fc2ブログ

リトープス属 白花黄紫勲

リトープス属 白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei ssp.lesliei v."Albinica" C036A)くんです。この時期は群仙園の島田氏の言われるところの第二次生育期で、生育が止まったかのように見えますが、実は内在する新葉が旧葉の水分と養分を吸収しながら活発に生育をしている時期なのです。

リトープス属 白花黄紫勲

本日撮影したこの写真と約2ヶ月前の写真とを見比べてもほとんど変化がありません!今のほうが少し萎びたかな?というぐらいです。この時期は先に書いたように、新葉が旧葉の水分と養分を吸い上げていきますので、水はほとんど必要ありません。ただ脱皮まで完全断水すると根が木質化し易い?ようで、月一回程度の軽い水やりを行ったほうがいいようです!
何しろリトープスは初めてなので、まず3月の終わり頃の脱皮までこぎ着けたいですねぇ!!

日中陽が当たるところはほどほどに暖かかったですが、日陰は気温が上がらずこの冬一番の寒さだと思います。日陰に置いた温度計は最高気温が4.5度でした。



今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    17:05
月の出    20:20
月の入    08:36
正午月齢   18.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

マミラリア属 白鷺

マミラリア属 白鷺(Mammillaria albiflora)くんです。昨年株分けした3株は11月の植え替え時に登場していますが、こちらはおよそ4ヶ月ぶりの登場です!

マミラリア属 白鷺

前回登場した時は2株ともほぼ真っ直ぐに立っていましたが、右の元々から着いていた子株はかなり傾いてしまいました。頭がかなり重たくなったからだと思います。頭が急に膨らんだのは前回も説明していますが、およそこんなところです。
四頭立ての子株のうち3株の子株を切り取り、左の新たな子吹きが出て来ました。そしてその仔吹きが急激に生長したため、右の子株はまったく生長しませんでした。しかし夏になり、新たな子株の生長がピタッと止まってしまいました。すると右の子株が急激に生長し始め、そして一気に頭でっかちになってしまったのです!現在もっとも太い部分で25mmになり、元々の親株とほぼ同じサイズになりました。ですからもう少し暖かくなれば、この株も切り離しますが、昨年は親株のギリギリのところで切りましたが、今年はこの膨らんだところよりやや下ぐらいで切ろうかなと思っています。そうすれば来年あたりには、これが親株となり、また頭をカットすれば何頭立てかの株ができますし、この残った部分からもいくつかの仔吹きが出る可能性もありますからねぇ?!!
以前にも書いていますがこの白鷺は国際自然保護連合カテゴリー絶滅危惧IA類(CR)になっています。(CR)とは、ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種のことです。白鷺は国内でもそれほど出回っている品種ではありませんが、百均やHCで大量に販売されている雪晃や月影丸でさえも、絶滅危惧種ですから駄物扱いせず、純粋種をしっかりと残す必要があるのではと思います!

今朝のベランダの最低気温はそれほど下がらずマイナス0.8度でした。昨晩から降った雪が少し積もっていましたが、朝から良く晴れているので、しばらくすると溶けるでしょう?!今日も温室内はかなり上がると思われます。



今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    17:05
月の出    20:20
月の入    08:36
正午月齢   18.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア