fc2ブログ

コリファンタ属 象牙丸の子株

3ヶ月半ぶりの登場、コリファンタ属 象牙丸(Coryphantha elephantidens ssp.elephantidens)の子株くんです。昨年8月4日に百均のサボ多肉培養土に少し手を加え植え付けましたが、ずいぶん大きくなりました。

この時期の象牙丸の子株

ストロボの光が綺麗に回らず、少しくすんでいるように見えるところもありますが、肌色は大変綺麗な状態です。親株はかなり株元が灰色っぽくなってきていますが、この子は耐寒性があるのか、変色していないのは立派です。株径も14mmから20.5mmになったことも効いているのでしょう?!
百均の培養土ですが、イズカライトがやや多いのと、表土の乾きが分かりづらいですが、それ以外特に問題は無いと思われます。マミラリアやロホホラなどでしたらそのまま使えるかもしれませんねぇ?!ただ3cm以下の子株には乾きすぎますので、やはり腐葉土やバーミュキライトなどを混ぜた方がいいと思います。イズカライトは少し粒度が大きいので、篩にかけて少なくした方がより使いやすくなると思われます。
百均のサボ多肉用肥料は肥効期間が短すぎるので、元肥には使えませんので、必ずマグアンプK中粒などを鉢の大きさに合わせて入れ、微量元素としてハイグリーン等を少量いれれば、大抵のサボテンを育てられると思います。ただ4号深鉢クラスだと、一袋で2鉢が良いところなのでやはりHCの抜き苗や、百均サボタニの植え替えぐらいでしょうか!5Lぐらい入っていれば実用性もぐっと増すのですがねぇ!!

朝からずっと雨で日照はゼロです。気温もほとんど変化なしで、5度前後です。


今日のこよみ
日の出    06:45
日の入    17:38
月の出    --:--
月の入    10:18
正午月齢   21.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

スルコレブチア属 ラウシー

一週間前にスルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)くんの子株のピンチをお伝えしましたが、今回は別の株の子株くんです!

スルコレブチア属のラウシー スルコレブチア属のラウシーの子株

一時期けっこう徒長していましたが、光線をやや強めに、また水やりを辛めにした事と、このところの気温の低さも影響してかけっこう良い感じになりました。そのため以前はもう少し隙間があったのですが、株間が縮まり、この仔吹きもピンチです!
以前の記事でも書いていますが、どうしても子株の間とかから仔吹きしやすいので、いつまでたっても後ろ側が空いたままです。うまく全周に仔吹きを着けるようにするにはどうしたら良いのでしょうか??鉢回しはやっているのですがね!
昨年5月の購入時には花がららしきものが着いていましたので、3株ある親株のうちどれかは開花株のはずです。どの株に花がらが着いていたかメモっていないので、分かりませんが花芽を期待しておきます!
色は寒くなって水やりも少なくなったので、一時期緑がだいぶ戻ってきていましたが、またけっこう赤紫色が強くなって来ました。これだけ葉緑素が少ないと日照不足が生育にかなり影響しそうですので、この子達もMg、Mn、Fe、Clなどの微量元素等をこの時期小まめに与えた方が良さそうです。

今朝のベランダ、ビニール温室内の最低気温は共に4.0度でした。予報では午前中は晴か雲りでしたが、夜明け前からけっこう強い雨が降ったり止んだりの天気です。


今日のこよみ
日の出    06:45
日の入    17:38
月の出    --:--
月の入    10:18
正午月齢   21.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア