fc2ブログ

冬仙玉の花芽

エリオシケ属(旧ネオポルテリア属) 冬仙玉くんの花芽がだいぶ大きくなってきました!

冬仙玉の花芽

横から見ると先端が出てきているのが分かります。

冬仙玉の花芽

上から見てもだいぶ分かるようになっていますし、何より凄い花芽の数です。確実に花芽と分かるもので、22ヶもありました。昨年(2009年)は11ヶしかありませんでしたら、倍増です!!
やっぱり
カリ分、Mgがやや多めの肥料バランスにしたことが良かったのではないかな?と思います。
なにしろ斑入りの品種以上に葉緑素が少ないですからね!
昨年花後にかなり緑の部分が出ましたが、それでも表面積の30%ぐらいしか緑の部分がありません。こんなに葉緑素が少ないと日照時間のわずかな低下で、光合成がうまく行われなくなり、生育不足になったり、花芽も出ない、増えないということになります。そこで光合成を助けるのがカリ肥料、マグネシウム肥料なのです。
果樹栽培では、梅雨時の日照不足を補い、光合成を助け、果実を大きくするために梅雨前からカリ肥料やマグネシウム(苦土)を施肥するのは常識的に行われていますからね!また観葉植物の栽培でも斑入り品種の斑の面積を大きく維持させるのにやはりカリ肥料をやや多めに施肥します。
それがこの冬仙玉くんにも当てはまるのかどうかは分かりませんでしたが、なんとなくうまくいっているのではないかと思います!
ただカリ分だけ増やせばいいという事ではありません。窒素、燐酸分のバランスも大事ですし、他にもカルシウム、イオウ成分なども重要です!
それとカリ肥料、マグネシウム肥料として苦土石灰を増やしてしまいますと、培養土のPhがアルカリに傾き過ぎたりする場合もありますので、ピートモスや鹿沼土を使い弱酸性の培養土に調整しなければなりませんので注意してください!




今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:42
日の入    17:40
月の出    07:24
月の入    19:41
正午月齢   02.0

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア