2輪目の開花が始まった金鈴

6日ぶりの登場の、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

2輪目の開花が始まった金鈴

朝から良く晴れて強い陽射しに反応したのか、2輪目の開花が始まりました。ただ蕾が1輪目にぶつかって上がって来たため、1輪目の花側がかなり潰れていました。そのためか、外側の花弁は初日としては頑張って開いていますが、内側はほとんど花弁が出てきていません。顎も変な色になっているので、もしかしたら花弁も中でかなり痛んでいるのかもしれません。でもとりあえず開花が始まってくれたのは大変嬉しいです!!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れるようです。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

今日は大変良く晴れて日照も8時間以上ありました。内裏玉や満月かなり花芽が膨らんできました。

今日のこよみ
日の出    06:39
日の入    17:43
月の出    00:35
月の入    11:24
正午月齢   22.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

2輪目の花芽が上がって来た金鈴

およそ3週間ぶりの登場の、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

2輪目の花芽が上がって来た金鈴 2輪目の花芽が上がって来た金鈴

花が終わり、興味は結実したかどうかという事に変わっていたのですが、よく見たらなんと2輪目の花芽が上がって来ていました!左の写真は午前中のものです。この時は画像をPCで見るまで気がついていませんでした。お昼休みに見て初めて気がつき、右の写真を撮りました。午前中は雲が多く左の写真も日が当たっていませんが、右は12時過ぎで日も良く当たっています。でもまさか2輪目が上がってくるなんて全く予想もしていなかったので、たいへん驚きました!この後ネットでも少し探しましたが、2輪開花したのは見つけられませんでしたので、滅多にあることではなさそうです。でも帝玉も7輪も開花するなんて誰も予想すら出来なかったことですので、まあ金鈴でも2、3輪開花したりすることもあるのかもしれません。そうなるとリトープスも2輪開花なんて事もあるかもしれませんねぇ?!1輪目はまだ結実したかどうかは分かりませんが、2輪目でも結実にチャレンジしたいと思います。こんな事だったら1輪目の花粉取っておけばよかったかなあ!

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

綺麗に色づいた多肉寄せ植え

太陽高度もだいぶ高くなり、門柱の上にもお昼前から日が当たる様になり多肉寄せ植えが綺麗でしたので、載っけておきます!

今朝のベランダのビニール温室内の最低気温はマイナス2.2度でした。

一昨日動かなくなったBDRは昨日お昼に電話で連絡を取ったら、本日朝に交換品が届きました。見事な対応でした!!

今日のこよみ
日の出    06:45
日の入    17:38
月の出    19:57
月の入    07:58
正午月齢   16.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花再開金鈴

およそ2週間ぶりの登場の、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花再開金鈴

午前10時過ぎにベランダに出てみたら、なんと金鈴の開花が再開していました!10日から開花が始まり、13日に見事な開花見せてくれて以来、まったく開きませんでした。ですから今年はもう終わったと完全に思っていましたが、そうでは無かったようです。まあ帝玉やリトープスの開花回数が5~10回程度あるのですから、金鈴もそれぐらいあってもおかしくはありません。また帝玉やリトープスは天気が悪いときは開花せず、開花開始から終了まで1ヶ月以上ある時もあるので、金鈴も同じ開花パターンと言うことでしょう。ただ金鈴は午前8時頃から開花が始まり、お昼過ぎには閉じてしまうので、帝玉やリトープスのような午後咲きではありません。サムネイルでは分かり難いですが、雄蕊がかなり落ちて下の雌蕊に絡んでいます。開花開始からこれぐらい時間が経てば花粉もかなり熟していると思いますので、もしかしたら結実が期待出来るかもしれません!!

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

真っ白に霜が降りた屋根!

こちらは今朝の北側の屋根です。霜が降りて真っ白になっていました!今朝のベランダのビニール温室内の最低気温はマイナス3.9度でこの冬一番の冷え込みでした。しかもかなり長時間マイナスになっていたようで、ベランダの手すり等も真っ白になっていました。

今日のこよみ
日の出    07:00
日の入    17:19
月の出    05:19
月の入    15:47
正午月齢   27.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

金鈴開花!

3日ぶりの登場の、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

金鈴開花! 金鈴開花!

やっと開花を見る事が出来ました!午前11時頃までは日照も十分にあったので、ビニール温室内も30度と近くまで上がり見事に開いてくれました。今日もこの後は曇り、午後3時頃からは雪が舞い始めました。明日以降は大雪注意報も出ていますので、本当に今日の午前中しか開花のタイミングはありませんでした。今日見逃せば、もう今年は見られなかった可能性が高いだけに、大変良かったです!!金鈴は自家受粉する場合もあるのですが、昨年は結実しませんでした。この1株だけになったので、実生で増やしたいので期待したいですが、今年はどうでしょうか?
金鈴はこの後1ヶ月ほどで新芽が上がって来ますので、十分に陽に当てたいですね!耐寒性はあるので、当地では簡易ビニール温室内で十分に越冬できます!

夕方の雪は一旦止みましたが、また遅くから降るようです。明日以降かなり厳しい冷え込みになるようですので、枇杷の花芽には新聞紙を被せてから、ビニールで覆いました。

今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    17:07
月の出    18:07
月の入    07:17
正午月齢   14.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽が上がって来た金鈴と花が終わったリトープス達

およそ4ヶ月ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た金鈴

花芽が上がって来ました。一昨年は11月17日、昨年は11月21日に確認していますので、まあ平年並みと言えそうです。金鈴の場合花芽が確認出来てから開花までは一ヶ月以上かかりますので、年末から年明けぐらいが開花時期かと思います!

以降の金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

花が終わった日輪玉 花が終わった白花黄紫勲5頭立て

こちらは日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)と紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。日輪玉は完全に2株とも花が終わりました。白花黄紫勲も2株は完全に終わり、3株ももしかしてあと一回ぐらい開くかどうかです。もう一つの分と苗の方は先に花が終わっているので、白花黄紫勲も3株は種子が出来ていない可能性が高いです。

今日は大変良く晴れて、気温も上がりたいへん過ごしやすい1日でした。そのためベランダは布団やシーツなどで埋め尽くされ、サボタニにとっては今一の1日になりました。

今日のこよみ
日の出    06:34
日の入    16:50
月の出    20:43
月の入    10:01
正午月齢   18.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

この時期の金鈴

およそ2ヶ月半ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。右の写真は4月4日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

アルギロデルマ属金鈴 アルギロデルマ属金鈴

古葉も完全に見えなくなり新芽もしっかりと生長しているようです。ただこの時期でも調子に乗って水やりすると実割れするので、左の写真のように少ししわが出てくるぐらい水やりを我慢してから与えています。これぐらいシワが出ていればたっぷり水やりしても実割れすることはほとんど無いと思います。それでも実割れが心配であれば、鉢底半分程度水に浸けてさっと引き上げる位でもいいでしょう!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れます。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、上述のように今の時期は実割れに注意しながら水やりします。乾燥気味になりますので、ダニが発生し易くなるので、要注意です!

35度近くまで上がりましたが、日中は湿度が低くわりと過ごしやすかったです。ただ小鉢は本当に乾くのが早いので、水切れ日焼けには要注意です。梅干しの土用干しをしました。今日から3日間干します!地植えの帝玉がダンゴムシの餌食になっています。

今日のこよみ
日の出    04:57
日の入    19:09
月の出    18:26
月の入    04:06
正午月齢   14.7
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽生長アルギロデルマ属金鈴

およそ1ヶ月ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。右の写真は3月6日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

新芽生長アルギロデルマ属金鈴 新芽生長アルギロデルマ属金鈴

古葉もかなり小さくなって、新芽が大きく生長しているのが分かります!昨シーズンは開花した苗は新芽の生長もかなり遅かったのですが、この株は開花したもののたぶんほとんど結実していないので、割と早く新芽が大きくなっているようです。古葉の状態からすると2週間もしないうちに古葉は完全に干からびそうです。そうすると金鈴もあまり出番は無くなります!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れます。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。表土は乾燥気味になりますので、ダニが発生し易くなるので、要注意です!

今日は午前中は雨が降ったり止んだり、午後から雨が止んだものので雲が多く結局日照はありませんでした。また午後からは風が強く椿の花もかなり落ちました。

今日のこよみ
日の出    05:40
日の入    18:21
月の出    03:20
月の入    14:41
正午月齢   26.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽生長アルギロデルマ属金鈴

およそ3週間ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

新芽がだいぶ生長した金鈴

前回は花芽の脇にかろうじて新芽が確認出来るぐらいでしたが、この3週間で大きく生長しました。ただ花がらが固いせいか片葉が少し圧迫されていて形が悪くなってきました。閉花後1ヶ月半経ちますので、もう枯れるか、もっと柔らかくなってもいいはずなんですがなりません。もしかしたら少しは結実しているのかもしれませんねぇ?!まあでも新芽は順調に大きくなっているので、このペースなら1ヶ月後には古葉はほぼ枯れると思います。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。たいへん実割れしやすい品種ですので、実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

水やりした実生白花黄紫勲

こちらは昨日植え付けた、2014年夏実生の紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。お昼前にたっぷりと水やりしました。リトープスや帝玉は水やりしないと発根しませんので、植え付けたらしっかり水やりすることが重要です。ただし太い木質化した部分をカットしている場合などは、殺菌剤を散布して1日乾かしてから植え付け、さらに1日経ってから与えるぐらいがいいかもしれません。気温にもよりますが発根には1週間程度はかかりますので、その間は水切れしないように注意が必要です。

今日は終日曇りでほとんど陽射しはありませんでした。ですが帝玉の成株は8分咲きぐらいまで開花しました。ただ実生苗の方は半開程度でした。3日連続で20度前後まで上がり、昨年実生の兜系など一部が日焼けしました!

今日のこよみ
日の出    06:20
日の入    17:57
月の出    04:00
月の入    14:52
正午月齢   26.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新芽が上がって来た金鈴と帝玉の植え付け

8日ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。
新芽が出てきた金鈴

前回結実しなかったことをお伝えしましたが、結実しなかったためかかなり早いタイミングで新芽が上がって来ました!昨年は3月12日ですから、1ヶ月早く上がってきた事になります。リトープスにしろ帝玉にしろ新芽に十分光を当てて新芽を大きくさせることが重要で、金鈴も同じです。ですからこの結実しなかった花がらは早めにカットした方が良いのですが、カットするとそこから水分の蒸発が起こるので、もう少し枯れてからの方がいいような気がします。

以降の金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、今の時期は実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

植え付けた2014年夏実生の帝玉 植え付けた2014年夏実生の帝玉

こちらは昨日抜いた2014年夏実生のプレイオスピロス属 帝玉(Pleiospilos nelii)です。30mm以下、30~35mm、35mm以上に分けて、植え付けました。全て4本植えにしようかなとも思っていましたが、30mm以下は6本植えでも問題無さそうでしたので、こんな感じで植え付けました。いつものように植え付けて直ぐに水やりしています。大きいものは着花出来るサイズになっていますが、新芽がそれほど大きくなっていませんので、今シーズンは難しいでしょう!

ついに日経平均は15000円を切りました。PBRも限りなく1に近いので、もし1を切ると、3年間のアベノミクスは全く効果が無かったことになります。でも日本だけでこの株安は止められませんので、今月末のG20に期待するしか無いですねぇ!!さあてドルでも買いますか!!!

今日のこよみ
日の出    06:47
日の入    17:36
月の出    09:01
月の入    21:43
正午月齢   03.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

結実しなかった金鈴

1月6日から開花が始まり、21日までの間に12回の開花をしたアルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

結実しなかった金鈴

昨シーズンは自家受粉し結実しましたが、強い雨に当ててしまったためカプセルが開いて種子がどこかに行ってしまったので、採種出来ませんでした。ですから今年は是非とも結実させて採種したかったのですが、結実しませんでした、残念!結実していればもうとっくに膨らんできても良いのですが、触ってみてもフニャフニャですので、もう無理でしょう!相手がいれば確実なのでしょうが、1頭だけになってしまったので、仕方ありません。ただもう一頭は紫花だったので、交配してもあまり良いものも出来ませんので、やはり花色の揃った苗を入手するしかありません。今年のサボテン展で探してみようかな!

今朝のベランダの最低気温はマイナス1.5度でした。マイナスの時間は短時間だったようで、バケツの水の表面すら凍ってはいませんでした。昨日播種した海王丸とラウシーですが、さすがに今日は発芽しませんでした。

追記:どうもこの記事だけでなく全ての記事の画像が表示されないようです。キャッシュが残っていると表示される画像もありますが!21:15

今日のこよみ
日の出    06:54
日の入    17:28
月の出    02:47
月の入    13:22
正午月齢   25.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア