fc2ブログ

マミラリア属 金洋丸の子株

3ヶ月ぶりの登場、マミラリア属 金洋丸(Mammillaria marksiana)の子株くんです。昨年(2011年)8月末に百均で購入した株ですが、5ヶ月半で株径(刺込み)は40mmから70mmになりました。

マミラリア属 金洋丸子株

大株になると肌色はもう少し艶消しになってきますが、子株のうちはテカテカです!ストロボで撮るとその光具合がよく分かります!大株は疣腋の綿毛を徐々に天頂部に向かって増やし続けていますが、この子株は綿毛を増やすよりは、どうも大きくなるのを優先しているようです!!大きくなるのは嬉しいですが、綿毛で疣腋が覆われないと花芽は出て来ませんので、今年の着花は無さそうですねぇ?予報で2度以下になる時は今でも夜間室内に取り込んでいますが、ここまでくると来年は大株くん達と同じ扱いで良さそうです。

今晩からまた最低気温がマイナスになる日が続く予報が出ていますので、耐寒性の低い株のコンテナと子株くん達は室内に取り込みました。


今日のこよみ
日の出    06:44
日の入    17:39
月の出    00:51
月の入    11:07
正午月齢   22.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

膨らみ始めた大豪丸

三週間ぶりの登場、エキノプシス属 大豪丸(Echinopsis subdenudata)くんです。前回から今日までの間、けっこう厳しい日が続いたので、さすがに少し変色しましたが、生長点付近に綺麗な肌が出て来ましたので、動き出したようです!

膨らみ始めたエキノプシス属大豪丸

株径は前回からほとんど変わっていませんが、襞の谷の部分が膨らみ始めたので、すこし丸みが出てきました。でもこれ以上膨らむと谷の部分で実割れする可能性もあるので、水やりは抑えないといけません。
大豪丸は刺無短毛丸や王冠短毛丸などの名称で販売されていますが、短毛丸とは全く別物です。刺無短毛丸は見たことありませんが、王冠短毛丸は短毛丸のアレオーレの綿毛が多毛、長毛のタイプを言います。
大豪丸の原産地はボリビア、パラグアイで標高の高いところでの自生地もあり、昨年夏の蒸れはもしかしたら高地性の性質を持っているのかもしれませんねぇ?!株径15cm高さ30cmぐらいにはなるようです。肌はややザラザラした感じで、短毛丸とは質感や色合い等も異なります。花は白から薄いピンクのようです。稜の数は8-12で多くは8-10稜ぐらいのようです。アレオーレの綿毛は白くフサフサしていますが、やや短めの中棘1本と割と白い縁棘が7、8本出ています。3cm以下の子株は耐寒性、耐暑性共にありませんが、株径が4cmを超えると、この株や一昨年購入した株などは、断水していればたまにマイナス2、3度になっても今のところ平気なようです。生長速度は短毛丸や花盛丸に比べれば遅いですが、それでも33mmの株が1年2ヶ月で56mmになっていますので、生育旺盛な品種とは言えそうです!ただまだ性格を把握できていないのでなんとも言えませんが、5月以降30~50%遮光して風通し良く管理するのが無難な気がします。

今朝のベランダの最低気温は2.4度、ビニール温室内の最低気温は2.9度でした。本日も日照無しで気温上がらず寒いです!日照時間が長くなってきているのに、我が家では有効活用できないのが辛いですねぇ!!


今日のこよみ
日の出    06:44
日の入    17:39
月の出    00:51
月の入    11:07
正午月齢   22.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア