fc2ブログ

今日の紅小町

昨日から開花が始まった、パロディア属(旧ノトカクタス属) 紅小町(べにこまち Parodia scopa var. ruberrimus)くんです。昨日は先端が10mmほど開いただけでしたが、本日はシベが見えるまで、開きました!

開花が始まった紅小町

まだ3、4分咲きの状態ですので、花径は30mmほどです。午後から開き始めましたが、室内管理ということもあるのか、それとも子株すぎてパワーはないのか分かりませんが、3時過ぎには蕾始めました。銀小町も初日はわりと午後から開くことが多いですが、翌日はちゃんと朝から開いています。しかしこの紅小町は、今朝はまさに開花日和といえる天気でしたが、午前中は開きませんでした。他のマミラリアなどが開かないのであれば、あまり疑問にもならなかったかもしれませんが、金洋丸、猩々丸がけっこう全開に近い状態で開いているのに、その隣においているこの紅小町が開かないので、ちょっと不思議なのです。明日も天気は良さそうなので、期待しておきます!!



今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    06:20
月の入    20:53
正午月齢   02.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

初夏の風景

昼休みに買い物にいくついでに、少し散策してきました。すると近所の田んぼで田植えが始まっていました。まだ水が張られたばかりの田んぼの方が多いですが、いくつか田植えが済んでいました。

田植えが始まった近所の田んぼ

このあたりはすべて田んぼではありませんが、割と稲作の多い場所です。そして青々と葉が生い茂った河原の桜の下を歩いていると、なんとゲンジボタルを見つけました。

桜の葉の裏にいたゲンジボタル

この川は6月になると蛍が見られるので、蛍が生息しているのは誰でも知ってはいますが、昼間に蛍を見るのはあまりありませんので、ちょっと驚きました。ゲンジボタルはヘイケボタルに比べ体長が大きくこの写真の個体は2cmほどありましたので、おそらくメスと思われます。この感じだと、今年は今月末頃から蛍狩りができるかもしれませんねぇ?!

午後からは曇りましたが、気温は上がりかなり蒸し暑いです。そして午後2時過ぎから紅小町の開花がはじまりました。



今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    06:20
月の入    20:53
正午月齢   02.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

復活大豪丸

昨年末に変色し縮んで厳しい冬越しをしてきたエキノプシス属 大豪丸(Echinopsis subdenudata)くんの子株ですが、完全に復活しました!

復活した大豪丸子株

写真の左側の株が復活した大豪丸くんですが、株径も1回り大きくなり株径45mmほどにまでなりました。また稜を1つ増やし、11稜になりました。右の株も生長し鉢からはみ出してきていますので、昨年10月に植え替えていますが、梅雨前には植え替える予定です!これまで大豪丸は3株見てきましたが、根が割と痛みやすいようです。また促成栽培され土中に株元が深く埋められたような株は、株元から腐れが入りやすいので、要注意です。そういった株は胴切りして仕立て直しておいた方があとあと良い結果になると思います。
以降の管理ですが、短毛丸などと同じ様に10月初め頃まで30~50%の遮光下で風通し良く管理します。稜が少ないので、急激に生長させると実割れを起こしやすそうなので、生育はじめ頃の水やりは特に注意が必要です!

昨日先端が少し開き始め開花が始まったと思った紅小町ですが、本日は良く晴れて室内にもしっかりと陽射しが入っているにもかかわらず、開く気配がありません!



今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    06:20
月の入    20:53
正午月齢   02.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

ラウシー結実?

4月30日から開花が始まり、5月17日までに3鉢5株で17輪の花を咲かせた、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)くんですが、1輪だけ結実したみたいです!

結実?したラウシー ラウシーの花がら

通常は右の写真のように花がらは枯れていきますが、左の写真の1輪だけが、子房が膨らんできましたので、結実したと思われます。3鉢はもともと1つの鉢に植え込まれていましたが、異株のようでしたので、虫達によって、自然交配したようです。ラウシーの花がらですが、とにかく自然に取れるまで放置しておくことです。もう大丈夫だろうと思って少し力を入れるとアレオーレごと取れてしまいます。最初2ヶ取ってしまいましたので、その後は放置しています。
ラウシーは昨年のサボテン展で購入し、直ぐに植え替えていますので、ちょうど1年になります。ですので花がらがすべて取れたら、植え替える予定です。またその時外れた子株は大きめの株は少し生長し始めましたが、スペースはかなり余裕があるので、液肥で追肥しながら今年は植え替えずそのまま行く予定です。

本格的に瓦の撤去作業が始まり猛烈に五月蠅いです!


今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    06:20
月の入    20:53
正午月齢   02.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

フライレア属 士童

フライレア属 士童(シドウ Frailea castanea ssp.castanea)です。先日の第39回サボテン展で購入した株です。株径36mmで2.5号の黒プラ鉢です。

フライレア属士童

士童は昨年11月に14mmほどの株を2株いただきました。しかし11月の中旬の高温低湿度強風で極度に乾燥し風焼けのような症状で、1株が駄目になりました。その後もう1株は順調に冬を越し株径は18mmにまで生長しました。士童は30度を超えるとどちらかというと土に沈んで行くようになります。そのため3月の中頃からはビニール温室内では気温が上がりすぎるため、コンテナに移動し、25%ほどの遮光下で過ごさせていました。4月に入った時のことでした。鉢の乾きを見るために、遮光シートを外したところ士童が縮んでいました。直ぐに抜いて見ると完全に側面から株元にかけてダニによって赤くなっていました。また根も赤くなっているところがけっこうありました。傷んだ根は直ぐに切り詰めましたが、けっこう株元まだ痛んでいました。これは昨年もう1株を駄目にした時にこちらの株もかなり痛んでいたのかもしれません。その痛みが気温が上がったこととダニの被害で拡大したのかもしれません。直ぐに殺菌しその後養生させていましたが、日増しに株が縮んでいきました。現在はかろうじて生きている状態です。そういうことで、どうしてもリベンジしたくて探していましたが、先日のサボテン展で見つかり、入手したのがこの株です!
ここまで立派な株を探していたわけではありませんが、花がらが落ちていたので開花株のようです。士童は春の終わりごろから真夏にかけて開花するようですので、種子を期待したいと思います。士童は接ぎ木がかなり難しいようで、出回っているのは実生のようです?!

今朝は朝から良く晴れていますが、屋根の葺き替え工事で、室内取り込み中ですので、辛いですね!


今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    06:20
月の入    20:53
正午月齢   02.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア