fc2ブログ

動き出した花笠丸

先日水やりしました、レブチア属(旧ワインガルチア属) 花笠丸(Rebutia neocumingii ssp.neocumingii)くんですが、水を吸い上げ膨らみ始めました。そして刺も伸び始めました!

ゆっくり動き出したレブチア属花笠丸

耐寒性が無いということで、この冬はずっと夜間は室内で過ごしていますが、それほど耐寒性がないようには思えませんねぇ!防風処理もせずに、吹きさらしのベランダでマイナス4、5度に耐えるようなことは難しいかもしれませんが、ビニール温室内で明け方のマイナス2、3度ぐらいは平気な気がします。昨年購入した4月の中旬には花がらも花芽もかなり着いていましたが、今年はどうでしょうかねぇ?!購入した翌年は、かなり開花時期が遅れるのが我が家の通例ですので、早くても花芽が上がってくるのは、猩々丸と同じ3月中頃でしょうか?!

午後からは今にも降るかなという感じの曇り空です。気温はこのまま高いようですので、室内取り込み組は無しです!


今日のこよみ
日の出    06:36
日の入    17:45
月の出    06:20
月の入    18:10
正午月齢   00.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

翠晃冠の花芽?刺?仔吹き?

ギムノカリキウム属 翠晃冠(スイコウカン Gymnocalycium anisitsii)くんのアレオーレに変化がありました。このアレオーレは昨年9月の中頃に花が着いた場所です。ですので花ガラが取れて、アレオーレの綿毛がお椀のように凹んでいました。

翠晃冠の花芽?刺?仔吹き?

そんなアレオーレから、何やらピンク色のものが上がって来たのです。サボテンの場合、着花部位がアレオーレであれ、疣腋であれ、同じ場所には花芽が着きません。ですから毎年花を咲かせるには、毎年しっかりと生長させていなければいけないのです。しかしこの翠晃冠のピンク色のものは花芽?のように見えるのですが!早い時期に花が終わったアレオーレなどは既に綿毛が密生していますし、その綿毛の中から刺が出て来ています。刺はこのようなピンク色ではなく他の刺と同じ色合いで最初から出て来ていますので、刺では無さそうです。じゃ考えられるのは仔吹きぐらいなのですが、どうなのでしょうか?まあ短毛丸などでも最初は花芽か仔吹きかは分からないですから、仔吹きかもしれませんが、翠晃冠ってそんなに仔吹きしやすいのかなぁ??

今朝のベランダとビニール温室内の最低気温は1.5度でした。早い時間は陽射しもありましたが、今はけっこう曇っています。



今日のこよみ
日の出    06:36
日の入    17:45
月の出    06:20
月の入    18:10
正午月齢   00.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア