fc2ブログ

ヘルテリーと実生苗発芽状況!

およそ4ヶ月半ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属) ) ヘルテリー(Parodia herteri)くんです。なかなか花がらが取れないので、植え替え時に切り落としました。

生長したヘルテリー 4輪同時開花のヘルテリー

ヘルテリーは2010年11月にHCの100円抜き苗で我が家にやって来ました。当時は株径3cmに満たない小さな苗でしたが、およそ3年で株径(刺込み)は10cmを越え、4号鉢でも見栄えのする大きさにまで生長してくれました。花がらの位置もだいぶ外側に回ってきていますので、夏の間もけっこう生長していたようです?!右の写真は5月14日の2~5輪目が開花した時のものです。メタリック感のあるピンクの花弁が光に輝き見事な咲きっぷりでした。花径も大きく7cmを越えました!以降のヘルテリーの管理、育て方ですが、夏場は50%の遮光下で管理していましたが、徐々に遮光を緩め、今月末には直射光で栽培出来るようにしていきます。遮光を緩める時は必ず、2、3日前にしっかり水やりして、水を吸い上げさせてからにします。そうでないと日焼けする場合もありますので、注意が必要です。また遮光も50%からいきなり0にするのではなく、一度35%~25%程度の遮光下で2~3週間過ごさせてから、直射光にします。品種によってはこういう段階を踏んでも焼ける物が出ることがありますので、そういう苗には、ティッシュ1枚被せたり、20%ぐらいの遮光ネットを小さく切って被せて様子を見ることも大事です。ヘルテリーは1年中生長しますので、冬場も断水することなく、月に1、2回軽めの水やりをして緩やかに生長させます。耐寒性は晩秋まで十分健康的に生育させれば大変高くなり、マイナス4、5度はへっちゃらです。

発芽4週間の青王丸 発芽4週間の銀小町

こちらは播種後1ヶ月が経過した青王丸(セイオウマル Parodia ottonis ssp.ottonis)と銀小町(ぎんこまち Parodia scopa ssp.scopa.cv)です。青王丸は22本、銀小町は27本発芽しました。数はどちらも1週間前から変わっていませんので、もうこれ以上発芽することは無いと思われます。この実生苗にも発芽直後から400倍のペンタガーデンをスポイトで与えています。特にカビが発生したりすることなく、また生長も割と早い気がします。青王丸は割と生育が早いのか、だいぶ刺も立派なのが出て来ました。銀小町はやや日に弱く、室内のレースのカーテン越しでも少し日焼けするようです。

先ほど少し雨が降りましたが、直ぐに止んで今は陽が挿しています。風が強く、pm2.5のせいか少しほこりっぽく感じます。


今日のこよみ
日の出    05:53
日の入    17:39
月の出    03:54
月の入    16:23
正午月齢   27.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア