fc2ブログ

動き出した艶美玉

およそ3ヶ月半ぶりの登場、フェロカクタス属(旧ハマトカクタス属) 艶美玉(えんびぎょく Ferocactus hamatacanthus)です!

立派な棘が出てきた艶美玉

先月終わり頃まではまったく11月の頃とかわりませんでしたが、途中で止まっていた棘が伸び始めました!これまでは中棘のみが赤く放射状の刺は真っ白でしたが、先端が真っ赤な状態で出て来るようになっています。また前回の記事でも書いていますが、放射状の刺がたいへん長く株の太さと変わらないぐらい長いものも出てきています。そして中棘はさらにそれより長くなり株径は4cmを越えたぐらいですが、すでに3号鉢から棘がはみ出るようになっています。この株は昨年9月に植え替えていますので、このまま植え替えずにガンガン生長してもらいましょう!
以降の艶美玉の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。耐寒性も高く、帝玉達と一緒でずっと庇の上です。水も1ヶ月ほどやっていませんが、色あせることも縮むこともなくたいへん安心感があります。夏場は株がまだ小さいので50%程度の遮光下で管理します。ただし日照時間はなるべく長く与えます!夏場は余り乾燥させるとダニの被害が出やすいので注意!

午後からは曇ってしまいました。一気に寒くなった感じです。ギムノやコリファンタの鉢でダニが発生していたのを発見、直ぐに鉢を張った水に浸けて水攻めでダニを水死させました。でもまだ内部に潜んでいる可能性もあるので、ベニカを散布しました。象牙丸錦と象牙丸大株はかなり被害が酷いです!



今日のこよみ   
日の出    06:46
日の入    17:37
月の出    16:14
月の入    05:14
正午月齢   13.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

世界の図、短毛丸、花盛丸

およそ5ヶ月ぶりの登場、エキノプシス属 世界の図(Echinopsis eyriesii f.variegata)タイプ1の子株です。

世界の図

普通斑入り品種は冬場水切りすると少し赤みが出たりし易いのですが、耐寒性が高いエキノプシスなので、まったく変化もありません。そしてこの写真では分かり難いですが新棘が出て動き出しました。

短毛丸

こちらは短毛丸子株です。この株は17稜の標本として育てていたのですが、手前7時の方向の稜が外れ16稜になりそうです。エキノプシス用の用土では直ぐに大きくなり稜が外れやすいので、この株はマミラリアなどと同じ用土で植え込んでいたのですが、残念です。でも16稜も標本が1本しかないので、このまま16稜を保ってくれれば吉とします!この株もアレオーレの綿毛が出始めましたので、動き出したようです。

花盛丸

こちらは花盛丸(Echinopsis tubiflora)子株です。別宅にあった苗です。我が家の5号鉢や6号鉢の苗は実割れしているので綺麗ではありませんが、この苗は肥培していないので綺麗な姿を保っています。花盛丸も動き出したようで、アレオーレの綿毛が出て来ました。昨年植え替えていない鉢などは植え替え時期となりました!

今朝は冷え込まず、最低気温は2.4度でした。朝からほどほどに陽射しがありベランダは暖かです。外に出しっぱなしの白牡丹丼2鉢ですが、何故か濡れているので、どうしたのかと思ったら犬にかけられていました。前もキキョウにかけられあっという間に枯れ出したので、用土内に尿が残らないように水でしっかり洗い流しましたが、どうでしょうか?



今日のこよみ   
日の出    06:46
日の入    17:37
月の出    16:14
月の入    05:14
正午月齢   13.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
フリーエリア