fc2ブログ

ダブネリーと茶福来玉の植え替え

朝一で抜いた富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)と福来玉系の茶福来玉(チャフクライギョク Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179)をお昼休みに植え込みました。画像はクリックすると大きくなります。

株がぶつかり合ったダブネリーと茶福来玉

これまでずっと株の側面がまったく見えないほど土を被せていたので、古葉が開きにくく新芽の生長が遅い気がしていました。ですから写真の様に一週間前に少し表土を除いていたのですが、それでもやはり茶福来玉が分頭したダブネリーの上に乗かっていて脱皮が進みにくいような状況でした。それで植え替えに踏み切ったのです。

抜いたダブネリーと茶福来玉

前の投稿にも書いていますが、抜いた時下半分がもの凄い根鉢になっていて驚きました!表土等はこぼれましたが途中からは完全な根鉢で、鉢には鉢底石(鹿沼土)が一粒も残らずすっぽりと取れましたからねぇ!!ですからこれだけ根がしっかりと張っていたので栽培方法は間違っていないと思いました。側面に表土が食い込んでいた跡がくっきりと残っています。まあ古葉が柔らかくなってきているので分かりやすいのだと思いますが、ここまで食い込んでいるとは思っていませんでした。ダブネリーはまったく徒長していませんが、茶福来玉はダブネリーの上に乗っかった感じで生長したので、私にはかなり徒長しているように思いますが、どうなんでしょうか?? 今度は脱皮後ぶつからないように植え込みましたので、ちゃんと生育させられるでしょう!根はこのあと90%のエタノールで消毒しました。エタノールで消毒すると根ジラミがつかなくなる気がします。ここ3年間はサボテン、多肉で根ジラミが発生した鉢は1つもありません。

植え込んだダブネリーと茶福来玉

こちらが植え付け後の写真です。直径2cmの一円玉と一緒に写しましたので、大きさが分かってもらえると思います。鉢は4号白プラ深鉢(高さ13.5cm)です。まだ脱皮の途中ですので、用土を少しいれては霧吹きで軽く湿らせながら、入れていきました。2年は植え替え無いつもりですので、マグアンプK大粒とハイグリーン(微量元素肥料)を適量入れました。土は先日購入したサボテン培養土です。表土付近は日向土微粒です。しばらく乾燥気味にするのでオルトラン粒剤DXを用土全体に混ぜ込みました。根ジラミは発生しなくなりましたが、ダニの発生率が年々高くなってきた気がしますので、今回はしっかりと全面全層にいれました。脱皮後は茶福来玉は脱皮前と同じぐらいかやや大きいいぐらいにはなると思いますが、ダブネリーは分頭したので、半分かそれよりやや大きいぐらいでしょうか?早く脱皮してくれないかな、そうすれば頭からたっぷり水やり出来るのですがねぇ!!明日は白花黄紫勲(分頭)を単独で植え替えします!

実生紅葉が結実し種子が出来始めました!


今日のこよみ
日の出    05:17
日の入    18:35
月の出    00:21
月の入    11:10
正午月齢   22.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

二分岐の花芽だったアロエベラ

9日ぶりの登場、アロエベラ(Aloe Vera)くんです。写真の様になんと花芽は二分岐でした!画像はクリックすると大きくなります。

二分岐の花芽だったアロエベラ

アロエ不夜城などやキダチアロエなどでも初めて花を着けるときはすべて単頭の花芽でした。ですから初の花芽が分岐しているのも初めてです。アロエベラが単頭より分岐した花芽を上げやすいのかもしれませんが、単頭よりは見栄えもするので、開花が楽しみです!!それと最近は自生地でも交配が進み、オレンジ色の花を着けるのも多くなってきていると聞きますが、この花芽の感じからすると、従来のライムイエローの花が咲いてくれそうです!!!やや花軸の伸びが不夜城などに比べると遅い気がしますが、このままのペースで伸びるとすると開花はまだ1ヶ月以上は先になりそうです?!

カットした秋麗の花

アロエベラの花芽だけでは寂しいので、黄花の秋麗の花を載っけておきます。あまりにも他の鉢の邪魔になるので、花軸をカットしました。苞葉が着いているのでたぶん光合成できると思うのでハイポネックス微粉2000倍に挿しておきました。さて残りの蕾も開花してくれるでしょうか?


今日のこよみ
日の出    05:17
日の入    18:35
月の出    00:21
月の入    11:10
正午月齢   22.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

今日のマミラリア達!

曇っていますし、気温も低いので綺麗には開花していませんが、今日のマミラリアくん達の様子です!画像はクリックすると大きくなります。

開花中の月影丸子株 開花中の月影丸子株

月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)子株です。前回紹介したのとは違う株です。どちらも株元に子吹きが出て花芽が上がってきています。右の株はアングルの関係で写っていません。月影丸はこんな曇りの日でもわりと開いてくれます。でもやはり陽が射している方が綺麗に開いてくれます。

開花中の金洋丸子株 開花中の金洋丸大株

こちらは金洋丸(Mammillaria marksiana)子株くんと大株くんです。大株は強い陽射しが無いと綺麗には開きませんが、子株は割と陽射しが弱くても開いてくれます。もともと子株は強い陽射しだと肌色が薄くなりやすいので、右の大株とは若干性質が異なるのかもしれません。子株は3.5号鉢で大株は4.5号鉢です。

猛烈に子吹き出した銀手毬 猛烈に子吹き出した銀手毬

こちらは銀手毬(ぎんてまり Mammillaria vetula ssp.gracilis)です。矢印の着いたところから先端が赤い棘が出てきています。この棘が出て来ると花芽が上がってきます。親株以外にも6株が今年開花株になりそうです。それと株が太くなったと思っていたら、違っていました。天頂部付近にも猛烈に子吹きだし、その子株が膨らんで、株が太くなったように見えていたのです。

猛烈に子吹き出した銀手毬 花が終わりだした月宮殿

左の写真は銀手毬親株くんです。この親株が我が家に来たのは2012年5月14日ですので、まだ2年も経たないうちに上の写真のような状態になったのです。我が家に来たときはまだ株径16mmしかない株だったのですが、親自身も大きくなり子吹きまくっています!右の写真はマミロプシス属 月宮殿(げっきゅうでん Mamilopsis senilis)です。マミロプシス属ですが、最近ではマミラリアに統合されている場合も多いので、このブログではマミラリアにしています。月宮殿もだいぶ花が終わりました。でも萎んでいるのに、雌蕊だけ出たままです。こんな状態になっても雌蕊は開いていません。開いたのはたった1輪でしたが、その翌日には干からびたみたいになっていました。でも開いていない雌蕊はまだかなりしっかりしている感じに見えます。月宮殿は本当に自家受粉するのでしょうかねぇ?!1輪の開花日数は9日から11日ぐらいあるようです。

冒頭でも書いていますが、曇っています。気温も低く少し肌寒い気がします。朝一でリトープスの茶福来玉とダブネリーを抜きました。猛烈な根鉢になっていて驚きました!


今日のこよみ
日の出    05:17
日の入    18:35
月の出    00:21
月の入    11:10
正午月齢   22.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア