fc2ブログ

観音竹とオリヅルランポニー

およそ10ヶ月ぶりの登場、ヤシ科ラピス属 観音竹(かんのんちく Rhapis excelsa)です。生長がたいへん遅いので、これぐらい期間が空かないと変化が分かりません!

少し生長観音竹 脇芽も少し生長観音竹

本体は4、5枚葉っぱが出て少しボリュームが出ました。左の写真でも脇芽が見えていますが、脇芽も少し生長し葉っぱが展開し始めました。右の写真だとよく分かると思いますが、まだこんな小さな葉っぱです。観音竹は耐寒性が高くマイナス7、8度でも平気ですので、今の時期でも屋外で問題ありませんが、風が強いと葉先が傷みやすいので、波板で囲まれた通路に置いています。観音竹の栽培は特に難しいことはありません。水はけの良い土を使うことと、良質の腐葉土、燻炭を混ぜること、葉焼けしないように夏場遮光することぐらいです!

地植えのオリヅルラン

地植えのオリヅルランポニー(Chlorophytum comosum)です。既に何度もマイナス4度近くまで下がっていますが、さすがに地植え株です。耐寒性がまったく違います。昨年はマイナス8度ぐらいまで下がりさすがに地上部はすべて枯れましたが、根が生きていれば、このように完全復活します。しかし鉢植えは、だいたい2度ぐらいまで下がれば地上部が枯れ始め、マイナスになれば完全に枯れてしまい春に新芽も出ませんでした。ですから地植えと鉢植えではこれだけ差が出るのです。この差はやはり土の容量の違いです。大容量の土が根の温度の上昇、下降を緩やかにしているのです。ですから耐寒性だけではなく、耐暑性も地植えの方が圧倒的に高くなるのです。オリヅルランの右側に見えているのはジャガイモの葉です。春の終わり頃に虫に地上部全てを食い尽くされ枯れてしまっていたのですが、秋口から新芽が出だし、ここまで生長したのです。ジャガイモのさらに右側はこぼれ種で発芽した万両です。

今朝のビニール温室内の最低気温はマイナス1.4度でした。晴れたり曇ったりの天気です。裏庭は午前中陽が当たらないので、花壇の写真は暗くなっています。


今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    16:59
月の出    --:--
月の入    11:18
正午月齢   22.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア