fc2ブログ

リトープス脱皮状況

およそ三週間ぶりの登場、我が家のリトープスくん達勢揃いです。だいぶ脱皮も進みました!前回と同じ順番でご紹介します!!

Lithops hookeri var.dabneri C013 Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179

左の写真は富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。前回よりもだいぶ新芽が見える様になってきました。古葉も少しシワがでてきましたので、順調のようです。右の写真は福来玉系(フクライギョクケイ)の茶福来玉(チャフクライギョク Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179)です。こちらも新芽はずいぶん生長していますが、古葉はまだたけっこう張りがあるみたいです。

Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362

左の写真は曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスです。右側の古葉は切れてしまい、新芽が完全に見える様になりました。古葉もかなり縮んでいますので、ほぼ脱皮終了と言っても良いでしょう?!右の写真は柘榴系(ザクロケイ)Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 黄鳴弦玉(キメイゲンギョク)鳴弦玉(メイゲンギョク)の肌色が黄色みを帯びた品種です。こちらも新芽は順調に生長し、古葉もかなりシワが入って来ていますので、脱皮はたいへん順調のようです。前回書いていますが、新芽が柔らかくなりやすかったのですが、軽い水やりを2回したところ、新芽も張りが出て、脱皮も加速されたようです。脱皮期間中は2重脱皮等を警戒するあまり、完全断水されている方もおられるようですが、我が家の栽培環境では月に1回程度は軽めの水やりをしないと新芽が柔らかくなりやすいですね!

Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A

左の写真は花紋玉系(カモンギョクケイ)トップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。花紋玉系(カモンギョクケイ)の朱唇玉(シュシンギョク)の肌色が赤に近いものをトップレッドと呼んでいるようです。こちらも前回よりは窓が開き分頭した新芽がだいぶ見えてきました。古葉もだいぶ柔らかくなってシワってきましたので脱皮は順調のようです。右の写真は紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)くんです。先日お伝えしました様に、脱皮が始まりました。新芽もだいぶ見えてきましたし、古葉の縮みも早くなってきましたので、たいへん順調のようです。もう1株の土栽培の白花黄紫勲も脱皮が始まりました。残すは培養液栽培中の1株だけとなりました。さて培養液栽培をしながらでも、脱皮はするのでしょうか??



今日のこよみ
日の出    06:02
日の入    18:08
月の出    10:35
月の入    00:12
正午月齢   07.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

帝玉開花!

9日から開花が始まった、プレイオスピロス属 帝玉(Pleiospilos nelii)くん達ですが、本日4株全てが全開しました!

培養液栽培中の帝玉子株が1輪目を全開! 帝玉子株の1輪目が全開!

左の写真は培養液栽培中の帝玉子株くんです。昨年8月から培養液栽培を始め、ついに1輪目を全開してくれました!土栽培ではこれまで4株を開花させてきましたが、やはり培養液で栽培し開花したのはこれまで以上に感動ものです!!培養液栽培は培養液のPhや温度などの管理、移動させにくい等、かなり手間はかかりますが、根ジラミやダニの被害が出ませんので、帝玉を駄目にする要因の1つが完全に無いのは大変メリットがあります。でも管理は手間なので、3輪開花すれば、根を木質化したところまで切り戻し、新たに根を出させて土栽培に戻す予定です!右の写真は先日HCから救済してきた子株です。予想通り我が家の株とドンピシャのタイミングで開花してくれました。この株の花はずいぶん大きく、花径は5cmほどありました。この株には2輪目がでそうな感じだったのですが、いまのところ上がって来ていないので、1輪で終了かもしれません。ですから中株と交配させる予定です。まだ今のタイミングでは花粉が出ていないので、次回開花がいいと思われます。

帝玉子株の1輪目が全開し2輪目も開き始めた! 帝玉中株の1輪目が全開

左の写真は9日から先陣を切って開花した子株です。本日の気温の高さと強い陽射しで2輪目も開花させました。右の写真は中株です。やはり5時の方向の花弁は短いようです。ですが2輪目、3輪目の花芽もかなり膨らんできているので、この中株は3輪同時開花の可能性は十分ありそうです!まあとにかく4株全てで1輪目が全開してくれましたので、もう大丈夫です。あとは天気次第です!!

ベランダの日陰でも25度まで上がっていました。暑いはずです。


今日のこよみ
日の出    06:02
日の入    18:08
月の出    10:35
月の入    00:12
正午月齢   07.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

玉翁の開花と花芽が上がってきた桜月

一昨日から開花が始まった、マミラリア属 玉翁(たまおきな Mammillaria hahniana ssp.hahniana)くんですが、本日3輪目までが開きました!

3輪開花したマミラリア属玉翁

花芽の数は60以上出てきていますので、このあと群開を期待したいですね!着花部位も生長点からだいぶ離れた位置ですので、昨年も十分生長した証拠です!

花芽が上がってきたマミラリア属桜月

こちらはおよそ3ヶ月ぶりの登場、マミラリア属 桜月(Mammillaria candida var.rosea)くんです。この株にも花芽が上がってきました!昨年は接ぎ木の台木を完全に取り去る芯えぐりをしたので、ほとんど生長させられませんでした。ですからかなり生長点に近い位置から花芽が出てきていますので花数はよくて一周分ぐらいでしょう?!まあ今年しっかり生長させれば来年はもっと花が期待出来ると思います!花芽が上がってきていないのは、マミラリアではあと猩々丸大株、金洋丸大株、白鷺だけとなりました。

今日は気温も高いですし、日照もだいぶありますので、帝玉くん達の全開を期待したいですね!


今日のこよみ
日の出    06:02
日の入    18:08
月の出    10:35
月の入    00:12
正午月齢   07.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

縮玉開花始まる!

3日前に一週間程度で開花が始まると予想していた、エキノフォスロカクタス属 縮玉(ちぢみだま Echinofossulocactus multicostatus)ですが、なんと本日から開花が始まりました!

開花が始まった縮玉

昨年の開花は3月27日ですので、およそ一週間早い開花となりました。写真は午前8時過ぎのものですが、けっこうよく開いています。これまで縮玉の開花開始の時間はお昼前ごろが多く、特に初日は午後から開き始めることが多かったので、ちょっと驚きです!朝から良く晴れていてビニール温室内の気温が一気に上がったのがよかったのかもしれません。

開花が始まった縮玉

午前10時の写真を追加しました!

エキノフォスロカクタス属縮玉

午後1時の写真を追加しました!初日にしてはずいぶん綺麗に開いてくれました!

今朝のビニール温室内の最低気温はなんと14度でした。朝は良く晴れていましたが、今は少し雲がかかっています。


今日のこよみ
日の出    06:02
日の入    18:08
月の出    10:35
月の入    00:12
正午月齢   07.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア