fc2ブログ

エキノフォスロカクタス属 縮玉

エキノフォスロカクタス属 縮玉(ちぢみだま Echinofossulocactus zacatecasensis)くんです。大株は昨年12月の中頃から休眠モードに入りましたが、子株は11月と12月で新棘を2本伸ばし、稜もさらに増やしながら、株径も2mmほど大きくなりました。

そろそろ休眠モードの縮玉子株

ですがさすがに先週あたりから、日中の気温も下がり、日照が少なくなったせいか、休眠モードに入ったようです!この株は昨年に比べかなり大きくなりましたし、我が家の厳しい冬越しを経験しているので、この冬はそれほど心配はしていません。やはり一年育てた株と、初めての株ではずいぶん気の使い方が違います。この冬は初めての品種が多くあるので、そちらにかなり気を付けなければいけませんからねぇ!今年はまだ花芽を上がられるサイズではありませんが、大きく育って欲しいです!

お昼前後は、雨も少し止みましたが、今はけっこう降っています!最低気温は高いので室内取り込み組はありませんが、日中少しでも陽射しが欲しいですねぇ!!



今日のこよみ
日の出    07:03
日の入    17:14
月の出    05:00
月の入    15:09
正午月齢   27.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

この時期の帝玉達

全ての株に花芽が上がってきた帝玉(Pleiospilos nelii)くん達ですが、このところの日照不足、不安定な気温のせいか今一調子が上がらないようです!

日照不足で調子悪そうな帝玉達

一番最初に花芽を上げた右側の子株は、新芽も十分なサイズまで生長しているので、花芽を大きくするのにエネルギーを使えばいいので順調に花芽を生長させています。しかし他の株はまだ新芽が小さいので新芽と花芽の両方にパワーが必要なため、どちらも微妙な生長しかしていないようです?!
右上の中株の新芽は左右の外葉の幅と同じぐらいまで生長していますが、新芽の中央部の高さがあまりないので、花芽がはっきり見えるぐらいになるには、もう少し時間がかかりそうです。
大株の新芽は幅はかなりでましたが、対の長さが外葉の幅ぐらいまで生長するには、まだだいぶかかりそうです?!昨年の今の時期大株は口が開き、離れていても花芽が見えていましたので、昨年よりは生長が遅いようです。
左側の子株は中株と同じ様な形で新芽の接合面が低く、外側が高くなっているタイプです。まだ新芽のボリュームは右の子株の半分ぐらいしかないので、花芽がはっきり確認できるまではだいぶかかりそうです。
良い天気が続けば1週間でかなり生長したりしますが、今月末までは気温も低く、日照もほとんど期待できない予報なので、辛いところです。少しでも光合成を活性させるために18日に、NPKの入っていない微量元素を水やり代わりに少量与えましたが、この天気では効果は出ないかも?

曇りの予報でしたが、小雨が降っています。ベランダの最低気温は高く6.3度もありました。



今日のこよみ
日の出    07:03
日の入    17:14
月の出    05:00
月の入    15:09
正午月齢   27.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア