fc2ブログ

マミラリア属 白蛇丸

前回登場してから2週間経ったマミラリア属 白蛇丸(はくだまる Mammillaria karwinskiana ssp.nejapensis)くんです。これまでビニール温室内でマイナス2度前後を数回体験していますが、全く変色などもしませんので、けっこう耐寒性はあるみたいです!

マミラリア属 白蛇丸

この時期でもけっこう動いているようで、新棘も出て来ていますし、疣腋の綿毛もけっこう上部まで出て来ました。ですから花芽が出る場合は、この今綿毛が出ている疣腋から出てくると思われます!でも分頭した天頂部では勢力争いが活発で、もしかしたら、こちらにかなりエネルギーを使っているので、花芽は着かないかもしれませんねぇ?!
水やりは月1回ぐらいのペースで、微量元素を少し入れて、1月は12日に与えていますが、割と早く乾きますので、この事からも動いているのが分かります。

お昼過ぎから雪が降ったり、冷たい雨に変わったりしています。気温もぐっと下がって来ました。明日の最高気温は2度、最低気温はマイナス1度の予報が出ています。この予報だと我が家では終日マイナスの可能性もありますので、今晩は全ての鉢を室内に取り込みます。明け方の2、3時間のマイナス3~5度ぐらいは平気ですが、日照無く終日マイナスのダメージは、はるかに大きいですので、注意が必要です!



今日のこよみ
日の出    06:57
日の入    17:25
月の出    11:32
月の入    01:03
正午月齢   08.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

パキフィツム属 千代田の松

ベンケイソウ科パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。昨日郵便局の帰りに以前胡蝶の舞を購入した百均に立ち寄ってみたら、なんと多肉が並んでいましたので、3鉢だけ購入してきました!そのうちの1鉢です。

パキフィツム属 千代田の松 パキフィツム属 千代田の松の脇芽

持ち帰って直ぐに抜きました。少し湿っていたので、ファンヒーターの前に置いて(もちろん2mぐらいは離してますよ!)強制乾燥させて筆で土を落としました。根っこを見てみると右の写真のように、脇芽が2ヶ出て来ていました。土中の脇芽は最初真っ白で出て来て、生長と共に黄色みを帯び、そして地上に出る時には明るめの緑色に近い状態ででてくると思われます。まあ初めてなので、こうなるかどうかは分かりませんが、たぶんアロエやアガベなどと同じだと思います。
私は購入した株はすべて最初に薬剤を散布します。薬剤の散布は購入初期が最も効果的だからです!
以前は根っこはベンレート、株にはオルトラン液剤とSTダコニールを散布していましたが、一昨年からはベニカXだけで済ませています。昨年は胴切りやカキ仔の切断面などに散布しましたが、1回軽く散布するだけで、カビの発生もなく、乾燥中のダニなどの被害も全くありませんでした。しかもベンレートなどのように作り置きが効かない薬剤は毎回作らなければなりません。ですがベニカなら直ぐに使用できますので、大変便利です。本日中乾かせて明日の昼休みにでも植え込む予定です!同時に購入したのは、同じ属の桃美人とカランコエの月兎耳です!

今朝はこの冬一番の冷え込みで、ベランダの最低気温はマイナス4.0度、ビニール温室の最低気温はマイナス3.9度、ベランダに面した客間の最低気温は0.9度でした。曇っていて日照はなし、また風がかなり強いですねぇ!



今日のこよみ
日の出    06:57
日の入    17:25
月の出    11:32
月の入    01:03
正午月齢   08.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア