分頭し始めた実生白花黄紫勲

およそ1ヶ月ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の実生苗です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調実生白花黄紫勲 分頭していた実生白花黄紫勲

左の写真のように、開花していない苗は順調に脱皮を始めています。開花したこの苗も花がらを寄せてみると新芽がはっきり見えましたので、まもなく脱皮を始めるでしょう?!そして左のポットの左上の苗をよく見るとなんと分頭しているようです。今までこのサイズで分頭したことは無かったのでちょっと驚きました。そして他の苗も探していみると、右の写真の苗も分頭していました。しかもけっこうはっきりと分かるまでなっています。今までもそうですが、開花した苗より開花しなかった苗の方が分頭が早い気がします。たぶん花芽がもう1頭になるためだと思われます。

今日も良く晴れて気温も上がりました。ベランダで白花黄紫勲の分頭苗を探していたら、けっこう汗かいてしまいました。

今日のこよみ
日の出    06:42
日の入    17:40
月の出    06:54
月の入    17:59
正午月齢   00.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

脱皮中の摩利玉と紫李夫人

およそ3週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮中の摩利玉

前回より新芽が大きく見えてきていますが、ややスピードは遅くなってきている感じもします。厳しい冷え込みが続き水やりもほとんどしていないのでその辺も影響しているかと思います。脱皮中水やりしない方が良いと言われていますが、私はそうは思いません。脱皮中は古葉から新芽へ体液を移動させているのですが、その移動にもエネルギーが必要です。そのエネルギーは光合成によって作られるわけですから、必ず水が必要になるのです。したがって極度の断水はしない方が脱皮は早く終わると思います。また脱皮中の水やりは2重脱皮の原因になるとも言われていますが、今まで一度も2重脱皮したこともありません。と言うことで今日は天気も良かったので、鉢底から下1/3を水に浸ける軽めの水やりをしました!

紫李夫人

こちらはおよそ3ヶ月ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の紫李夫人(ムラサキリフジン Lithops salicola "Bacchus")です。昨年までの花がらと違ってあまり干からびていません。特に左側の苗はもしかしたら少し結実しているっぽくも見えます。同じ鉢の日輪玉はとっくに花は終わっていましたし、トップレッドや白花黄紫勲とはかなり離していましたので、受粉する可能性は少ないと思うのですが、どうでしょうか?!風によるものではなく虫ならば可能性はもちろんあるのですが、11月の終わり頃ですので、虫の可能性も少ないと思います。

今朝は冷え込みマイナス4.4度まで下がりました。日中は良く晴れて気温も上がり10度を超えていました。内裏玉が6輪目まで開花していました!

今日のこよみ
日の出    06:44
日の入    17:38
月の出    05:36
月の入    16:07
正午月齢   28.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

脱皮が始まったグローエンドライエンシス

およそ2ヶ月ぶりの登場、曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスですが、脱皮が始まっていました。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮が始まったグローエンドライエンシス

グローエンドライエンシスは自家受粉してくれるのを毎度期待しているのですが、このように花がらが完全に干からびてしまい結実はしてくれません。そのため花がらに邪魔されず、脱皮を始めれば直ぐに分かります。昨年は2月5日に脱皮開始の記事を書いていますが、今回は昨年より脱皮が進んだ状態ですので、ほぼ同じぐらいの脱皮開始と思われます。脱皮の開始時期は開花時期の早い品種から始まり、同じ品種の場合開花していないもの、開花しても結実しなかったものから始まり易いです。ですから我が家では開花時期の最も早いグローエンドライエンシスから始まり、黄花系、白花系となるのが一般的です。ただし開花していない小さな実生苗はかなり早めです。我が家でも昨年末から実生の白花黄紫勲の未開花苗がやはり脱皮を開始しました。我が家で脱皮が本格的になるのは3月に入ってからですので、大きな分と株などはもう少し先になります!

今日は少し冷え込みマイナス2度まで下がりました。日中気温は上がりませんでしたが、日照は十分ありました。内裏玉の2輪目が開花しました!でもぐるりと花輪が出来るのにはかなり時間がかかりそうです!

今日のこよみ
日の出    06:47
日の入    17:36
月の出    04:06
月の入    14:24
正午月齢   26.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

発根しない白花黄紫勲ともしかしたら結実した?トップレッドSS

久しぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。画像はクリックすると大きくなります。

発根しない白花黄紫勲 発根しない白花黄紫勲

昨年脱皮後鉢をひっくり返した時にたまたま根が無い苗があり別管理してきました。しかしその後も全く発根せず、こんな状態を保っています。生長はしていないので大きさは他の苗の半分強ぐらいですが、シワシワになったりもせず用土に植え付けていれば全く根が無い苗とは思えないぐらいです。しかも合着面が少し開いて来ているみたいですので、もしかしたらこんな状態で脱皮を始めようとしているのかもしれません。水挿しにしたり、湿らせた用土に植え付けたりと色々してきたのですが、未だこんな状態です。どうしたら発根してくれるのでしょうか?!

花がらがあまり縮まないトップレッド

こちらは花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。昨年11月末まで開花していましたが、その花がらは余り縮まず、未だにこんな状態です。もしかしたら少し結実しているのかもしれません。相手となると紫李夫人や実生の白花黄紫勲とも開花が少し重なっていますので、可能性はあります。ただ実生の白花黄紫勲は鉢がかなり離れているので、もしかしたら紫李夫人かもしれませんねぇ!でも紫李夫人は花がらは完全に枯れてしまって結実している可能性はないみたいです。

今日はほどほどに日照がありました。冷え込みは強くなかったですが、日中は余り気温が上がりませんでした。デスクトップオーディオのレイアウトを変更しました。

今日のこよみ
日の出    06:55
日の入    17:27
月の出    20:33
月の入    08:41
正午月齢   17.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

脱皮中の摩利玉とダブネリー

およそ3週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調摩利玉

前回は写真を見比べないと分からないぐらいの変化でしたが、今回は少し開きが大きくなって新芽がよく見えているのが分かります。ただ白花黄紫勲もそうですが、防寒対応していないベランダ直置きでは、この時期の脱皮の進行はかなりゆっくりです。手前2ヶは脱皮の株より小ぶりなので、本来なら先に脱皮を開始しても良いはずですが、まだ口も開いていません。

摩利玉の自生地は南アフリカ共和国の自由州。ポスホフの西部、キンバリーの西部の低い丘の南西側斜面や草むらや小低木の間だそうです。降水量も割とある地域ですので白花黄紫勲同様大変育てやすい品種です。

ダブネリー

こちらは富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)の5頭立て苗です。やはり完全に結実しているようです。リトープスの結実の採種は開花から半年ほど経ってからで、このダブネリーなら3月の終わり頃から採種可能です。ただその時期だとまだ脱皮が完全に終わっていなくて、蒴果を切り離しいにくいので、脱皮終了後の5月の終わり頃ぐらいが採種しやすいです。

昨年末のe-onkyo musicのハイレゾ史上最大級のキャンペーンのアンケートでヘッドフォンが当たり、送られてきました!年明けからついています!!ウォークマンとワイヤレスでも使えるので便利です!

今日のこよみ
日の出    07:03
日の入    17:13
月の出    08:54
月の入    20:06
正午月齢   03.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

グローエンドライエンシスと大津絵

およそ4ヶ月ぶりの登場、曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスです。画像はクリックすると大きくなります。

グローエンドライエンシス

花が終わってい以降特に変化も無かったので、久しぶりの登場になりました。今年はダニの被害もなく大変綺麗な肌でこの時期ですのでもうほとんど心配はありません。あとは早めに脱皮を始めてくれるのを待つばかりです。昨年は2月の初め頃から脱皮が始めましたので、今月中には始まってほしいものです!!

大津絵

こちらはおよそ3週間ぶりの登場、大津絵系(オオツエケイ)の大津絵(オオツエ Lithops otzeniana Nel) です。やはり結実していないようです。昨年は最も脱皮が遅く4月頃から始まりましたが、今年はもう少し早く始まって欲しいですねぇ!それと左の分頭苗はどちらも結構大きいですので、今年は分頭してほしいものです!まあ6頭立てになってもスペースは十分にありますし、昨年植え替えたので、あと2年ぐらいは植え替えません。

今朝は雪が少し積もっていました。そのため気温はそれほど下がらず、ベランダの最低気温はマイナス0.8度でした。ただ日照は全く無く日中の気温も3度までしか上がらず、かなり寒かったです!

今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    17:07
月の出    04:30
月の入    14:56
正午月齢   26.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

結実した分頭白花黄紫勲と結実しなかった大津絵

久しぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)分頭苗です。画像はクリックすると大きくなります。

結実した白花黄紫勲

実生苗の白花黄紫勲と交配させた所、結実したようです。ただ小さい方の苗は結実も小さく100粒も無さそうです。よくて50~70ぐらいでしょうか?!まあ白花黄紫勲は5頭立てもいますし、実生の開花苗も40本以上になりましたので、もうあまり必要ではありませんが、毎年10株ずつぐらいが開花株になるようなペースで増やそうかなと思っています。

結実しなかった大津絵

こちらは大津絵系(オオツエケイ)の大津絵(オオツエ Lithops otzeniana Nel) です。最も結実させたかった品種ですが、結実しませんでした。分頭苗同士が開花したのは10月31日の1日しかなく、しかも片方は初日と言うこともありさすがに厳しかったようです。それと開花日数が3日ほどしか無い花も有り、花芽の上がりがきっちり揃っていないと難しいようです。来年は期待したいです!

花芽が上がって来た雨ざらしの実生帝玉

こちらは屋外雨ざらしの帝玉です。前回1株に花芽が上がって来た事をお伝えしましたが、さらに2株にも花芽が上がって来ました。中央ゥやや左の株も花芽を上げられるサイズですが、古葉を隣の株に抑えられて、新芽が生長出来ず花芽も上がって来れないようです。

今日で大掃除も終了、お節の準備も出来ましたので、明日はゆっくりしたいと思います!!

今日のこよみ
日の出    07:04
日の入    16:55
月の出    14:29
月の入    03:20
正午月齢   11.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

結実した日輪玉と脱皮中の摩利玉その後

およそ1ヶ月ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。画像はクリックすると大きくなります。

結実した日輪玉 結実した日輪玉

前回の記事で右の分頭苗が結実した事をお伝えしましたが、どうやら左の単頭苗も結実しているようです。右の分頭苗ほど膨らんではいませんが、数十個程度は入っていそうな膨らみ方です。問題は種子数ではなく相手です。ダブネリーの結実でも書いていますが、この単頭苗が開花したときはダブネリーしか開花していません。ですからこの単頭苗が結実したと言うことはダブネリーと交配してしまった可能性が非常に高くなったと言うことです。鉢は別ですし、1m以上離れておいていたので、風で交配するのはけっこう難しいはずです。ですから虫が相互に花粉を運んでしまったようです。交雑種には興味はないですが、どんな顔した苗が出てくるのか少しは見てみたい気もしますので、種がちゃんとできていれば来年蒔いてみることにしましょう!

脱皮中の摩利玉

こちらはおよそ3週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)です。前回よりやや口が開いている感じはありますが、写真で見比べないと分からない程度の進み具合です。まあこんな時期ですから、冬の終わりぐらいまでかかるかもしれませんねぇ!

今日は朝から黒谷さんに行ってお墓の掃除をしてきました。日照はほとんど無くしかも気温は6度までしか上がらずかなり寒かったです。

今日のこよみ
日の出    07:04
日の入    16:54
月の出    13:46
月の入    02:13
正午月齢   10.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

凹んだり膨らんだりを繰り返す李夫人

およそ1ヶ月半ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の李夫人(リフジン Lithops salicola C320)です。画像はクリックすると大きくなります。

凹んだり膨らんだりを繰り返す李夫人

右の苗が植え替えて直ぐに頂面が凹んでしまい、その後水やりで復活。しかし以降も凹んだり膨らんだりを繰り替えしています。根がおかしいのなら膨らむことは無いと思うのですが、よく分かりません。今回また凹んだので水やりしたのですが、もしなかなか膨らまない様なら抜いて確認した方が良さそうです。

李夫人の自生地は南アフリカ共和国、自由州 ファウルスミス地区、ローズマリー農場内の塩田内だそうです。南緯29度、標高1300mぐらいのところです。年間降水量は550mmで主に夏に降りますが、真冬でも月に2~4日、1日4~5mm程度降水があるようです。平均最高気温は17~31度、平均最低気温は-2~15度程度のようです。ただし39度まで上がることや-10度まで下がることもあるので、耐暑性も耐寒性もあるように思えます。

日中は良く晴れ、穏やかで昨日よりはかなり過ごし易かったです。午後から松の剪定を行いました。

今日のこよみ
日の出    06:54
日の入    16:46
月の出    --:--
月の入    12:13
正午月齢   21.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

また脱皮が始まった摩利玉

5日ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮が始まった摩利玉 脱皮順調摩利玉

前回は右の写真の株の季節外れの脱皮が始まった事をお伝えしましたが、今回は左の一回り小さな株の脱皮が始まりました。サムネイルでも新芽がはっきり分かります。この鉢には4株植え付けていますが、もう1株もなんとなく口が開きそうな感じにも見えますので、もしかしたら脱皮が始まるかもしれません。2株ならたまたまと言うこともあると思いますが、もう1株続けて脱皮が始まれば、偶然とはいいがたくなります。するとこの子はもしかして紅大内玉と同じで冬咲きなのかも?なんて考えたりもしますが、どうでしょうか?!様子を見守りたいと思います。

口が開いてきた実生白花黄紫勲

こちらは白花黄紫勲です。この子も口が開いてきていますが、中は全く見えません。この子は脱皮ではない気がしますが、どうでしょうか?!この子も観察を続けようと思います!

今日もほぼ快晴で日照は十分にありました。朝は割と冷え込み1度台まで下がりました。庭木の剪定も松以外は全て終わりました。

今日のこよみ
日の出    06:48
日の入    16:45
月の出    16:44
月の入    05:45
正午月齢   14.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア