fc2ブログ

緋裳丸の開花時間

エキノプシス属(旧ロビビア属) 緋裳丸ですが7/14午前10時頃から開花し、その後閉じることなく30時間連続で開花し、7/15午後4時過ぎに萎みました。

30時間開花し続けた緋裳丸の花

緋裳丸のこれまでの7輪の開花は、いずれも午前9~10時頃から開花し夕方3~4時頃に蕾み、また翌日同じ時間帯で開花していました。天気の優れないときは前日午後から少しだけ開花し、本格的には翌日から2日間開花する場合もありましたが、夕方5時以降には必ず蕾んでいました。
今回のように、蕾まず30時間も開きっぱなしは初めてです。
考えられる原因は、この日の気温です。
開花中の30時間の平均気温は30.7度、最高気温は35.3度で最低気温は7/15の午前5時の26.5度でした。
ですから最低気温が25度以上あると、ひょっとしたら蕾まないのかも知れません。

さて緋裳丸の開花の仕方は、どちらが正解なのかな?!

朝から小雨が降ったり止んだりの天気でした。
本日は祇園祭の山鉾巡行でしたが、生憎の天気の中で行われました。雨に当たるといけないような山や鉾の全体もしくは飾りの部分などに上からビニールが被せられていましたので、かなり違和感があって残念な巡行となりました。


今日のこよみ
日の出    04:55
日の入    19:11
月の出    --:--
月の入    14:13
正午月齢   24.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

巻絹と子宝草

前回紹介してから3週間経ったセンペルビブム属 巻絹(まきぎぬ)くんですが、35度を超す高温も全く平気なようですし、日の出から日の入りまで強光線に当たり続けても日焼けすることなく成長しているようです。

センペルビウム属 巻絹

株分けした親株?の4株は前回からそれほど大きくなった感じはしませんが、子株が一回り大きくなりました。ですから子株と子株の間や親株と子株の間がずいぶん詰まったように見えます。
現在遮光もせず、強光線で育てているのに加え、
土も水はけが良く、しかも浅い駄温鉢で育てていることもあり、土の乾きがめちゃくちゃ早いです。
私は基本的に水やりは夕方にしか与えませんが、翌日の昼過ぎには完全に乾いている事も多いです。ただこの時期乾くからといって毎日水やりしたりすると、多肉植物の場合、軟弱な株になりやすいので様子を見ながら2~5日ぐらいは空けて水やりしています。
3ヶ月前に株分けし、植え込んだときに比べると驚いてしまうほどの、成長っぷりです!

子宝草の子株


子宝草ですが、植え替えもせずにそのままにして育てていますので、株がぶつかり合って大変なことになっています。そして子株の数も多く、かなり大きくなってきているので、写真のように既に発根している子株もたくさんでてきました。3月に植え付けたときはこの写真の子株よりも小さかったのですからね!
また蓮口で上から水やりしますと子株がポロポロ落ちますので、既に根付いてしまった子株もたくさんできてしまいました。
子宝草とはよく言ったものですね!
ねずみ算的に増えていきます!

あー困った!!!


今日のこよみ
日の出    04:55
日の入    19:11
月の出    --:--
月の入    14:13
正午月齢   24.3

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
フリーエリア