fc2ブログ

内裏玉の花芽と特徴

マミラリア属 内裏玉(だいりぎょく)くんの花芽がだいぶ出てきました。完全に一周し、二周目の花芽も見えてきています。昨年(2009年)に比べると、3週間ほど早い感じです。

内裏玉の花芽

内裏玉は開花が始まってからも花芽が結構出てきますので、もしかしたら昨年より花数が期待できるかもしれませんねぇ!!

これまで
花の特徴は何度か書いていますが、株そのものについては書いていませんので、少し特徴を書きます。
内裏玉の原産地はメキシコです。
大きさは株径7~10cm、高さ15cmほどになります。
肌色はアレオーレの周辺に放射状に白い棘(長さ3~5mm)が多数出ててくるので普段は地肌がほとんど見えませんが、
花芽が出てくるとアレオーレ間が広がりますので、地肌が見えてきます。その頃観察するとやや青みを帯びた明るい緑の地肌だと分かります。(促成栽培された低価格品は、我が家のもそうですが、最初から地肌がよく分かります)
棘はアレオーレ周辺の白い棘以外には最初は黒いやや長い棘(5~6mm)が上向きに1本だけ出てきますが、1年半ほどすると下向きの棘が出て2本になります。下向きの棘の方がやや長くなるみたいですが、先端の黒さは少し薄い感じです。上の写真を見ても、花芽の少し下から成長点までの上部のアレオーレには、黒棘は1本しか出ていないのが分かります。
耐寒性、耐暑性に優れ、マイナス4.6度から42.2度以上になる我が家のベランダでもへっちゃらです。強光線にも強く、というよりは強光線で育てた方がよく、1年中直射日光で育てます。
水やりはマミラリアに共通しますが、やや少なめがいいみたいです。水やりが多いと徒長し地肌が良く見えるようになります。冬場は30~50日に一回ぐらいで十分です。


今日のこよみ(関西中部)
日の出    06:17
日の入    17:59
月の出    02:10
月の入    11:55
正午月齢   23.0

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア