生長したラウシー

前回5月25日に結実し始めた事をお伝えしました。また昨日結実が取れ始め、採種したことをお伝えしましたラウシーくん達ですが、よく見ると今年出た仔吹きがずいぶん大きくなっていました。左の株は今年出た仔吹きは3ヶしかありませんが、もう1cmほどになっていました。右の株も仔吹きは1cmを超えているものもいて結実もずいぶん付けていたのに、この仔吹きの生長っぷりには驚かされました。7月に入ってから気温が高い日が続き、水やりも3、4日に1回程度のペースで行っているのも効いているのかもしれません。他の3鉢も同様に仔吹きがずいぶん生長していました。

ラウシーの管理、育て方ですが、直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。これまで5年間育てた感じでは、真夏は30%程度の遮光があったほうが管理が楽ですが、それ以外は無遮光下でOKです。ただしこの株はラウシーの最もノーマルなタイプですので陽射しにも強いみたいですが、紫ラウシーなどは本種より日焼けし易いそうなので、遮光はもう少し早い時期から必要かもしれません。根が大根ですので、水やりは1年を通して辛めでも大丈夫ですが、私は1週間から10日に1回ぐらいのペースで与えています。子吹きも旺盛ですので、株分けで増やせますが、株径15mm以下ぐらいで外すとめちゃくちゃ生育が遅いですので、なるべく大きくなるまで親株に着けておきます。株径が20mmを越え、また大根の太さが10mm程度になるまでは親に着けておいた方がいいです。でも植え替え時簡単に外れてしまうこともあるので、要注意です!群生し始めると鉢回しは必須です!!

猛暑日にこそなりませんでしたが、湿度が高く猛烈に蒸し暑かったです。夜間も気温が下がらず21時半現在でもベランダは31度台です。こういう日が続くと夕方しっかり水やりして鉢内の温度を下げておかないといけません。

今日のこよみ
日の出    04:57
日の入    19:09
月の出    01:40
月の入    15:47
正午月齢   26.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ラウシー満開

9日ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

ラウシー満開 ラウシー満開

群生株が群生株らしい花数で群開してくれました!左の写真は午前9時前頃で右は10時半頃のものです。午前9時では初日と言うこともあってまだ7分咲きぐらいですが、10時過ぎには全開になりました。ただこの頃から曇り始めたので、光沢のある花弁と色鮮やかな色合いが出ていないのは残念です。このあと別の鉢と交配したので、明日は余り期待出来ませんので、これ以上の花数は来年までお預けです。別の群生鉢にも良い感じで花芽が膨らんできているのがあるの、明日に期待です!!

午後からは完全に曇り日照はほとんどありませんでした。気温もそれほど上がらず25度台でした。白花黄紫勲成株を植え替えました。白花黄紫勲の採種を行いました。新天地、特豪刺海王丸に花芽が上がって来ていました。玉翁に新たな花芽が上がって来ていました。昨年の花芽より下側ですので、一昨年生長した部分だと思われます。

今日のこよみ
日の出    04:52
日の入    18:55
月の出    23:54
月の入    09:46
正午月齢   20.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ラウシーの種採り

およそ1ヶ月半ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

スルコレブチア属ラウシー スルコレブチア属ラウシー

先日花がらを軽く引っ張ってみたら、簡単に取れたので、本日花がら摘みを兼ねながら、種取りをしました。ラウシーの花がらは左の写真の様に根本まで見えている所に着いているのは良いのですが、右の写真の様に、仔吹きの間から出ているのが多く、ほとんどが結実しているかどうかも分かりません。また早い段階で引っ張ると必ず途中で切れてしまうか、アレオーレごと取れてしまいます。ですので花後半年以上経った今頃が一番良いのです。今ぐらいであれば、花がらが切れず、アレオーレもほとんど取れない状態で引き抜くことが出来ます。

ラウシーの結実と花がら ラウシーの種

左の写真は取った花がらです。左が種子が入っていそうなもので、右は本当の花がらです。かなり干からびていてカチカチになっているのもありますので、種を取り出すのが難しいのもあります。また簡単に砕けるのはこれまた細かな残がいが沢山出ますので、種子だけにするのが手間がかかりますので、けっこう面倒です!右はざっと洗ったところです。今回はこれまでで一番多く、30粒ほど採れました。しかも今までよりも種子が大きいので、これならなんとか発芽させられそうです。この後種子はさらにゴミを取り除き、中性洗剤で綺麗に洗います。そしてお茶パックにいれて乾燥させます。種子は洗浄後絶対に手で触らないようにします。また蒔く時も手で触ることはNGです。カビが生える原因は洗浄不足と手の脂などですから!

今日は朝方少し雪が降りました。今年の初雪で、ほぼ平年並みで1日遅れだそうです。日中晴れ間もありましたが風が大変強く、気温も6度台でかなり寒かったです。

今日のこよみ
日の出    06:58
日の入    16:47
月の出    19:25
月の入    08:40
正午月齢   16.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

3.5号鉢ラウシー群生完成!

久しぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

2011年5月21日の3号群生ラウシー 2011年5月31日の株分けラウシー

左の写真は2011年5月21日のもので、サボテン展で購入したばかりのものです。3号鉢に23株ありました。しかし実際には右の写真の様に、3つの親株とその回りに子株が出て群生が構成されていました。

 植え込んだラウシー 群生したラウシー

左の写真は2014年5月30日のものです。親の回りの4、5ヶしか無かった子株もずいぶん増えています。でもまだ一親で一鉢がぎっしりになるほどではありませんでした。しかし右の写真の様におよそ2年半経った今では左上の株は3.5号鉢でも十分見応えのある群生となってくれました。この親株には子株、孫株合わせて30ヶで群生しています。ただラウシーは生長が緩やかなので、仔吹きするまでにけっこう時間がかかります。そのためどうしても株の大きさが揃いません。揃えようとすると、小さな仔吹きを間引きながら1つ1つの仔吹きを大きくしていくしか無いと思います。ただあまり群生させると花芽がどこから出て来るのかも分からなくなって来ますし、花がらを取るのが不可能なものを多々出て来ます。花がらは取らなくても良しとしても結実も取れなくなります。ですから結実させる場合はなるべく仔吹きを外して単頭の親から開花させるのがいいと思います。

今日は午後からは陽射しがありましたが、リトープス達は半開程度でした。でも白花黄紫勲5頭立ては4輪目までが半開しました。表の生け垣のプリペットに生えている山茶花が今年は凄い花数で咲いています。もうプリペットを抜いても山茶花の生け垣としていけそうです。先日地際で切り戻した鉢植えの芍薬に新芽が出てきていました。

今日のこよみ
日の出    06:18
日の入    17:03
月の出    07:18
月の入    18:13
正午月齢   01.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

群生し始めた株分けラウシー

久しぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)子株です。画像はクリックすると大きくなります。

群生し始めた株分けラウシー 群生し始めた株分けラウシー

どちらの鉢にも3株ずつ掻き子を植え込んでいますが、昨年全てが、株径20mmwqを越え開花球になりました。また仔吹きも20mm程度から始まり、仔吹きながら主頭も生長していきます。ただ主頭は株径が25mm程度になるとmaxになるようで、これ以上は大きくなりません。ですから以降はさらに仔吹き旺盛となり、群生し始めます。仔吹きはエキノプシスと同じ感じで、日の当たらない家側から仔吹き易いようです。ですから回りにぐるりと一周綺麗に仔吹きさせるには鉢回しも必要です。まあラウシーの場合鉢回しをしないと後ろ側の仔吹きが直ぐに縦に伸びますので、自然と綺麗な群生が出来やすいと思います。

以降のラウシーの管理、育て方ですが、直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。これまで5年間育てた感じでは、真夏は30%程度の遮光があったほうが管理が楽ですが、それ以外は無遮光下でOKです。ただしこの株はラウシーの最もノーマルなタイプですので陽射しにも強いみたいですが、紫ラウシーなどは本種より日焼けし易いそうなので、遮光はもう少し早い時期から必要かもしれません。根が大根ですので、水やりは1年を通して辛めでも大丈夫ですが、私は1週間から10日に1回ぐらいのペースで与えています。子吹きも旺盛ですので、株分けで増やせますが、株径15mm以下ぐらいで外すとめちゃくちゃ生育が遅いですので、なるべく大きくなるまで親株に着けておきます。株径が20mmを越え、また大根の太さが10mm程度になるまでは親に着けておいた方がいいです。でも植え替え時簡単に外れてしまうこともあるので、要注意です!群生し始めると鉢回しは必須です!!

今日も良く晴れて気持ちのいい一日でした。湿度が低いので鉢はたいへん乾きやすく、小さな鉢は風焼けには要注意です。

今日のこよみ
日の出    06:04
日の入    17:21
月の出    17:41
月の入    05:40
正午月齢   15.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

鉢回しを忘れた結果ラウシーがこんな姿に!

およそ2ヶ月ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

日陰の子株が徒長したラウシー 日陰の子株が徒長したラウシー

今日水やり時に見てみると、右の写真の様にすっかり北側の仔吹きが徒長しておりました!花が終わり仔吹きが出たり生長し始めた時は少なくとも4、5日に1回程度鉢回しをしないといけなかったのですが、太陽高度も高くなったているので、少し手を抜いていたら、このざまです。他の4鉢も同じ様な状態です。左の写真の南側の仔吹きは、全く徒長せずに良い形をしていますが、北側の株元の小さな仔吹きは太陽を浴びようと頭を細くしながら縦に伸びてしまっています。1つの鉢内でもこれだけ差が出るのですから、いかに直射光と日照時間が大切かがよく分かります。よく徒長の原因は、水やりが多すぎただとか、肥料が多すぎたと考えている方も多いようですが、大抵は間違いです。長い日照時間を与えていたらよほどのことが無い限り徒長はしません。私は培養液栽培、つまり根は常に高濃度の液肥に浸かっている、そんな条件でも数多く栽培してきましたが、ちゃんと直射光下で長い日照時間が取れれば、徒長しませんでしたからねぇ!
さてこうなってしまったら元には戻りませんので、この徒長した仔吹きの回りにさらに仔吹きが出て群生してくれれば多少は見栄えも良くなりますが、何年かかることやら!

2輪同時開花の竜王丸

こちらはおよそ1ヶ月ぶりの登場、ハマトカクタス属 竜王丸(Hamatocactus setispinus)くんです。昨日はまだかなり小さな花芽だったので、今日開花するとは思っていませんでしたが、高い気温のせいか、お昼頃はかなり曇っていたのですが、2輪同時開花が始まっていました。竜王丸の1輪の開花日数は2、3日しかありませんが、開花期間が9月下旬頃までと長いので開花数はけっこう多くなります。今年は2週間に1~2輪程度のペースで開花していくようです!

曇っている時間の方が長かったですが、気温は上がりベランダは38度近くまで上がっていました。土用干しをしていた梅干しを戻しました。地植えの帝玉がダンゴムシに食われているは以前お伝えしましたが、今日見たら70cmプランターに植え付けている帝玉がバッタに食われていました。ダンゴムシと違いバッタは棚上にも上がってこられるので、やっかいです!

今日のこよみ
日の出    04:59
日の入    19:08
月の出    20:38
月の入    07:04
正午月齢   17.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

結実したラウシー

およそ2週間ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。連日多くの花を咲かせていたのですが、今シーズンは交配に徹していたので、ほとんど写真が撮れませんでした。画像はクリックすると大きくなります。

結実した花 結実しなかった花がら

ラウシーは花粉が出やすいので今までは筆に花粉を絡ませ受粉させていましたが、今シーズンは雄蕊を切り取り、異株同士で交配しました。そのせいかどうかは分かりませんが、けっこう結実したみたいです。ただ上の写真の様に、まだ仔吹き群生していない株であれば、結実したか、していないかは分かりやすいのですが、群生の仔吹きの中から花芽が上がって来ている場合は、花の根元が見えませんので、なかなか確認出来ません。上の写真は見て分かる通り、左が結実したもので、右はしなかったものです。右の花がらは引っ張ると取れますが、アレオーレごと取れやすいので、2/3程度をハサミで切り取り、後は自然に取れるのを待った方がいいです。今まではよくて2、3ヶしか結実しませんでしたが、今年は10以上はありそうなので、熟せば直ぐに蒔く予定です!

今日も朝から良く晴れて気温も上がりました!湿度は昨日ほど低くはありませんでしたが、20%台まで下がりましたので、今日もかなりの鉢に水やりしました。紅小町の開花が始まりました。地久丸に花芽が上がって来ました。赤腐れで発根管理中の海王丸の花芽が枯れるどころか3ヶまで花芽が上がって来ていました。千代田の松の開花が始まりました。

今日のこよみ
日の出    04:51
日の入    18:57
月の出    16:31
月の入    03:23
正午月齢   12.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花が始まったスルコレブチア属ラウシー

およそ1ヶ月ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まったスルコレブチア属ラウシー 開花が始まったスルコレブチア属ラウシー

朝からそれほど陽射しも無く、気温もそれほど高くもないので、まさか開花するとは思っていませんでしたが、開花が始まりました。こんな天気でここまで開くなんて初めてです。ラウシーは左のような群生が3鉢、右のような株分けが2鉢ありますが、すべての鉢で花芽が上がって来ており、35ヶほどありました。前回の記事でも書いていますが、我が家のラウシーは交配してもなかなか結実してくれません。掻き子の株との交配はしないかもしれませんが、群生株は異株ですので、結実しても良さそうなのですが、これまでほとんど結実しません。結実しても7、8ヶしか入っていなし、これまで2度蒔いていますが、一度も発芽していません。まあ掻き子でいくらでも増えうるし、現在70株以上になっているので、わざわざ実生する必要はありませんが、実生だと色合いの異なる肌色や花色も期待出来るので、蒔いてみたいのです。今年は花数はそれほど多くはありませんが、株分けの鉢は花芽が潰れるような状態にはなっていないので、なんとか頑張って交配するつもりです。

ラウシーの管理、育て方ですが、真夏以外は直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。これまで5年近く育てた感じでは、真夏は30%程度の遮光が必要ですが、それ以外は無遮光下でOKです。通風は最も重要で、植え付けは必ず高植えの浅植えにすること、また壁際から離して置く、回りに大きな鉢を置かないようにするとか、工夫も必要です。根が大根ですので、水やりは1年を通して辛めでも大丈夫ですが、私は1週間から10日に1回ぐらいのペースで与えています。特に花芽を上げているときは水切れささないようにしましょう!また最近分かった事ですが、ペンタガーデンを与え続けると緑が濃くなりかつ増えるので、日照不足の時はしかたありませんが、日照が確保出来ているときはペンタガーデンよりハイポネックス微粉のほうが紫色の濃い良い色合いになるようです!小型種ですのでダニにやられると生長が一気に悪くなりますので、定期的な薬剤の散布は必要です。

本日から京都府立植物園で2016春の植物園フェスタが行われています。その中の①花苗園芸市 5月3日(火曜日・祝日)から5日(木曜日・祝日)では京都シャボテンクラブによるサボテン、多肉植物の展示即売会も行われていますので、ご案内します。是非お近くの方は足をお運びになってはいかかでしょうか!

夕方から雨が降り始めました。強風注意報も出ているので、背が高くなってやや不安定な実生姫リンゴは軒下に取り込みました。開花が始まった芍薬一鉢も雨で花が傷むので、軒下に取り込みました。

今日のこよみ
日の出    05:04
日の入    18:44
月の出    02:37
月の入    14:35
正午月齢   25.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

動き出したスルコレブチア属ラウシー

およそ6ヶ月ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

動き出したスルコレブチア属ラウシー 動き出したスルコレブチア属ラウシー

9月の終わりに植え替えているので、この春は植え替え無しです。ですから順調に動き出したようです。左の写真はたぶん花芽ですが、右の写真は2ヶは花芽で1ヶは仔吹きかも?しれません!これまでは仔吹きが先で、それより2週間程度遅れて花芽が上がってくる感じでしたが、同時に上がって来てもおかしくはありません。仔吹きならもう少しすれば棘が出て来ると思います。ラウシーの種子を2月始めに播種しましたが、種皮は全て割れて発根したもののその後本体が出てこれず、枯れてしまいました。気温が高くないと駄目なのかもしれません。我が家のラウシーは交配してもなかなか結実してくれませんが、今年も開花すれば頑張って交配させてみるつもりです!!昨年ダニにやられてけっこう広い範囲がオレンジ色になったり、その跡が日焼けして白くなった箇所が多く出ていますので、定期的な薬剤の散布が必要なようです。

5輪同時開花の分頭帝玉

今日は気温が上がり、2時過ぎから薄い雲に覆われましたが、見事に開花していました!実生苗は70輪、成株は22輪で92輪でした!上の写真は分頭中株で5輪同時開花でした!グローエンドライエンシスと分頭白花黄紫勲の脱皮が終了しました!

今日のこよみ
日の出    05:45
日の入    18:18
月の出    00:13
月の入    10:44
正午月齢   22.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ラウシー抜いた!

およそ4ヶ月ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)です。画像はクリックすると大きくなります。

抜いたラウシー 抜いたラウシー

3鉢が急に水はけが悪くなってきたので、抜きました。1鉢は外れた子株を植え付けていたもので、隣とぶつかり縦に伸び出してきた事もあり植え替えすることにしました。どの苗も地上部と同じぐらい根が太り見事な根鉢になっていましたので、安心しました。植物栽培でもっとも重要なのは根をうまく張らすことです。ラウシーはあと2鉢ありますが、それらは特に水はけ等は悪くなく、急を要する分けでは無いので、今回はパスしました。1日乾かし細かなひげ根はすべて取り除き、その後1、2日乾燥させてから植え付ける予定です。

3輪同時開花のダブネリー

上の画像だけじゃ寂しいので、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)の見事な3輪同時開花を載っけておきます!4本目も期待しているのですが、まだ出て来ません。一番小さな株ですので、今シーズンは無理かもしれませんねぇ!

今日は分頭白花黄紫勲とグローエンドライエンシス、士童2本も抜きました。とある方が来られて、花色確認済みの帝玉を中心に2トレー分と実生白花黄紫勲4ポットをお持ち帰りになられました。2トレー分が減ったので、2014年夏実生のサボテン達も植え替えするかな!

今日のこよみ
日の出    05:48
日の入    17:48
月の出    17:15
月の入    04:22
正午月齢   13.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア