花芽膨らむ桃美人

およそ2ヶ月ぶりの登場、パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ桃美人 花芽膨らむ桃美人

苞葉や蕾の数が増え、花軸も伸びてだいぶ茎から離れ始めましたので、ちょっと離れてもしっかりと見える様になってきました。でも開花時には花軸は10cm以上にはなりますので、開花はまだだいぶ先です。

3輪目の花芽が上がって来た桃美人

そして右の写真の花芽の反対側から3本目の花芽が上がって来ていました。こちらは年末頃から上がって来ていたぐらいのサイズですので、先の2本に比べると1ヶ月以上遅れています。でもこんなに日照が不足していても、そして気温が低くても花芽を上げて来るのですから大したものです!

桃美人の管理、育て方ですが、直射光下に置き、なるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、水やりを辛めにしないと直ぐに徒長してしまいますが葉が薄く小型になりやすいのでなかなか加減が難しいです。花芽は冬の間もずっと生長し続け、春に花を咲かせます。ですから冬場は休眠などはしませんので、冬の間も完全断水はせず、軽めの水やりを月に1~2回行い花芽を育てます。晩秋まで十分に健康的に育てれば、耐寒性も高くマイナス5度程度はへっちゃらです!このブログでは何度も書いていますが、耐寒性を高めるのは冬場の断水ではありません。晩秋までに十分に健康的に栽培し、体内の濃度を最大限にまで高めることなのです!!

今朝のビニール温室内の最低気温はマイナス3.2度でこの冬一番の冷え込みとなりました。日中も気温が上がらずかなり寒かったです。明日はさらに冷え込むようです。福知山はマイナス11度の予報が出ていましたので、ちょっと驚きました!

今日のこよみ
日の出    07:00
日の入    17:18
月の出    04:29
月の入    14:56
正午月齢   26.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た桃美人と色づいたオーロラ

およそ7ヶ月半ぶりの登場、パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た桃美人 花芽が上がって来た桃美人

平年並みで花芽が上がって来ていました!株もかなり大きくなり、脇芽が6ヶになりました。高さも20cm以上あるので、3.5号素焼き鉢でも軽すぎて直ぐに倒れてしまうほどです。葉の色も僅かにピンク色に染まり始めました。花芽は冬の間もずっと生長し続け、春に花を咲かせます。ですから冬場は休眠などはしませんので、晩秋までは十分に肥料を与え、体力をつけてやります。そして冬の間も完全断水はせず、軽めの水やりを月に1~2回行い花芽を育てます。晩秋まで十分に太陽に当てて健康に育てた株の耐寒性は大変高く、この冬の大寒波でも平気でした。

色づいたセダム属オーロラ

こちらは久しぶりの登場、セダム属 オーロラ(虹の玉錦)(Sedum rubrotinctum'Aurora')の葉挿し苗です。緑だった葉も綺麗に色づいてきました。今年はほとんど門柱の上に出しっぱなしでしたが、寒さ暑さにも大変強く見事に育ってくれました。ただ一緒に植えてある白牡丹もそうですが、けっこう茎立ちしてきましたので、春になったら仕立て直しです。

今日はほどほどに日照はありましたが、やはりトップレッドSSも紫李夫人も開花しませんでした。もうベランダでは無理なようです。錦丸と松霞にまたまた結実が上がって来ていました!

今日のこよみ
日の出    06:46
日の入    16:46
月の出    06:59
月の入    17:33
正午月齢   00.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

千代田の松の挿し木

2014年7月に苞葉挿しした、パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。群生していた株を先日ばらして乾燥させていましたが、昨日植え付けました。画像はクリックすると大きくなります。

千代田の松の挿し木 千代田の松の挿し木

右の写真では分かりませんが、どれも発根はしていません。左が植え付けたものです。今回は2号のピートモスポットに植え付けました。ポットそのものに保水力があるので水切れし難く、挿し木に丁度良いです。ただそのままではポットごと乾いてしまうので、2号のビニールポットに入れています。先日挿し木した親株をバラしたのとはだいぶ大きさが小さいですが、密生していたので形はこちらのほうがいいです。ただ仔吹きし易い性質は同じで、こちらもすべて脇芽が出て来ています。

千代田の松の挿し木

こちらは親株をバラして作った挿し木です!8cm角ポットからはみ出していますし、すべて2~4ヶほど脇芽が出ています。また全て開花株ですので、来年も花が楽しめます!同じ程度の株はあと9ポットあります。

千代田の松の管理、育て方ですが、真夏は30~50%程度の遮光下に置きますが、今は直射光下でOKです。またなるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、真夏でも遮光をかなり緩くするか直射光で管理しないと直ぐに徒長してしまいます。水切れさえささなければ、京都の真夏の直射光でも日焼けしませんが、水切れさせたとたん、黄変しますので要注意です。水や肥料が少ないと葉の厚み等が出にくいので、遮光を強めにして、水やりを辛めにするのは良い方法と思いません。千代田の松は気根が出やすいので、挿し木や葉挿しでも直ぐに発根しますので、あまり季節に関係なく行えます。

陽射しが無かったので、今日はお昼休みにプリペットを軽く整えました。陽の当たる部分の生長が早く通行の邪魔になるので、伸びた部分が目立つところだけ時々切っています!

今日のこよみ
日の出    05:38
日の入    18:08
月の出    14:54
月の入    00:36
正午月齢   10.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

切り戻した千代田の松その後!

およそ3週間ぶりの登場、パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。画像はクリックすると大きくなります。

切り戻した千代田の松 切り戻した千代田の松

株元まで大きく切り戻したので、いろんな所からもの凄い数の新芽が出てきていました!表と裏の2枚だけでは分かり難いですが、枝の下側などからも出ていて全てが生長したらまた凄い群生になりそうです。また切り戻したときに既に出ていた脇芽も、3週間前とは比べものにならないほど大きくなっています。やはり十分に陽が当たるようになったのと高い気温で、一気に生長したようです!

千代田の松の挿し木

こちらは外した株です。適当に下葉を落とし挿し木しました。枝が外側に倒れて、脇芽や生長点が上に向き出したので、それをそのまま植え込んでいるので、大変形が悪くなっています。でも発根し根づけば自然と脇芽が出てあっという間に群生すると思います。苞葉挿しの群生もかなり下葉が枯れてきたので、こちらは分解して1株ずつ植え付けた方が良さそうです。

千代田の松の管理、育て方ですが、30~50%程度の遮光下に置き、なるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、遮光をかなり緩くするか直射光で管理しないと直ぐに徒長してしまいます。水切れさえささなければ、京都の真夏の直射光でも日焼けしませんが、水切れさせたとたん、黄変しますので要注意です。水や肥料が少ないと葉の厚み等が出にくいので、遮光を強めにして、水やりを辛めにするのは良い方法と思いません。千代田の松は気根が出やすいので、挿し木や葉挿しでも直ぐに発根しますので、あまり季節に関係なく行えます。

今日も36度を超え猛暑日となりました。午後3時頃から夕立が降りました。短時間ですが10mmほど降ったようです。

今日のこよみ
日の出    05:05
日の入    19:01
月の出    02:21
月の入    16:38
正午月齢   26.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

暴れた千代田の松大株の切り戻し

およそ3ヶ月ぶりの登場、パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)大株です。画像はクリックすると大きくなります。

暴れた千代田の松群生 切り戻した千代田の松

5月中頃の大雨に当たり、花芽ごと傾いてしまいました。花芽は直ぐに切り落としたのですが、元々かなり頭デッカチになっていたので、戻りませんでした。さすがにここまで傾いてしまうと置き場所取り過ぎるので、切り戻すことにしました。右の写真は切り戻したものです。株元から出て来た小さな脇芽を少しだけ残しました。また倒れた茎から気根が出てかなり根を深く張っていたのでけっこう大変でした!1株から沢山脇芽が出てその茎はかなり木質化していましたので、けっこう切るとき固かったです。中央の元の茎は直径3cm近くになっているし、脇芽の茎でも太いのは2cm近いのでちょっと驚きました!

挿し木用の脇芽

こちらは切り取った脇芽です。5cm以下の小さな脇芽は破棄しましたが、それでもこれだけ残りました。下葉もかなり落としましたので、葉挿しも100ヶぐらいは造れますが、葉挿し株も20~30はあるので、すべて破棄しました。
千代田の松は気根が良く出るので、挿し木も簡単です。この時期なら1週間もすれば発芽し根づくと思います。桃美人もかなり乱れているので、近々切り戻す予定です。

今日は朝から小雨が降ったり止んだりで日照はありませんでした。不夜城の開花が始まっていました!

今日のこよみ
日の出    04:52
日の入    19:13
月の出    12:15
月の入    23:57
正午月齢   07.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

千代田の松と桃美人

およそ4ヶ月半ぶりの登場、パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。画像はクリックすると大きくなります。

脇芽と花芽が一斉に出て来た千代田の松

花芽と脇芽が一斉に出て来ました。生長点に近いところから出ていてしかも少し丸みを帯びているのが花芽です。脇芽はやや下側から出て来ています。大寒波の時や雨が続くときは軒下に移動させたりしていますが、ほぼ門柱の上で過ごしています。しっかりと日照時間が取れれば、けっこう雨が入っても徒長すること無くムチムチに育ちます。現在5号鉢ですが全周からはみ出し、直径25cmぐらいになっているので、そろそろばらさないといけないようです。一応この株は1株から脇芽が出てこんな状態になっています!

花芽膨らむ桃美人

こちらはおよそ4ヶ月ぶりの、桃美人(Pachyphytum oviferum)です。花芽もだいぶ伸びて来ましたが、左の方はなんか変に曲がっているようです。それと蕾の数は少なさそうです。こちらは水やりが多いとあっという間に徒長するので、かなり厳しめですが、それでも日照不足が続くと徒長してしまいます。それとあまり水を厳しくすると今度は下葉が痛みますのでなかなか綺麗な形で育てるのが難しい品種です。

今日は気温が上がりましたが、日照はほとんどありませんでした。
まだ小さな苗が多く抜く予定の無かった実生士童の1ポットの苗が突然柔らかくなってきたので抜きました。柔らかくなっていた苗はすべて株元が赤くなってきていましたので破棄しました。まだ5mm以下の小さな苗ですが、大根になりかけているので、殺菌してから1日乾かして様子を見て植え付ける予定です。

今日のこよみ
日の出    05:32
日の入    18:26
月の出    07:40
月の入    21:37
正午月齢   02.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽膨らむ桃美人

およそ1ヶ月ぶりの、ベンケイソウ科パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ桃美人 花芽膨らむ桃美人

花芽もだいぶ膨らんできて遠くから見ても分かる様になってきました。前回の記事で昨年より1ヶ月ほど早く花芽が上がって来たと書いています。実際に花芽の上がりは1ヶ月早いのですが、この状態だと今年2月の初め頃と変わらないぐらいですので、この1ヶ月で半月分以上早く生長しているようです。12月の日照時間は平年並みですが、先月は平年の8割ほどしかありませんでした。ですからあまり生長していないかと思っていましたが、11月以降の気温が高かったのが大きく影響していると思われます。

以降の桃美人の管理、育て方ですが、直射光下に置き、なるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、水やりを辛めにしないと直ぐに徒長してしまいますが葉が薄く小型になりやすいのでなかなか加減が難しいです。晩秋まで十分に健康的に育てれば、耐寒性も高くマイナス5度程度はへっちゃらです!このブログでは何度も書いていますが、耐寒性を高めるのは冬場の断水ではありません。晩秋までに十分に健康的に栽培し、体内の濃度を最大限にまで高めることなのです!!

今日は晴れたり曇ったりの天気でした。日照時間も4時間でほぼ平均でした。気温は上がらず10度を超えたぐらいでかなり肌寒かったです。明日はこの冬一番の冷え込みになりそうです。

今日のこよみ
日の出    06:58
日の入    16:47
月の出    11:04
月の入    22:44
正午月齢   05.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

千代田の松大株!

およそ10ヶ月半ぶりの登場、千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。右の写真は2012年3月のものです。画像はクリックすると大きくなります。

巨大になった千代田の松 新芽が出てきたパキフィツム属 千代田の松

2012年1月31日に購入した百均の小さな1株が、3年10ヶ月で5号鉢がこんなに小さく見えるほどの巨大な株にまで生長しました。この株は1株で脇芽が出てこれだけのボリュウムになっています。何個脇芽が出ているかは分かりませんが、毎年3、4ヶ以上は出ていると思います。高さもかなり出て来ていますし、何より鉢をもつとかなり重さがあります。

苞葉挿しの千代田の松と朧月

こちらは2014年7月に苞葉挿しのものです。元々朧月3株を植え付けた鉢の周囲に苞葉を10枚ほどばらまいて置いたのが、こんなになりました。苞葉とは花軸に着いている葉っぱのようなものです。ただ苞葉は葉と少し形が違うので、苞葉挿しの新芽もやや丸みを帯びていてかつコンパクトです。でも私はこちらの方が可愛い気もします。千代田の松は葉挿しも100%成功しますし、苞葉挿しをすれば形を崩すこと無く、多数作ることができますので、その気になれば1年で100株ずつぐらいは楽勝です。でももう増やしたり巨大化させるのは飽きてきましたので、来春はコンパクトに仕立て直す予定です。久しぶりにこの鉢見たら朧月がずいぶんムチムチになっていて驚きました。

以降の千代田の松の管理、育て方ですが、直射光下に置き、なるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、水やりを辛めにしないと直ぐに徒長してしまいます。水切れさえささなければ、京都の真夏の直射光でも日焼けしませんが、水切れさせたとたん、黄変し下葉を落としやすいので要注意です。晩秋まで十分に健康的に育てれば、耐寒性も高くマイナス5度程度はへっちゃらです!このブログでは何度も書いていますが、耐寒性を高めるのは冬場の断水ではありません。晩秋までに十分に健康的に栽培し、体内の濃度を最大限にまで高めることなのです!!

雨は降りませんでしたが、日照はありませんでした。気温もこの時期としては高いので以外と早く鉢が乾きますので、小さな鉢などは小まめにチェックが必要です。

今日のこよみ
日の出    06:38
日の入    16:48
月の出    15:02
月の入    03:06
正午月齢   11.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た桃美人

およそ8ヶ月ぶりの、ベンケイソウ科パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た桃美人 花芽が上がって来た桃美人

昨シーズンは12月の終わり頃から花芽が上がって来ましたので、1ヶ月ほど早く花芽が上がって来ました。左の株はかなり大きくなっていますので、今月初め頃から出ていたと思われます。脇芽が伸び放題になっていたり、ぶつけて下葉を落としたり、徒長した部分があったりと仕立て直したいのですが、鉢が増えるのは避けたいので結局酷い状態のままです。来春は植え替えも兼ねてなんとか仕立て直したいと思います。

葉挿し桃美人

こちらは千代田の松と桃美人の葉挿しポットです。千代田の松の大株の陰になっているときがあってけっこう徒長してしまいました。桃美人は千代田の松ほど葉挿しの成功率は高くはありませんが、それでも7、8割がたは成功する感じです。

以降の桃美人の管理、育て方ですが、直射光下に置き、なるべく長い日照時間を与えます。日照時間が長く取れない場合は、水やりを辛めにしないと直ぐに徒長してしまいます。晩秋まで十分に健康的に育てれば、耐寒性も高くマイナス5度程度はへっちゃらです!このブログでは何度も書いていますが、耐寒性を高めるのは冬場の断水ではありません。晩秋までに十分に健康的に栽培し、体内の濃度を最大限にまで高めることなのです!!

植え付けた2013年と2014年の実生帝玉

こちらは2013年と2014年の夏実生の帝玉です。12ポット分植え付けました。まだもう少し残っていますが、日焼けの酷い苗や実割れが激しく新芽も異常な苗が多いので処分する予定です!このトレーで20弱は着花しそうです。これで着花しそうな株は100株を越えましたのでもうこれ以上は植え替えはしません。

10号鉢のバラを植え替えました。

今日のこよみ
日の出    06:37
日の入    16:48
月の出    14:21
月の入    01:58
正午月齢   10.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽膨らむ桃美人

およそ5週間ぶりの、ベンケイソウ科パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。用土の乾きも早くなってきましたので、根も張った様です!画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ桃美人

昨年より1週間から10日ほど早いペースで花芽が膨らんできました。ただ1株から2つの花芽が上がって来ているせいか、少し重たそうに下に垂れ下がっているようです。気温もかなり上がって来ているので、もう少し水やりすれば花芽も、もう少し上を向いてくれるとは思います!昨年は花芽が1ヶだけでしたので、交配はしませんでしたが、今年は3本あるので、タイミングが良ければ交配してみようと思っています。まあ葉挿しでいくらでも増えるので、種で増やす必要もないのですが、サボテンと違い多肉は実生がかなり楽なので、今年は千代田の松とかも種が取れれば実生する予定です!

桃美人の管理、育て方ですが、なるべく長い日照時間を与えます。梅雨明けまでは直射光下に置いて管理していますが、真夏は少し遮光したほうがいいでしょう!水を切らなければずっと直射光下でも日焼けしませんが水やりが頻繁になるので、30~50%の遮光下に置いた方が管理が楽です。ただし遮光下に置くと日照時間が短いと徒長しますので注意が必要です。8時間ぐらいは日が当たる場所が目安です。水は欲しがる方ですが、日照時間が短い場所では少し辛めにしないといけません。

午前中はわりと良く晴れていましたが、1時過ぎから曇り始めたので、帝玉も先端が少し開いた程度でした。紅帝玉の花粉を取る準備をしていましたが、できませんでした、残念!雨後の筍ではありませんが、花壇もアマドコロ、紫蘭、口紅紫蘭、ギボウシなどが一斉に発芽してきました!

今日のこよみ
日の出    06:02
日の入    18:08
月の出    05:41
月の入    18:01
正午月齢   29.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア