生長した2016年実生の白花黄紫勲

およそ2ヶ月ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の2016年の実生苗です。画像はクリックすると大きくなります。

生長した実生の白花黄紫勲 生長した実生の白花黄紫勲

どちらも結構生長していました。特に左の写真の苗は隣とぶつかり合うまでになっているのもあり、3月に植え替えたばかりですが、もう一度植え替えた方が良さそうです。右は元々小さかったのと、数も少なかった事もあり秋までは問題無さそうです。2015年は実生していないので、なるべく大きくして秋に開花するのが出て来て欲しいですが、まだ少し無理そうです?!

4輪目まで開花した巻絹

こちらは21日から開花が始まった、センペルビブム属 巻絹(Sempervivum arachnoideum)くんですが4輪目まで開花していました。天気が悪いので4輪目は全開になっていませんが、良いペースで開花してくれています。

今日は朝から雨が降った止んだりの天気で日照は全くありませんでした。気温も低くちょっと肌寒かったです。地震で転倒したり落ちた鉢は一応全て植え替えました。また先日紹介した竜王丸がなんと半開していました!日の出が遅くなり始めました。

今日のこよみ
日の出    04:44
日の入    19:15
月の出    14:37
月の入    01:28
正午月齢   09.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽の予兆?グローエンドライエンシス

およそ4ヶ月ぶりの登場、曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスですが、合着部が少し開き始めました!画像はクリックすると大きくなります。

口が開き始めたグローエンドライエンシス

曲玉系の開花時期は夏ですので、これは花芽の予兆とみて良いでしょう!ただ我が家のグローエンドライエンシスは7月に花芽が上がって来ても、開花が9月になる事もしばしばなので、その年の夏の気温に左右されるようです。今年の夏はかなり暑くなる予報ですので、開花はかなり遅くなるかもしれません。でも7月の中頃に花芽が膨らんだりすると7月中に開花することもあるので、今後はわりと登場してくれるかもしれません!脱皮後も大変順調なようで大きさも48mm*36mmになっていて次の脱皮ではまた分頭してくれるかもしれませんねぇ?!!

脱皮後生長したトップレッドと日輪玉

こちらは先日植え替えたトップレッドと日輪玉です。しっかり根も張ったようですし、脱皮後の生長もいいようです。

先端が綻び始めた翠晃冠

こちらはおよそ1ヶ月ぶりの登場、ギムノカリキウム属 翠晃冠(スイコウカン Gymnocalycium anisitsii)くんです。夕方見たら花芽の先端が綻んでいました。明日天気が良ければ間違いなく開花しますが、予報では雨から曇りですので、開花は水曜日ぐらいになると思われます。

昨日水やり出来なかったリトープスや帝玉に水やりしました。そろそろサボタニの種まきをしないといけませんねぇ!

今日のこよみ
日の出    04:43
日の入    19:13
月の出    08:15
月の入    22:24
正午月齢   03.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

脱皮順調?黄鳴弦玉

およそぶりの登場、柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調黄鳴弦玉 脱皮順調黄鳴弦玉

前回8頭立てが1頭が枯れて、6頭立てと単頭に分かれ、そして脱皮が始まったことをお伝えしました。しかし吸水したものの発根していないにの脱皮は上手くいかないだろうと思っていたのですが、その後けっこう順調にいっているようです。ただ6頭立ての1頭がまた縮んでしまって枯れてしまいましたので、5頭立てになっています。

脱皮順調黄鳴弦玉

また外れて単頭になった方も新芽がだいぶ見えてきましたので、脱皮は上手くいっているようです。ですがどちらも脱皮完了後に発根してくれないと結局は生長できず、今までと同じ状態になるので、なんとか発根させたいのですが、どうでしょうか?それともまた発根しないまま1年を過ごすのでしょうか??

午前中は雨で午後からはほぼ止みましたが、日照はありませんでした。気温は22度までしか上がらずけっこう肌寒い1日でした。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:12
月の出    06:02
月の入    20:37
正午月齢   01.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

2頭が外れて6頭立てになったけど脱皮が始まった黄鳴弦玉

2週間ぶりの登場、柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。画像はクリックすると大きくなります。

2頭が外れて6頭立てになった黄鳴弦玉 脱皮が始まった黄鳴弦玉

前回発根していないけど水を吸い上げられるようになってきてシワが取れ、膨らんできた事をお伝えしました。そして2週間経ちましたので、根の確認をしたところ、2頭がぽろっと外れてしまいました。1頭は株元が凹みしかも柔らかくなっていたのでもう駄目でしょう。そしてもう1頭はなんと右の写真の様に脱皮が始まっていました。でも白花黄紫勲でも根の無い株が脱皮を始めましたが、途中で枯れてしまいましたので、この株も最後まで脱皮出来るかどうかは分かりません。左の6頭立ての膨らんできていないのはもしかしたら右の苗のように脱皮を始めるのかもしれませんねぇ?!とにかく1頭でも良いので脱皮をして、かつ発根してくれれば嬉しいのですが、どうでしょうか?

今日もお昼過ぎまで雨が降ったり止んだりでした。また夕方過ぎからは強い雷雨になりました。雨のない時間帯もありましたが、日照はありませんでした。エケベリアやグラプト系の多肉が日照不足で伸び始めました。

今日のこよみ
日の出    04:45
日の入    19:05
月の出    20:28
月の入    05:57
正午月齢   15.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

分頭多すぎ実生白花黄紫勲

3週間ぶりの登場、大津絵系(オオツエケイ)の大津絵(オオツエ Lithops otzeniana Nel) です。画像はクリックすると大きくなります。

分頭していた大津絵 分頭していた大津絵

前回は大きい分頭株の脱皮が始まった事をお伝えしました。それからだいぶ脱皮も進み、なんと4時の方向の分頭株の大きい方が分頭、また11時の方向の分頭株の1頭も分頭している事が分かりました。4時の方向の株は左の写真でも分頭しているのがはっきり分かります。上の分頭株はかりにくいですが、右の様に寄ってみると分頭しているのが分かります。大きい方の分頭株は2頭ともそれほど大きさは変わりませんので、もしかしたら8時の方向の株も分頭しているかも?しれませんねぇ?!そうすると4頭立てと3頭立てになりますのでけっこう見栄えもよくなりそうです!

分頭多すぎ実生白花黄紫勲

こちらは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の実生苗です。写真で見て分かる様にタイトル通りで、開花株はすべて分頭しました。また未開花株も多くが分頭し、103株中72株が分頭株になっていました。まさかまだ小さい苗も多かったのにこれだけ分頭するとは思ってもいませんでした。開花株はいいですが、未開花株が分頭して小さくなってしまうとまた開花が遅れるので、あまり嬉しくはありません。

今日は朝から良く晴れ気温も29度台まで上がっていました。湿度も低くもう乾燥注意報が出ていました。このところの寒暖差の影響か先日の強い雨の影響かは分かりませんが、ミカンの新芽のほとんどがフニャっとなってしまいました。昨年葉は大丈夫なのでちょっと原因が分かりません。

今日のこよみ
日の出    04:50
日の入    18:58
月の出    10:29
月の入    --:--
正午月齢   05.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

復活し始めた?黄鳴弦玉

およそ7ヶ月ぶりの登場、柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。画像はクリックすると大きくなります。

水を吸い上げふっくらし始めた黄鳴弦玉 水を吸い上げふっくらし始めた黄鳴弦玉

1年前に根が枯れてしまい、その後発根せずずっと干からびた状態だったのですが、3月にまた木質化した根を切り戻し、ずっと腰水で管理してきました。半ばあきらめて1階軒下の棚奥に放置しておいたところ、外側の4頭が少し水を吸い上げ側面のシワもだいぶ無くなり色も少し緑色が出てきていました。そして頂面の色もだいぶ生気のある色になってきていました。この黄鳴弦玉は8頭立てですので、まだ残り4頭は変化が見られませんが、外側から戻りつつあるので、もうしばらくすればすべて復活してくれるかもしれません?!ただそっと株を持ち上げてみましたが、発根は確認出来ませんでしたので、根元から水を吸い上げられているのかは疑問です。また発根して水を吸い上げられ全ての株がふっくらとしても脱皮を始めてくれないといけません。過去に脱皮せずに過ごした株が3株ほどありますが、すべて真夏に溶けましたので、これからが本当に復活できるのか?と言うことになります!!もし丸1年時間が止まっていたとすると昨年の脱皮直後のままですので、何事もなく生長してくれるかもしれませんが、どうでしょうか?

開花が始まった短毛丸

こちらは久しぶりの登場、エキノプシス属 短毛丸(たんげまる Echinopsis eyriesii)くんです。2株で3輪の開花が始まりました。たぶんこの記事を書いている時間にはしっかりと開いていると思います!!

今日も気温が上がりました。先日までとは違い湿度は大変高く蒸し暑かったです。さすがに暑くてエアコン入れました!

今日のこよみ
日の出    04:52
日の入    18:55
月の出    06:24
月の入    20:46
正午月齢   01.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ダブネリーの採種

5日ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)の7頭立て株です。画像はクリックすると大きくなります。

7頭立てになったダブネリー ダブネリー採種

前回2株が分頭して5頭立てから7頭立てになった事をお伝えしましたが、その時そろそろ採種しても良さそうですとも書いていました。本日左の写真の中央の一番小さな鞘と手前のその次に小さな鞘を外しました。どちらの鞘も6室のようでダブネリーの特徴に合致しています。

ダブネリー採種 ダブネリー採種

外した鞘に水を注げばあっという間に鞘が開き種子がこぼれ出て来ました。さらに水を注げば種子が水の中に次々と沈んで行きました。1,2分後鞘を水の中でよく振って全ての種子を出しました。良く充実した鞘は1鞘で200以上の種子が入っていますが、この2鞘は小さな事もあり2鞘で200ほどでした。上の写真では分かり辛いですが種子は淡い色で斑点があり、シワもありますのでこれもダブネリーの特徴に合致します。
ただ問題は種子の特徴ではなく自家受粉なのか交雑したのかということです。ダブネリーが開花した時は単頭の日輪玉しか開花していませんので、交雑したとしても日輪玉と交配種になります。まあ蒔いて見ないことには分かりませんし、ダブネリーの特徴が良く出た苗も出てくる可能性はかなりありますので、兎に角全部蒔いてみることにします。

今日も雨が降ったり止んだりで日照はありませんでした。多彩玉が予想通り本日9輪目までが開花しました!

今日のこよみ
日の出    05:00
日の入    18:48
月の出    00:47
月の入    11:26
正午月齢   22.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

7頭立てになったダブネリーと脱皮が始まった大津絵など!

およそ5週間ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)の5頭立て株です。画像はクリックすると大きくなります。

7頭立てになったダブネリー 7頭立てになったダブネリー

脱皮開始直後に左の写真の様に1頭が分頭して6頭立てになる事は分かっていました。そして前回白花黄紫勲も5頭から6頭立てになったとお伝えしましたが、なんと本日見たら右の写真の様にもう1頭が分頭して、ダブネリーは7頭立てになりました!ダブネリーは1頭がだいぶ大きくなっていましたので、分頭しても各々が結構大きいので安心です。それと結実がだいぶ干からびてきていますので、そろそろ収穫出来そうです。

6頭立てになった白花黄紫勲 脱皮が始まった大津絵

こちらは6頭立てになった紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)と大津絵系(オオツエケイ)の大津絵(オオツエ Lithops otzeniana Nel) です。白花黄紫勲は脱皮もあっという間に終わってしまっていました。ただ結実した1鞘はまだかなり青いので、収穫はまだ時間がかかりそうです。大津絵は手前の小ぶりな分頭株は4月6日ごろから脱皮が始まりましたが、上の大きめの分頭株はようやく脱皮が始まったようです。ですがこれで全てのリトープスの脱皮が始まりました。まあ上のダブネリーやこの大津絵はまだバンバン水やりすることは出来ませんが、ほぼ脱皮が終了した株はしっかりと水やりして新芽を十分生長させます!

昨日の雨は30mmほど降ったようで、庭には結構水が入っていました。でも葉が生い茂った鉢植えなどは大して水が入っていなかったので結局朝から水やりしました!金鈴の1鞘を収穫しましたが、もの凄く小さな種でした。未熟なのかもしれませんがとりあえず蒔くことにします。残りの2鞘は1ヶ月ほど待ってから収穫することにしました。

今日のこよみ
日の出    05:05
日の入    18:44
月の出    21:43
月の入    07:18
正午月齢   17.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

分頭していた李夫人と6頭立てになった白花黄紫勲

4日ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の李夫人(リフジン Lithops salicola C320)です。画像はクリックすると大きくなります。

分頭していた李夫人 分頭していた李夫人

前回新芽の色がおかしいと記事にしましたが、本日見たらなんと2株とも分頭していました。左の写真の株はサムネイルでも2頭目が見えていますのではっきり分かります。右の写真の徒長した苗の方も手前やや右側に新芽が少し見えていますので、やはり分頭しているようです。李夫人のノーマルは中型種なので割と大きくなりますが、分頭し易いタイプは余り大きくならないようなのです。我が家のこの株もそれほど大きくないのに分頭し始めましたので、2~3cmぐらいにしかならないタイプかもしれません。

6頭立てになった白花黄紫勲

先月末から脱皮が始まった、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の5頭立てですが、9時方向の1頭が分頭しているようです。ですのでダブネリーと同じ6頭立てになりました!2株は結実も大きくかなり種が入っていそうですが、残りの2株は少しだけ、1株は結実しなかったようです。白花黄紫勲は100株以上ありますが、需要がけっこうあるので、今年も蒔くつもりです。

今日は予想よりは気温は上がらず28度台でした。ただ湿度は25%程度まで下がり鉢土は直ぐに乾きますので、朝から多くの鉢に水やりしました。アマドコロやスズラン、照波が開花していました。

今日のこよみ
日の出    05:17
日の入    18:35
月の出    10:28
月の入    --:--
正午月齢   06.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽の色が少しおかしい李夫人など!

およそ2週間ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の李夫人(リフジン Lithops salicola C320)と、大津絵系(オオツエケイ)の大津絵(オオツエ Lithops otzeniana Nel) です。右の写真は4月6日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

新芽の色が少しおかしい李夫人 脱皮が始まった李夫人

前回はまだ左の苗の新芽がよく見えていませんでしたが、なんか色がおかしいですねぇ!かなり茶色っぽく見えます。以前開花出来なかった花芽が新芽に融着してしまって真茶色になったことがありますが、こんなに全体的に着くことはあまり考えられないので、何か他の原因がありそうです。それと右の苗もやや茶褐色が縁に混ざっているようですので、こちらも気になるところです。ダニなどの被害でなければ良いのですが、開花していない苗ですし、ダニの被害にあったとしてもこんなに早く症状が出るはずはありません。ですから新芽がもっとはっきり出るまではなんとも言えませんが、かなり気になるところです!

脱皮順調大津絵 脱皮順調大津絵

こちらは大津絵です。前回は一番小さな苗の脱皮が始まったところでしたが、隣の大きめの苗も脱皮が始まり新芽がはっきりと見えてきました。こちらは両方とも新芽の色が鮮やかで安心出来るものです。

脱皮終了実生白花黄紫勲 ほぼ脱皮終了2016年の実生苗

こちらは3月3日に植え替えた紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の2016年の実生苗です。右の写真は4月12日のものです。前回はまだ旧皮が見えていましたが、ほぼ見えなくなり完全に脱皮が終了しました。また前回よりも大きくなっている苗もあり、新芽も生長し始めたようです。もう1つのポットもほぼ同じぐらいですので、2016年の苗は真夏になるまで十分に陽に当て水やりもしっかり行い生長させます。

今日は午後からは陽射しもあり。また気温も20度を超えましたので久しぶりに帝玉が開花していました。またかなり小さな苗にも花芽が上がって来ているのが有り、開花株数は130を超えそうです。

今日のこよみ
日の出    05:22
日の入    18:32
月の出    06:59
月の入    20:48
正午月齢   02.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
フリーエリア