fc2ブログ

マミラリア属金洋丸植え替え

およそ4ヶ月ぶりの登場、マミラリア属 金洋丸(Mammillaria marksiana)くんです。今年の開花期間は5月7日から6月15日で開花総数34輪、同時開花数6輪でした。開花期間中ベランダ工事と屋根の葺き替えが重なり、室内管理となったため、開花総数も同時開花数も昨年よりダウンしました。そんな金洋丸ですが、本日やっと植え替えました!

鉢から抜いた金洋丸 土を落とした金洋丸

最近、栽培しているサボテン、多肉だけでも鉢数が170鉢を超えてしまっているので、植え替え時の様子を写真に撮る時間もなく、植え込み後の写真だけがほとんどでしたが、今回はもう少し詳しく説明しておきます!
まず植え替えに適した日ですが、今の時期ならば雨さえ降っていなければ曇っていた方がいいです。快晴で35度以上になるよりも曇っていて30度ぐらいが、株に負担も少ないです。植え替えの事前準備としては、1週間以上水を切って土を乾燥させておくことです。
抜き方ですが、サボテンの刺を痛めないように、新聞紙、スチレンフォーム、エアキャップ、タオルなどを蒔いて株本体を持ちます。素手で持てるのであれば素手が一番です!
そして鉢を傾け表土を落とし、プラ鉢なら鉢を少し側面から力を加えて、鉢と用土の隙間が出来るようにして株を引き上げます。素焼き鉢などでしたら、鉢底穴と同じぐらいの棒で底から押し上げかつ、株を引っ張りながら抜きます。左の写真が抜いた状態です!見事な根鉢になっていましたので安心しました。右の写真は土を落とした状態です。丁寧に土を落とし、一粒も残らないように根を解します。

根を切った金洋丸 植え込んだ金洋丸

左の写真は根を切った状態です。5月ぐらいでしたら、株元まで根を切り縮め、丸坊主にしてもいいのですが、今の時期でしたらこれぐらいの長さはあった方がいいでしょう!根切りと言ってもただ根を短くすればいいものではありません。特に3mmぐらいの太さの根が絡み合っているのを丁寧に解し、一粒も土が残っていないようにするのが重要です。また3mm以上の太さの根には1mmぐらいの細い根が沢山出ていますが、この細い根は全て取り除いていきます。そして3mm以上の太さ根の表面や切断面に赤いシミのようなものが無いのを確認します。傷んだ根があれば必ず株元で切り状態を見ます。株元にシミが無ければそのまま乾燥させます!もし内部にまで達しているようならば胴切り等の処置が必要になります。また4~5cmほどの小さな苗でしたら太い根が出ていないことも多いですが、その中でもなるべく太く、色の良い根を残し、それ以外の根は間引きし本数を半分ぐらいに減らします。この根切りと土落としの仕方しだいで、腐れが出たり出なかったりしますので、植え替えの最も重要なポイントです!根から腐れが入りやすい兜などは、植え替え時に根を丸坊主にすることでかなり腐れを防止出来るようです!!
右の写真は植え付け後のものです。4号プラ深鉢から4号黒プラ鉢にしました。黒のプラ鉢は夏場は鉢内の温度が上がりすぎて、過剰な遮光や水やりが必要になり軟弱な株になりやすいのでお勧めできませんが、冬場は違います。陽が当たれば直ぐに鉢内の温度が上がり、根を温めてくれますので根が痛み難くなります。右の写真は植え付け後、汚れをスプレイヤーで落とした状態です。春の植え替えでは乾燥した培養土で植え付けますが、今の時期は少し湿らせた用土で植え付けています。発根にはある程度の温度が必要ですが、今の時期なら十分な温度がありますし、水分があった方が発根しやすいので、湿らせた培養土で植え付けているのです。日照、気温にもよりますが、植え付けて直ぐに水やりすることもあります。今の時期なら平均で植え付けてから二日後ぐらいに水やりしています!!
培養土は我が家の標準培養土です。
赤玉(2~3mm)4:日向土(微粒)4:腐葉土1:たい肥1:イズカライト少々
鉢底にはパミス(天然の多孔質火成岩を選別6~8mm程度のものを使用)1cm程度敷きます。
たい肥は自家製サボテン専用*
腐葉土は使用する一週間以上まえから苦土石灰と草木灰を少し混ぜて寝かしてあります。
たい肥にも肥料分はかなりありますが、別にマグアンプK小粒、ハイグリーン(微量要素肥料)、有機化成肥料を適量いれています。またこれから湿度が低くなっていきますので、根ジラミ対策でオルトラン粒剤DXを根の回りに適量いれました。ハイグリーンは用土に均一に混ぜ全面全層に配置しています!
培養土の入れ方
鉢底にパミスを1cmほど敷きます。その上に1cmほど培養土を入れます。そしてその上にイズカライトを適量蒔きます。その上に軽く培養土入れ、マグアンプK中粒を適量入れます。さらに培養土を軽く入れ、有機化成肥料を適量入れます。そしてスプレイヤーで軽く用土を湿らせます。その上に培養土を軽く入れ、オルトラン粒剤を散布します。その上に軽く培養土を入れ、株を置き根を全方向に拡げ、培養土を足していきます。株元まで培養土が入れば、割り箸などで根の隙間にもしっかり用土が行き渡るようにします。スプレイヤーで用土を湿らせます。そして株の位置が固定できれば、表土用の赤玉を入れていきます。途中鉢をトントンと地面に何回かたたきつけ、土を安定させます。株元の汚れや鉢の汚れをスプレイヤーで洗い流して植え替え終了です!!
その後は50%の遮光ネット1枚頭に乗っけて2~3日養生させてから、定位置に戻します。天気次第ですが、定位置に戻す前にたっぷり水やりします!!!

午後からは雨が降りました。気温は高くありませんでしたが、湿度が高くかなり蒸し暑く感じました!


今日のこよみ
日の出    05:39
日の入    18:06
月の出    03:28
月の入    16:38
正午月齢   27.5
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア