fc2ブログ

分頭ダブネリーと脱皮の予兆白花黄紫勲

10日ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。写真は昨日28日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

分頭したダブネリー

花がらが脇に移動していかないなと思っていたら、分頭していました。普通分頭しない場合は花がらや結実が脇に移動して新芽が出てきます。しかし分頭した場合は写真のように株と株の間にそのままになっていますので、ほぼ中央の位置から動かないようです。分頭したら株がまた小さくなってしまうので、脱皮中でももう少し水やりしたほうがいいかもしれません。

脱皮の予兆、結実が動きだした白花黄紫勲

こちらは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)くんです。結実が株の間に移動し始めました。つまり新芽がだいぶ大きくなって来ているようです。まだ脱皮は始まっていませんが、この結実の移動が脱皮の予兆なのです!

脱皮の予兆、結実が動きだした白花黄紫勲

こちらの単頭の白花黄紫勲も少し結実が下側に移動し始めましたので、もう少しで脱皮が始まりそうです。左の茶色く張り付いているのは一昨年の花が内部で枯れてしまいその残骸が張り付いて脱皮したためです。でも今回の脱皮で綺麗な姿に戻ってくれると思います。

今日は時折陽が射しますが、ほぼ曇っています。ですので帝玉くんたちの開花はお預けです。


今日のこよみ   
日の出    05:49
日の入    18:16
月の出    04:31
月の入    16:40
正午月齢   27.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

3輪同時開花の帝玉達!

4日ぶりのプレイオスピロス属 帝玉(Pleiospilos nelii)くん達です!3時半に戻ってきたら3輪同時開花が2株、2輪同時開花が2株、1輪開花が1株でした!画像はクリックすると大きくなります。

3輪同時開花の帝玉 3輪同時開花の帝玉

左の写真は中株です。1輪目の花がかなり痛んでいますが、3輪目が開きこの株としては初の3輪同時開花を達成しました!本日は気温も高く湿度も低くしかも風が結構強かったので、もう既に7回目の1輪目にはかなり厳しい条件でした。このあと全ての鉢に水やりしましたが、明日まで持ってくれるでしょうか?右の写真は分頭中の大株です。右の株の2輪目がなかなか開いてくれなくて3輪同時開花となりました。明日は4輪同時開花が見られるでしょうか?!

2輪同時開花の帝玉 2輪同時開花の帝玉

左の写真は大株です。新芽がなかなか大きくなってくれなかったのですが、ここにきてやっと古葉以上のサイズにまでなりパワーが出て来ました。ただ古葉も柔らかくなりやすいようで、3、4日に一回程度の軽めの水やりをしています。右の写真は中株です。昨年植え替えていないので常に水やり代わりに薄い液肥を与えてきました。そのせいかパワーもほどほどにあるようで一気に2輪同時開花してくれました。

2輪同時開花目前の帝玉

こちらは中株です。花径が大きくこの株は1輪しか見えませんが、2輪目も先端が開いていました。ですから次回ははっきりと見せてくれるでしょう?!

以降の帝玉の管理、育て方ですが、帝玉は耐寒性も耐暑性も大変高く、我が家のようにマイナス5度からプラス40度を超えるところでも、1年中屋外で平気です。また高温多湿にも強く、一年間水耕栽培しましたが、まったく平気でした。常に直射光下に置き、長い日照時間を与えます。開花が始まると今まで以上に水を欲しがる様になりますので、古葉が柔らかくなり始めたら鉢の下半分を数秒水に浸けて引き上げるような形の腰水で与えます。気温が高くなり湿度も低いと3、4日に1回ぐらいのペースの時もあります。また結実するとさらに古葉が縮みやすくなりますので、薄目の液肥で追肥しながらなるべく古葉が干からびないようにします。結実が熟す前に古葉が早く干からび1対だけになると株が持たない可能性もありますので、少なくとも7月上旬頃までは古葉を持たすことが重要です。帝玉は室内では絶対にまともには育ちません。1年を通じて屋外でなるべく長い日照時間を与えることが帝玉栽培の最大のポイントです。

今日は本当に良く晴れました。朝から夕方まで雲1つない天気は初めてかもしれません。気温も上がり気象庁発表でも23度まで上がりました。


今日のこよみ   
日の出    05:50
日の入    18:15
月の出    03:51
月の入    15:32
正午月齢   26.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

53輪同時開花の銀紗丸と猩々丸達!

4日ぶりの登場、マミラリア属 銀紗丸(Mammillaria discolor ssp.discolor)大株くんです。なんと53輪の同時開花をして記録を更新しました!一時頃ならもっと開いているかもしれませんが、午後から出かけるのでしかたありません。画像はクリックすると大きくなります。

53輪同時開花の銀紗丸 53輪同時開花の銀紗丸

この4日間で一部萎んだ花もありますが、繋がっていなかったところも完全に繋がり見事な咲きっぷりです!右の写真は最も密度の高い所ですが、最初に咲いた花が萎んで穴が空いているのが分かります。まあとにかく変わった咲き方には違いありません。

パラパラ咲きの猩々丸大株 花芽が上がってきた錦丸

こちらはずっとパラパラ咲きの猩々丸(しょうじょうまる Mammillaria spinosissima)大株くんです。今日も3輪だけで開花しています。昨年結実させたので、やはり今年は開花数はかなり少ないようです。右の写真は錦丸(にしきまる Mammillaria spinosissima)くんです。昨年なんと74輪もの花を咲かせましたが、その疲れもほとんど無く今年も沢山花芽が上がってきました。今回の花芽は昨年の花がらに続いて出てきているようです。もう1株の錦丸と猩々丸子株にも花芽が上がってきています。

今日は朝から大変良く晴れています。雲一つありません。縮玉も2輪開花していました。多彩玉も開花が始まったようです。


今日のこよみ   
日の出    05:50
日の入    18:15
月の出    03:51
月の入    15:32
正午月齢   26.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

頭の体操 問題1 解答

解答です。

頭の体操 問題1

図1の中にも書いていますが、展開図から組み立てる場合あまり面の移動距離が長いと考え難くなります。ですから普通は右の小さな正方形を底面として考えるほうが良いのですが、この問題はわざと分かり難くなるように書かれています。ですので今回は左の大きな正方形を底面として考えながら組み立てていきます。

kaitou01_01.jpg

そして問題文と図から長さなどの分かる場所に寸法を入れます。またどの頂点と頂点が一致するかなどを書き込んでいくとさらに分かりやすくなります。この問題では小さな正方形EFGHの対角線の長さが6cmになるのがポンイトです。

kaitou01_02.jpg

そして図2のように残り3ヶの直角二等辺三角形を正方形ABCDに付けるとさらに分かりやすくなると思います。ここまでくれば組み立てられる立体は図3のようになるのが、分かると思います。もしこれでも分かり難いのでしたら、図1か図2をクリックして大きな画像を出し、それをプリントして実際に組み立ててください!

kaitou01_03.jpg

出来上がった立体は、直方体の4つの角が削られた形になります。高さは図4のように直角二等辺三角形の高さEMになります。何故そうなるかというと天面の正方形EFGHの対角線が6cmで正方形ABCDの一辺に一致するので、直角二等辺三角形は底面ABCDに垂直でなければならないからです。

kaitou01_04.jpg

直角二等辺三角形の高さですが、小学校では三角定規の使い方や特徴で出て来ます。図4に書いたようにEMで2つに折り重ねると新たに直角二等辺三角形ができ、CM=EMとなりEMは3cmとなります。この事から図3の削り取られた三角錐の底面AGHやBFGなどはすべて一辺3cmの2等辺三角形で、高さは3cmです。三角錐の体積を求める公式は小学校では習いませんので、問題に記載されていますので、それを使って体積を求めます。
よって
正方形ABCDを底面とする四角柱の体積は 6×6×3=108
4隅の三角錐4ヶの体積は 3×3÷2×3÷3×4=18
立体の体積は 108-18=90 となります。

この問題は制限時間50分の入試問題の13問中の1問です。ですから平均3分半ぐらいでは解かないといけませんが、レベル的には平均より易しい問題ですので、2分以内がマストといったところでしょうか?!

小学生に教えるつもりでかなり丁寧に解説しましたが、次回からはもう少し簡単にします!


今日のこよみ   
日の出    05:50
日の入    18:15
月の出    03:51
月の入    15:32
正午月齢   26.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

サボテンの実生苗たち

久しぶりの登場、2013年秋実生のサボテン達です!3月に入り帝玉やマミラリアの開花などに気を取られて、実生苗を見ていませんでした。すると2012年の秋実生の鉢は水切れでいくつか干からびていました。

2013年秋実生の青王丸、銀小町、内裏玉、黄雪晃 2013年秋実生の猩々丸と緋花玉

また2013年の秋実生の鉢には表土に黒カビがビッシリ生えていました。それで先週土曜日に消毒用エタノールで灌水して、日曜日に植え替えしました。土が少しでも着いているとまたカビが発生するかもしれないので、強酸性水の中に浸けて、土が一粒も残らないようにして植え替えました。でもさすがにまだ半年ほどしか経っていない2~3mmの小さな苗ですので、根が切れやすく半分ぐらいの苗は大変短くなってしまいました。植え替えてから一週間ほどになりましたが、今のところ腐ったり、干からびたりはしていないようです。手前左から青王丸、銀小町、短毛丸(2012年)、後列左から内裏玉、黄雪晃、短毛丸(2012年)です。2012年の短毛丸の鉢は完全に水切れしていて大きな2株は綺麗な緑を保っていますが、他は干からび、なんとか2株だけ助かりました。右の猩々丸と緋花玉の鉢も水切れしていてまた赤くさせてしまいました。

2012年秋実生の紅小町 2012年秋実生の黄雪晃

こちらは2012年秋実生の紅小町です。色も良くなってきたので、なんとか根を張りだしたみたいです。右のは2012年秋実生の黄雪晃です。黄雪晃と一緒に植え付けていたディスコカクタスHU639は完全に干からびてしまいました、残念!黄雪晃もとうとう7本だけになりました。帝玉の実生苗のように極端な水切れさえささなければ今の時期の直射光でもへっちゃらな苗なら良いのですが、サボテン達はなかなかそうはいきませんので、難しいですねぇ!短毛丸でさえ4本しか残っていないのですから!

夕方になって気温が下がってきました。明日は場所によっては霜に注意とニュースで言っていましたから、我が家は霜が降りる可能性がかなり高いかも?!


今日のこよみ   
日の出    05:52
日の入    18:14
月の出    03:09
月の入    14:25
正午月齢   25.8
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア