fc2ブログ

エキノプシス属 金盛丸

およそ2ヶ月半ぶりの登場、エキノプシス属 金盛丸(Echinopsis calochlora)くんです。2ヶ月近い断水で若干艶はなくなりましたが、縮むことなくプリプリの状態です。

プリプリ金盛丸

今のところ新たな仔吹きも出ていませんので、このまま株の充実に専念してもらいたいものです。株径はだいたい10~12cmぐらにしかならないので、このままもう少し太れば縦に伸び始めるようです。花期は一般的なエキノプシス属と同じで5月の後半から10月初め頃までは花を咲かせるようですので、今年は期待したいですね!花数を増やすにはとにかく長い日照時間を確保すること、それと出て来た仔吹きは早めに摘むこと、肥料を切らさないことと根詰まりさせないことです。ですから昨年7月中旬に3.5号鉢に植え替えていますが、2月の終わり頃には4号鉢に植え替える予定です。この鉢も表土が濡れていますが、昨日夕方に薄い液肥で水やりしました。夕方水やりした理由は先の投稿で書いていますので、そちらを見てください。でも夜間土が濡れていたら、根が冷えるじゃないかと思われかもしれませんが、そんなことはありません。サボテンの植え替えの場合、植え替えて直ぐに水やりすると鉢内の温度が上がらなくて発根しずらいので1週間ほど水やりしないのが一般的です。これは水があると熱が伝わりにくいので、鉢内の温度が上がり難くなるわけで正解です。逆に言うと、水やりしている鉢の方が温度が伝わりにくいので、外気温が急に下がったとしても、完全断水している鉢より急激に鉢内の温度は下がりにくいのです。ただし長時間マイナスが続いたりすると当然断水している鉢も水やりした鉢も鉢内の温度は一緒になります。これまで経験からするとビニール温室内が6時間以上マイナスが続き、また最低気温がマイナス3~4度ぐらいになると水やり翌日ぐらいの鉢は、鉢内の水が凍るようです。しかし鉢内の水が凍ったからと言って生育期に十分光合成をさせ、株内の糖分濃度を高めておけば、株の体液まで凍りつき膨張し細胞が破裂するなんて事にはほとんどならないと思います。でもなるべくマイナスが長時間続く様な場合は、断水している鉢も水やりした鉢もすべて室内に取り込んだ方が安全かと思います。



今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    14:00
月の入    03:39
正午月齢   11.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

パロディア属 小町

およそ3ヶ月半ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属)小町(こまち Parodia scopa ssp.scopa)くんです。冬の間も休眠させずゆっくり生長させたいのですが、やはり無加温のビニール温室では生長が止まるようです。

フサフサ小町

前回から新棘も3周分ほど出ていますが、12月中頃からはほとんど動いていないようです。茶棘が密集しているところが前回の着花部位ですので、花終了後かなり生長しているのは分かります。ただ株径方向にはなかなか膨らんでくれず、どちらかというと縦伸びになってきているのが残念です。日照時間の不足がこういった形を崩す原因になるようです。土が濡れていますが、昨晩水やりしました。昨晩と言っても暗くなる前ですが、このぐらいであればビニール温室の気温はすでに10度を切っています。ですから汲み置きの雨水と温度がほとんど変わらないので、わざと夕方に与えています。午前10時頃だと晴れていれば25度を超えていますので、そんな時間に10度以下の冷たい水を与えるのは好ましくありません。耐寒性の低い観葉植物などにそういった水やりを数回するだけで根腐れしたことがありました。ですから以前は加温した水で水やりしていましたが、温度調整等めんどくさいので、最近は夕方水やりしています。今のところ問題は無いみたいですが、どうでしょうか??

お昼前から曇ってきました。


今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    14:00
月の入    03:39
正午月齢   11.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

この時期の象牙丸大株

およそ40日ぶりの登場、コリファンタ属 象牙丸(Coryphantha elephantidens ssp.elephantidens)大株くんです。水を切っておよそ2ヶ月が経ちましたが、縮みも少なく、しかも肌の艶が失われていないので、たいへん安心感がありますねぇ!まだ6ヶの花がらが取れず、頭の上からスプレーヤーで洗って真っ白にしたいのですが、このままではできず、汚れたままですが、ご勘弁を!!

少し縮んだ象牙丸

この写真では分かりませんが、表土は断水の1ヶ月前にまいたオルトランで真っ白だったのですが、その上にも苔が生えほとんど緑色になっています。日中は今でもビニールを開け風を入れていますが、夜間は新聞紙を被せていても完全には結露がとれず、表土が濡れて苔が生えやすくなっています。もちろんただの水やりしかしていないのであれば、苔も生えにくいのですが、象牙丸や日の出丸は、常に薄い液肥を与え続けてきましたので、苔がたいへん生えやすくなっています。でもそのおかげでもっとも厳しいこの時期でも肌の艶が失われなくなったものと思っています。このブログでは何度も書いていますが、冬越しを成功させる最大のポイントは、晩秋まで十分健康的に育てることなのです!!!

庇の上の帝玉やリトープス達

こちらは庇の上の帝玉やリトープス達です。上の象牙丸の写真を見ていただければ分かりますが、ベランダの柵の陰がはっきり分かります。昨年ベランダの付け替えをしましたが、その時柵の太さが太くなり影も増えました。3段のビニール温室の最上段であればとんど柵の陰の影響はでませんが、それ以下の段や床に直接おいたコンテナなどには陰の影響がでます。それでなるべく日照を確保したい品種はこのように庇の上に乗せています。現在4ヶのトレーを乗せていますが、耐寒性の高い帝玉、マミラリアやエケベリア、そして今の時期でも通風が欲しいリトープス達です。

今朝のビニール温室の最低気温は3.0度でした。陽射しもあり暖かいですね!


今日のこよみ
日の出    07:02
日の入    17:16
月の出    14:00
月の入    03:39
正午月齢   11.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア