fc2ブログ

サボテンの花の特徴2 猩々丸

今日は暖かくていい天気でした。
サボテン達にも水やりしました。与えた水は25度に暖めた汲み置きの水です。

昨日に引き続きサボテンの花の特徴を書きます。

マミラリア属 猩々丸(しょうじょうまる)

サボテン猩々丸の花のアップ サボテン猩々丸の花

花の色:やや濃いピンク
花径:15~18mm
花茎の長さ:6~10mm
開花時間:午前10時頃から夕方まで
開花日数:3~5日
同時開花数:7~15輪


蕾は疣と疣の間から出てきます。形は小さい赤い三角でマミラリア属の蕾はほとんど同じ形です。なぜなら属は花の形や株の形状、刺の形などで分類されているのではなく蕾の形状で分けられているからです。
花径に対して花茎の長さが短いので、刺にあたってうまく開かないことが多い。我が家ではほとんどきれいに開きません。刺が長すぎるのかもしれません
花芽は疣の間から一斉に出てきますが、一斉に開花するのではなく、下の方から徐々に開花していきます。開花日数が3~5日ほどあるので15輪ほど開花していれば鉢巻のように花が一周して見事です。
小さな花がたくさん開花するのはマミラリア属の特徴のようです。

猩々丸(しょうじょうまる)について興味のある方は、右のカテゴリー欄の「マミラリア属」をクリックしてみてください。参考になる記事が見つかるかも知れません。



今日のこよみ
日の出    06:42
日の入    16:46
月の出    05:17
月の入    15:25
正午月齢   28:2

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア