fc2ブログ

ホウキギ色づく

ホウキギの色もいっそう深くなってきました。
実も充実してきました。
ホウキギの実はトンブリといって畑のキャビアとも言われています。
秋田県の特産品でもあります。我が家でも収穫して食べたことがありますが、その手間を考えると通販で買った方が良いと思います。
また茎を乾燥させて箒(ほうき)にすることからホウキギ、ホウキグサなどと呼ばれるようになったようです。
我が家では毎年、箒を作っています。柔らかすぎず固すぎず、本当に使いやすいです!!

色づいたホウキギ

学名:Kochia scoparia
和名:ホウキギ
分類:アカザ科ホウキギ属
性状:一年草(非耐寒性)
原産地:南欧、アジア

ホウキギの特徴として株の大きさが鉢のサイズに大きく影響されることです。もちろん日光が大好きなので、終日日の当たる特等席も必要ですが株の高さは鉢の深さに、株の横幅は鉢の直径によって決まってしまう傾向があります。
地植えでは幅80cm、高さ120cm以上になったのを見たことがあります。
ですから見栄えのするサイズ(幅40cm、高さ70cm程度)にしようとするとプラ鉢では8号の深鉢、駄温鉢やテラコッタでは10号鉢以上が必要になります。
ただプラ鉢では重めの培養土や鉢底石に石を使うなどして倒れにくくする必要があります。
昨年は突風が吹く日が多く、プラ鉢をよく倒しました。駄温鉢やテラコッタでは普通の培養土で十分ですが。

2007年のホウキギ

写真は昨年何度も転倒させたプラ鉢のホウキギ達です。


パンジー今日も昼間時間をとって2号ビニールポット、25鉢に移植しました。
まだ半分以上残っています。
先日移植した苗ですが、シャンとしてきました。良かったです!

移植後のパンジーの苗





今日のこよみ
日の出    05:59
日の入    17:29
月の出    14:52
月の入    00:49
正午月齢   10:8

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
フリーエリア