少し生長したバディア交配種

およそ4ヶ月ぶりの登場、ハオルチア属のバディア交配種 (Haworthia mirabilis var badia)です。右の写真は2016年4月25日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

少し生長したバディア交配種 バディア交配種

前回登場したときは真夏に水切れで焼けさせて、下葉を4枚も枯らし一回り小さくなった状態でしたので、あまり比較にならないので1年前の写真と比較することにしました。ロゼット径は変わっていませんが、表土の見える面積が少し少なくなっていますので、僅かですが生長しているようです。特に葉の幅が少しですが拡がっているので、見栄えも良くなっているようです。このまま葉を枯らさずに葉数を保てれば5号鉢クラスにまでなってくれるかもしれません。横からの写真はありませんが、縦にも伸びず非常に低い姿を保っていますので、良い感じです。そんなハオくんにも花芽が上がって来ているようです。相手がいないのでもう少し切りやすくなったらカットします。

お昼前から雨が降り始め、午後6時頃からはかなり強く降る時間帯もありました。南からの風も強くベランダ直置きの帝玉達はビショ濡れです。

今日のこよみ
日の出    05:23
日の入    18:31
月の出    23:44
月の入    09:21
正午月齢   20.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

バディア交配種

およそ半年ぶりの登場、ハオルチア属のバディア交配種 (Haworthia mirabilis var badia)です。画像はクリックすると大きくなります。

バディア交配種

夏場カリカリに焼いてしまい、しかも水切れさせたので、4枚も外葉を枯らしてしまいました。おかげで半年前より小さくなってしまいました。花芽も2、3本出てきていましたが、相手もいないので、全部カットしています。こういうハオルチアは外葉を枯らさず、かっこうよく仕上げるのが良いのですが、なかなか我が家では上手くいかないようです。玉扇達もやはり外葉をけっこう枯らしてしまったので、夏の間はずっと腰水にしておけば良かったと思います。

誤動作でCPU温度がおかしい

こちらは私のPCのシステム温度等です。グラフィックボードをファンレスにしてその代わり外部からファンで冷却することに変更すると昨日紹介しました。そして朝から取り付けました。ヒートパイプとGPU間のグリスなども変更しているので、負荷を掛けながらPCprobeとこのHDmonitorで温度をモニターしていたのですが、すると突然排気のファンが止まりました。その後おかしな動作が続き、cpu温度が109度などと表示されるようになりました。ですがcoreは35度から49度と低いままです。色々やりましたが、MB温度が109度になったりもしました。そこでどうもPCProbeの動作がおかしいようなので、PCProbeをアンインストールするとその後動作は安定して数値も正しくなりました。ファンが停止したのは原因がよく分かりませんので少し気色悪いままですが、しばらく様子を見ることにします。でもグラフィックボードのほうはこれでも十分に冷却できることが分かりました。もう一台のマシンでwinupdateの更新をしていたら突然モニターが切れました。モニターが問題では無くビデオ出力が切れたのですが、その後10分以上待っても回復しませんし、更新も途中で止まったままです。ですので強制再起動させたのですが、起動時にBiOSが起動しなくなりました。現在はこっちのマシンで対応に追われております。2台ともかなり古いマシンですので、マザーボードがおかしくなり始めているのかもしれません。

今日もリトープスが開花しませんでした。これでは交配ができませんねぇ!!

今日は冷静に東京市場も反応したようです。昨日引け間際に株も買い戻したのは正解でした!!

今日のこよみ
日の出    06:26
日の入    16:55
月の出    14:11
月の入    01:04
正午月齢   10.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た玉扇と玉扇錦

およそ9ヶ月ぶりの登場、ハオルチア属 玉扇(Haworthia truncata.)と玉扇錦(Haworthia truncata cv.)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た玉扇と玉扇錦

どちらも群生がだいぶ大きくなり花芽も4、5本同時に上がるようになってきました。開花時期は種類によってけっこう異なっていて、5月頃から11月頃までの長期に渡って花芽を上げてくるものいれば、夏の間だけの短い期間のものをいます。この事達はだいたい梅雨明け頃から長くて9月いっぱいです。以前購入した玉扇についていた、こぼれ種で発芽した実生苗が3株いますが、それ以外はすべて掻き子です。ですから一度交配して種を取り、実生しようと思っているのですが、上手く種が出来ません。ちゃんと花弁ピンセットで剥がして、花粉の状態を確認しながら交配していますが、種が出来ません。今回は花軸も多いので、花数もかなり増えそうなので、チャレンジしたいと思います!

今日の最高気温は昨日と同じで36.1度でした、ですが湿度が高かったせいか昨日とは比べものにならないくらい暑かったです。朝一で黒谷さんに行ってきました。今月に入ってから猿が出没するようで、本堂の中とか荒らされたそうです。

今日のこよみ
日の出    05:15
日の入    18:49
月の出    13:40
月の入    --:--
正午月齢   09.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

レツーサ大群生

およそ5ヶ月半ぶりの登場、ハオルチア属 寿(ことぶき)(Haworthia retusa ハオルチア レツーサ)です!右の写真は2015年12月2日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

レツーサ大群生 レツーサ群生

屋根の無い通路に出しっ放しでもこの冬の大寒波を乗り切ったレツーサ大群生です。ただ少し凍って白くなったところがありますが、溶けてはいません。また完全に根詰まりしていて、陽の当たらない株元などは少し枯れてきていますが、それ以外は特に問題も無く今も屋根の無い通路で遮光も無しで頑張っています!右の写真の時はレツーサ群生と呼んでいましたが、外径22cmの鉢からほぼ全周ではみ出し、高さも15cmにもなり完全にドーム状に膨れあがりましたので、大群生と呼ぶことにしました。上から水やりしてもほとんど水が入っていかないので、そろそろバラした方が良さそうです!

今日から22日まで京都府立植物園でサボテン展が開催されています。サボテン展では業者さんの即売会だけではなく会員さんの格安の放出苗等もありますので、お近くの方は一度足をお運びになってはいかかでしょうか!!

今日も良く晴れて気温が上がりました。湿度も20%丁度ぐらいまで下がりましたので、今日も多くの鉢に水やりしました。1輪だけですが短毛丸の開花が始まりました!

今日のこよみ
日の出    04:50
日の入    18:58
月の出    17:25
月の入    03:56
正午月齢   13.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

バディア交配種

およそ4ヶ月ぶりの登場、ハオルチア属のバディア交配種 (Haworthia mirabilis var badia)です。画像はクリックすると大きくなります。

バディア交配種

前回は夏場に焼けて紅バラ系かも?と書いていますが、すっかり色も元通りになり、やはりちょっと違う感じです。まあ名前は当分バディア交配種でいきます。この子は我が家に来て初めての冬越しとなったわけですが、この冬の大寒波でもまったく問題無く過ごしてくれましたので、耐寒性は大変高いようです。また我が家の様に冬場日照時間が取れない環境でも、徒長せず、しかもコンパクトに締まった状態で生長してくれるのはたいへんありがたいですねぇ!前回より葉も大きくなりまたもう1枚新芽が出てきてだいぶボリュームも出て来ました。あと2、3枚出てくれれば、かなり格好良くなってくれそうです。

ほぼ100%発芽した実生紅帝玉

こちらは4月11日に播種した紅帝玉です。前回7割ほど発芽したと書いていますが、今日見たら201本まで発芽していました。210粒ほど蒔いたので、ほぼ100%の発芽率です。もう少し赤みのある苗が出て欲しいのですが、我が家の紅帝玉ではこんなものかなぁ!

明日はかなり気温が上がる予報だったので、夕方からベランダの全ての鉢に水やりしました。猩々丸子株の開花が始まりました!我が家ではマミラリアは今が真っ盛りで、銀紗丸、金洋丸、松霞、銀手毬、玉翁、錦丸、猩々丸、内裏玉が毎日数多くの花を咲かせています!!

今日のこよみ
日の出    05:13
日の入    18:38
月の出    21:17
月の入    07:10
正午月齢   17.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来たツルギダ系ハオルチア

およそ1年ぶりの登場、ツルギダ系謎ハオです。鉢の全周からはみ出すほどに群生になりました!画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来たツルギダ系ハオルチア

植え付け時は3cmほどの2株だったのですが、何株ぐらいに増えているのか数えてはいませんが10倍以上にはなっていると思います。その謎ハオですが、今シーズンも寒いなか花芽を上げて来ました!サムネイルじゃほとんど分かりませんが拡大画像だと5本ほど分かります。数えてみたら8本上がっていました!!完全に根鉢になっているようで、みずやりしてもうまく吸い上げていないようで、葉先が枯れ込んだりし易くなってきましたので、適期とは言えませんが、根詰まりさせたままで冬越しするよりはいいと思いますので、明日にでも植え替えることにします。

日照不足時のLED照明による栽培

こちらは実生苗たちです。特に紫帝玉の実生が植え替え以降なかなか発根しないようですので、天気の悪い日は室内でLEDのデスクライト下で管理しようと思っています。温度も屋外よりは高いので光合成量も少しは増えるのではと思っています。写真上部に映り込んでいるデスクライトはプリントなどの色を正確に判断するために使用している山田照明のZ-80proBなので、以前紹介したTRUE-LITEと同等の性能がありますので、問題無く使えると思います。写真はその照明下で撮影したものです。色補正も何もしなくてもたいへん良い発色で再現できていますし、光量もほどほどにあるので期待出来そうです。

今朝のベランダの最低気温はマイナス1.9度でした。明日以降雨や雪の日が多そうなので、庭に寒肥を施しました。日の出が早くなり始めました。

今日のこよみ
日の出    07:04
日の入    17:09
月の出    11:02
月の入    23:52
正午月齢   06.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

バディア交配種紅バラ系?

およそ半年ぶりの登場、ハオルチア属のバディア交配種 (Haworthia mirabilis var badia)です。画像はクリックすると大きくなります。

ハオルチア属バディア交配種

夏場水切れで真っ赤にしてしまいましたが、徐々に赤みが取れてきました。この品種はバディア交配種ということですが、カクタスニシさんのHPを見ると紅バラとうい名前が付いたのによく似ているようです。特に夏場の赤みが出ていた状態はかなり似ているようです。ただ紅バラはダルマタイプと書かれています。我が家のはダルマにしては丸みが無くしかもやや長めな感じですので、紅バラとは違うのかもしれません。そんな交配種ですが、外葉を2枚外して植え付けた時は11枚でした。その後1枚が枯れて10枚になりましたが新芽が2枚出て現在は12枚になっています。また生長点吹きからと1枚外側の2箇所からまた花芽が上がって来ているようです。今年は暖冬の影響で、1週間前まで玉扇が開花していましたので、その影響で花芽が上がって来たのかもしれません。でもようやく寒くなってきたので、花芽は春まであまり生長しないと思われます。この子は我が家での冬越しは初めてですが、半年育てて見て水切れで下葉が簡単には枯れないので、冬場は水やりが厳しめで大丈夫と思われます。ですから玉扇のように1週間に1回程度の水やりで管理しなくても良さそうです。

今日は午前中は小雨が降り午後も曇りで日照はゼロでした。

今日のこよみ
日の出    07:01
日の入    16:49
月の出    13:40
月の入    02:00
正午月齢   09.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

レツーサ丼 その後!

およそ7ヶ月ぶりの登場、ハオルチア属 寿(ことぶき)(Haworthia retusa ハオルチア レツーサ)です!画像はクリックすると大きくなります。画像はクリックすると大きくなります。

レツーサ群生 レツーサ群生

レツーサ丼が完成したと前回の記事で書いていますが、これを見るとちょっと早すぎたかなと反省しています!右の写真のこのドーム状の盛り上がり方こそが丼たるところだと思います。ですからこれをもって完成としておきます!!2014年4月に7号鉢に植え付けた時は鉢の縁より顔が出ていなかったのが、今では7、8cmも盛り上がっています。元々は6株を植え付けているのですが、仔吹きが仔吹きし現在何株つあるのか分かりません。ただ大きめの株の下に潜り込まされてしまったような株は枯れやすくなってきますので、暖かくなればバラした方がいいかもしれません。レツーサは単頭で大きくしようとしても直ぐに仔吹きし群生してしまうので、もう単頭では植え付けないことにしました。

以降のレツーサの管理、育て方ですが、このまま5月初め頃までは直射光下に置き、長い日照時間を与えます。断水期間が長いと下葉が傷みやすくなるので、1年を通じて1週間から10日間に1回程度軽めの水やりをしています。厳冬期は土の乾き具合を見ながら2週間に1回程度の水やりになるときもあります。春以降、最高気温が30度を超えた当たりから、50%程度の遮光下に置き管理します。ハオルチアも複雑な交配種が多いので遮光率は品種によりかなり異なりますので、要注意です。

今朝は霜が降りて北側の屋根が真っ白になるほど気温が下がったようです。ですが日中は気温が上がり18度を超えました。屋根の無い屋外においている耐寒性の低い品種はそろそろ軒下に移動させた方がいいようです。先月29日と30日は投稿してもブログ村に自動反映されなかった(ですので手動でpingを送っていました)のですが、昨日からは直ったようです。

今日のこよみ
日の出    06:47
日の入    16:45
月の出    23:02
月の入    11:32
正午月齢   20.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

玉扇錦

およそ4ヶ月ぶりの登場、ハオルチア属 玉扇錦(Haworthia truncata cv.)です。我が家の中では高級多肉の1つですが、頂き物です!前回紹介時よりはそれぞれ1、2枚葉が増えてさらにボリュームが出て来ていました。画像はクリックすると大きくなります。

玉扇錦 玉扇錦

仔吹き4ヶの内2ヶには良斑が入っています。ただ見て分かる通り、どちらも葉緑素が少なく株分けしてうまく育つかが疑問です。特に右の苗は全斑ですので、たぶん無理です。親や残りの仔吹きにも側面に少しでも斑が入ればこの鉢もなんとか見栄えがするのですが、いかんせん写真の仔吹き以外はほぼただの玉扇状態です。前回紹介した時は花芽が上がって来ていましたが、すべて途中でカットしました。全部で5本上がって来ていました。この玉扇錦を頂いてからいくつか玉扇は購入しましたし、同じハオルチアの寿、ツルギダ系、バディア交配種などにも手を出しましたが、やはり花がしょぼいのと、品種ごとにかなり遮光率が異なり我が家では栽培しにくいなどで、最近はあまり手をかけなくなってきましたので、全体的には徒長気味になっています。ハオルチアはこの玉扇錦とバディア交配種の2鉢だけにするかな?!

朝は4度台まで下がっていましたが、日中は良く晴れて気温も上がりました。先月裏庭の雑草抜きをしたのですが、また新たにそこらじゅうからスミレの新芽が出てきていましたので、抜きました。明日からは松の剪定を始める予定です。

今日のこよみ
日の出    06:43
日の入    16:46
月の出    19:14
月の入    08:33
正午月齢   16.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た玉扇錦

およそ6ヶ月半ぶりの登場、ハオルチア属 玉扇錦(Haworthia truncata cv.)です。我が家の中では高級多肉の1つですが、頂き物です!この子は2010年7月に我が家に来ました。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た玉扇錦

来たときは2.5号鉢が大きく見えるほど小さな株でしたが、4号鉢でも十分見栄えのする群生になってくれました。親株の斑は切れましたが、4つの仔吹きの内2ヶには見事な斑が入ってくれています。斑入りの1つのはこの写真の裏側に出ていますほぼ全斑のものです。前回とあまり変化が無いので割愛しました。手前の良斑の仔吹きは葉数も増えましたし良い感じで葉緑素も出てきていますので、かなり期待出来そうです。そしてこの株の後ろ側から出てきているもう1つの仔吹きも前回はまだ一枚しか葉が出ていませんでしたが、5枚にまで増えました。そのためよりいっそう手前の良斑の仔吹きが手前に傾いて来ましたので、そろそろ外した方が良さそうです。そして親株や仔吹きからも花芽が上がって来ました。写真でも4本までは確認出来ます。手前の斑入りからも花芽が上がって来ていますので他の玉扇と交配出来ればいいのですが、先日花芽を摘んでしまったので、お相手がいません、残念!

玉扇や玉扇錦の管理、育て方ですが、日焼けしないギリギリの遮光下に置き、長い日照時間を与えます。品種により、夏場の遮光率がかなり異なりますので、一概に何%の遮光とは言えません。ちなみにこの玉扇は盛夏の時期は35%ぐらいが必要ですが、それ以外はほとんど遮光は入りません。また遮光が強すぎると日照時間をかなり長くないと徒長し易いのはどの品種も同じですので、要注意です。水やりは1年を通じて週に一回程度与えています。またハオルチアは直根性が強いので、なるべく深い鉢に植え付けます。鉢底から根が出て来ると、高温にも低温にも耐えられなくなります。また根は3年ほどしか寿命が無いので、植え替え時に外側の葉を1、2枚ずつ外して新しい根の発根を促すようにします。

今日も気温が上がり気象庁発表でも37.3度でした。ここ10日間の最高気温の平均は36.5度とかなり高く、また平均湿度も65%と高いので、ここ10年間では最も蒸し暑いと言えます!湿度があると言っても水切れさせるとあっという間に日焼けしますので、3号鉢以下は要注意です!朝顔や2013年夏実生の帝玉もいくつか葉焼けさせてしまいました!日焼けや葉焼けをささないためには鉢に水やりして鉢内温度を下げることは最も有効ですが、ここまで気温が高いと水やりだけでは焼けてしまう場合も有り、葉にもたっぷり水やりして葉の温度を下げることも必要なようです!!

今日のこよみ
日の出    05:08
日の入    18:58
月の出    21:31
月の入    09:08
正午月齢   19.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア