fc2ブログ

サボテンの花の特徴15 黄雪晃

パロディア属(旧ブラジリカクタス属) 黄雪晃 Parodia haselbergii ssp.graessneri

黄雪晃 黄雪晃の花芽

花の色:黄緑
花径:10~15mm
花茎の長さ:20mm
開花時間:終日
開花日数:10~14日(気温が高くなると短くなります)
開花期間:4月中旬から5月上旬(冬場無加温で栽培すると、開花時期は遅くなります)
同時開花数:7

花芽はアレオーレ(棘座(しざ))の上部から出て、夏から秋にかけてでたアレオーレに着花するようです。蕾は雪晃の卵形ではなく、ネオポルテリアのような形のエンピツ型です。花色は光沢感のある明るい黄緑で、花芽は1月の中旬頃から上がり始めますが、無加温での栽培ですので、気温がある程度高くならないと開花しませんでした。開花日数は2週間弱ですので雪晃のように3週間~4週間近くまでは長くはないようです。

サボテンでは珍しい自動同花受粉(1つの株の1つの開放花だけで虫などに頼らず、雄しべの花粉が自然に雌しべにつく構造になっていて、受粉し結実すること)を行うので、多くの花が結実するようです。

2011年の開花期間は4月12日~5月07日で開花総数は5輪でした。
2012年の開花期間は4月27日~5月10日で開花総数は7輪でした。

以前は緑花雪晃としていましたが、2012年のサボテン展で黄雪晃と判明しましたので、黄雪晃に修正しています。我が家のパロディア属(旧ブラジリカクタス属)黄雪晃くんの花に関する特徴ですので、ご理解ください。


2012年12月28日データ更新しました
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア