fc2ブログ

子宝草の花芽

前回登場から2週間経ったカランコエ属 子宝草(Kalanchoe Crenatodaigremontianum)くんの花芽ですが、室内に取り込んだせいか、顎の先端が開き花びらが見え始めてきました!

花芽が膨らんできた子宝草 花軸が拡がってきた子宝草

顎もかなり膨らんできていますし、もしかしたら昨年と同じぐらいのタイミングで開花してくれるかもしれませんねぇ?!花軸も左右に拡がり、蕾の数も増えてきましたので、今年は2株ある分綺麗に開花してくれればかなり見応えがあるような気がします!でも出始めの花びらの色は今年も緑色です。セイロンベンケイの花色は培養土のPhで変わり、白やオレンジで咲かせることができるようですが、子宝草もそうなのかな?
これまで何度も書いていますが、子宝草は耐寒性が低いので、冬越しは陽当たりの良い室内で管理します。またあまり長期間水を切り、葉っぱ全体がピンクになると春になっても色は戻らず枯れてしまいますので、変色させないように、最低限の水やりをします!子宝草は多年草ですが、厳しい冬越しをさせると下葉が枯れてかなりみすぼらしくなりますので、我が家では開花までの2年草として扱っています。ですので毎年花を見るのであれば、新しい株を必ず昨年の間に大きく育てておかなければなりませんが、育てていませんので来年は花を見ることはできません!!

お昼前に霰が降りましたが、少ししてから冷たい雨に変わりました!また週間予報が変わりマイナスの日がいくつか出て来ています。明日はマイナスになりそうなので、子株くん達は室内取り込みました。



今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    06:36
月の入    17:19
正午月齢   29.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

胴切り竜王丸に異変

ナメクジに根っこを食われたため、10月始めに胴切りしたハマトカクタス属 竜王丸(Hamatocactus setispinus)くんです。しかもその後切断面に赤腐れのような症状が見られ、さらに上部で胴切りし直した株です。

胴切り竜王丸 胴切り竜王丸

水やりは9月24日が最後ですので、まる4ヶ月断水状態です。表から見てもかなり縮みました。この時期ですから発根はしないだろうと、2、3週間に1回程度しか見ていなかったのですが、本日昼休みに切断面を見るとまた赤い筋のようなのが出て来ていました。しかも維管束も赤くなっています。まあこれがアロエのように発根のサインとかであればいいのですが、とてもそうは思えませんので、かなり心配です。ただこれ以上切るとさすがに難しいそうなので、このあとエタノールで消毒して様子見ます。
この株は百均で購入した株で、小さいながら短期間で9輪も開花させました。ですからもしかしたら元々なんらかの病気を持っていて、そのため生命の危機を感じて花数が多かったのかも知れません。

この時期花芽を上げたり、開花している株などは毎日よく見ますが、断水し休眠させている株はあまりよく観察しません。ですから冷害が出ていたり、根ジラミなどの被害に遭っていても発見が遅れます。またよく見ているつもりでも一方向からしか見ていない場合は危険です。以前室内の窓際に置いていたカゲツですが、室内側からしか見ていなかったため、窓側の葉が冷害で溶けているのに気がつきませんでした。
サボテンは病害虫には、わりと強い植物ですが、ナメクジと根ジラミは例外です。
サボテン栽培を始めた頃は冬の間断水するのが当たり前だと思っていたため、けっこう被害が出ました。短毛丸の様に大きく、強いサボテンでしたから枯れることはありませんでしたが、子株や弱っている株などは被害にあいやすいようです。ただこの時期ですので、断水により縮みなのか、変色なのかなど判断はベテランの方でも大変難しいようです。そのため絶対に被害が出ないように、ダイシストンという強い農薬を使われている方も多いようです。
私はアレルギー体質なので、農薬はきらいですが、根ジラミはどうしようもないので、植え替え時と断水の一回前の水やり時に表土の下にオルトラン粒剤をまいています。特に春の植え替えは、乾燥した培養土で植え付けるので、根を切り弱っている株は被害にあいやすいので使っています。
サボテン栽培を始めた頃は、植え替えの適期ではないとか、開花中だからとそのままの土を使っていたこともありましたが、今は即抜いて根を見るようにしています。面倒くさがって、そのままにしておくと、後で痛い目を見るのです。でも何度痛い目にあっても、手抜きしたくなるのが私です!!



今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    06:36
月の入    17:19
正午月齢   29.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

冬の風景

例年なら12月の中頃には近くの河原の日本水仙が満開になっているのですが、ここに来てようやく7分咲きぐらいにまで開花していました。そんな水仙を眺めながら川沿いを歩いていると、私にとっては珍しい場面に出会いました!写真は昨日22日のものです。

アオサギとダイサギ

この川には住み着いている鷺がけっこういます。そのためかテリトリーが決まっているようで、他の鷺が近づくと追い払ったりするのを良く目にします。特に体の大きいアオサギが小さな白鷺(白鷺は白い鷺の総称で、コサギ、チュウサギ、ダイサギ等に分けられます)を追い払っているのをよく見かけます。ですからアオサギと白鷺がこの距離でいるのはあまり見かけたことがありませんでした。この白鷺はアオサギと同じぐらいの大きさですので、ダイサギと思われます。例年なら渡り鳥のカモやバンなどがもっと多く見られるのですが、晩秋から冬の初めまでが、暖かかったせいか数はかなり少ないですねぇ!

鯉の群れ

こちらは50cm前後の鯉の群れです!以前は数十匹で群れていたのを見かけましたが、魚道が出来て大きな群れが無くなりました。この川は毎年年度末になると、どこかで河川改修工事が行われ、この時期水が濁っていることも多いのですが、今年は上流では行われていないようです。この川は、この場所より1~2Km上流に行けば6月の中頃から蛍が見られるのですが、ここ数年工事が頻繁だったため、見られませんでした。この夏は蛍が見られるでしょうか??

早朝は少し陽射しがありましたが、予報通り曇ってきて、雪が降りそうな気配です。朝のベランダの最低気温は5.6度でした。今晩からはまた冷え込むみたいですので、仔サボ達は室内取り込み予定です!



今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    06:36
月の入    17:19
正午月齢   29.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア