fc2ブログ

5年目の帝玉大株!

プレイオスピロス属 帝玉(Pleiospilos nelii)大株くんです。この株は2010年2月24日に我が家にやって来ましたので、一昨日で丸4年経ち、昨日から5年目に突入しました!

5年目の帝玉大株 5年目の帝玉大株

2010年は2輪、2011年は3輪同時開花させ、そして3輪とも結実しました。2012年にはなんと5輪の花を咲かせ、1~3輪目、2~4輪目、3~5輪目で3回の3輪同時開花を見せてくれました。そして5ヶとも結実しました。花を咲かせすぎたことや、結実させすぎたことで、2012年の秋から出て来た新芽が異常になり分頭し始めました。その現在の姿がこの写真です!左の写真のほうは新芽が正しく対の状態になっていますので上下の古葉が枯れればわりとまともな形になりそうです。そして3輪の花芽を上げて来ています。この株を正面とするならば、反時計回りに90度回転させたのが、右の写真です。中央の葉は右側の株の古葉です。

5年目の帝玉大株 5年目の帝玉大株

こちらはさらに90度回転させた状態です。こちらも花芽が2輪上がって来ていますが、正しい対の間からではなく、1枚の大きな葉と非常に小さな葉の間から出てきています。ですから秋から正しく1対の葉が出てくることに期待しています。そしてさらに90度回転させたのが右の写真です。どの向きからもどちらかの花芽が見えるほど花芽が生長しています。昨年は2輪開花させましたが、今年はこのままいけば最低でも5輪の開花になります。リトープスは小石に擬態していると言われますが、帝玉は小石どころから岩に擬態していると言えるのではないでしょうか?このままさらに分頭して大きな固まりになっていけば凄いことになりそうです?!
以降の帝玉の管理、育て方ですが、直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。新芽が生長している時期はかなり水を欲しがりますので、古葉が柔らかくなってきたら、しっかりと水を与えます。また植え替えせずに肥料が切れている場合やほとんど肥料を入れていない場合は、月に1回程度薄目の液肥を与えるのも有効です。私はペンタガーデンの400倍やハイポネックス微粉の2000倍溶液を与えています。同花受粉はしませんが、他花受粉はしますので、1株でも2輪以上同時開花すれば交配は可能です。ただしこれまで播種した感じからだと、アルビノが出やすいので、異株があった方が良いかと思います。帝玉は秋実生苗の場合3年目から開花株になります。サイズ的には55mm*45mmぐらいで開花球となりますので、かなり生育旺盛な品種です!

今朝のベランダの最低気温はマイナス0.1度でした。今日以降はかなり気温も高そうなので、お昼休みにマミラリアやギムノ達にも生長を促す水やりをする予定です!


今日のこよみ   
日の出    06:32
日の入    17:49
月の出    02:46
月の入    13:18
正午月齢   25.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
フリーエリア