fc2ブログ

開花が始まった海王丸

3日前にそろそろギムノの季節と書いていましたが、ギムノカリキウム属 海王丸(カイオウマル Gymnocalycium denudatum)くんの開花が始まりました!画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった海王丸

こちらの株は2012年5月18日に京都シャボテンクラブ主催のサボテンテ展で購入した実生 村主特豪刺優型海王丸です。2012年に一度別宅で花を見ましたが、自宅では初めての花となりました。できれば単独での開花を期待していたのですが、3輪同時開花となりました。まあでも割と綺麗には開いてくれているようです。花径は55mmほどで花茎は25mmほどです。単独で反り返るように開けば65mmぐらいにはなってくれると思われます。花弁の色はやや黄色みがかった白で、雌蕊も雄蕊も明るい黄色です。

開花が始まった海王丸

こちらは2011年10月24日に大型園芸店で100円1号ポット苗で迎えた株ですが、処女花です。花径はおよそ55mm、花茎も25mmほどで上の株とほとんど同じです。でも花弁の色はこちらはやや赤みがある白です。雌蕊も雄蕊も黄色ですが、上の株よりはやや白っぽい感じです。ギムノは品種より開花日数がずいぶん違いますが、さてこれらの海王丸くん達はどれぐらい花を楽しませてくれるでしょうか?!

湿度が低いので蒸し暑くはありませんが、気温が高く先ほどベランダの日陰で28度まで上がっていました。ノトカクタスくん達が今年は今一綺麗に開花してくれません、どうしてなんでしょうか??


今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    01:45
月の入    14:27
正午月齢   24.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

満開月影丸!

久しぶりの登場、マミラリア属 月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana)くんの6号群生株です。画像はクリックすると大きくなります。

満開月影丸! 今日も満開の月影丸!

危険なため陽当たりの悪い場所に追いやられ、先日からやっと開花が始まり、そして本日満開になりました!冬も陽当たりが悪いため、着花数も昨年にくらべだいぶ少なくなりましたが、それでも各々の株が花輪を一周させて綺麗に咲いてくれました!右の写真は5月8日の3.5号鉢の群生株が満開になったときのものです。こちらの株も6号に植え替え無いとかなり危険な状態です。でもそうするとまた一階軒下に置くしか無くなりますので、来年は花があまり期待出来なくなります。まあ子吹きを外して小さくすればいいのですが、ここまで群生すると株同士がぶつかり、すでに棘と刺が絡み合っているので外した時にアレオーレがかなり取れてしまいます。以前6号群生から大きな子株を2ヶ外した時もかなり棘が取れました。ですから月影丸のような鉤針状の棘をもつ品種は群生を作らない方がいいのです。でも月影丸は子吹き旺盛なので2、3年で群生してしまうのでどうしようもありません。
以降の月影丸の管理、育て方ですが、気温が高い時に水切れさせると日焼けし変色しますので、50%程度の遮光下に置いて管理します。ただし日照時間が短いと徒長し軟弱になりますので、なるべく長い日照時間を与えます。水は欲しがる方ですが、水やりが多いと徒長し易くなりますので、他のマミラリアよりはやや少なめが無難です。耐寒性は抜群で、我が家のようにマイナス5、6度程までしか下がらないような環境では、寒風吹きさらしの一階軒下などで十分越冬可能です。植え替えは厳冬期を除けばいつでも可能ですが、最近は8月中旬~9月中旬頃に植え替えています。
月影丸は百均やHCでも良く見かける普及種ですが、国際自然保護連合カテゴリー絶滅危惧IB類(EN)に指定されております。

今日は朝から良く晴れていて湿度も低く気温も高いので小さな鉢は日焼けに要注意です!海王丸の蕾の先端が少し開き始めました!先日突風で吹き飛んだ枇杷と芍薬の植え替えをしました。日の入りが19時台になりました!!


今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    01:45
月の入    14:27
正午月齢   24.9
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
フリーエリア