fc2ブログ

ど根性実生帝玉の植え替え

およそ2ヶ月半ぶりの登場、プレイオスピロス属 ど根性帝玉(Pleiospilos nelii)くん達です。何故ど根性かというと、古土に混ざっていた帝玉の種子がハオルチアの寿や、エキノプシスの短毛丸の表土で発芽し生長したからです!画像はクリックすると大きくなります。

ど根性実生帝玉!

寿の鉢では4ヶが、短毛丸の鉢2鉢で5ヶが発芽しました。発芽時期も異なり生長の差はかなりありますが、植え替えても問題ないぐらいには生長したので、本日抜いて一鉢にまとめました!葉が1対しかない苗が2株、新芽が出ず、まだ赤さがある苗が2株ありますが、少し遮光して水切れささないようにすればなんとかこのまま夏を越してくれると思います。植え替え時に根もかなり切れてしまっているので、しばらくは腰水にして管理します。このぐらいのサイズの帝玉は、植え替えて1~2週間は下半分ぐらいが乾かないようにしないと、根が直ぐに枯れてしまいますので、要注意です!まあ昨年の秋実生苗が386株も元気に育っているし、春実生苗も23株、親株は5株あるので、これらが例え枯れても問題はありませんが、ど根性で1年以上経って発芽してきた苗ですから、まあ開花株ぐらいにはしてやろうと思います!
以降の実生半年ほどの帝玉の管理、育て方ですが、水を切らさないようにして、30%程度の遮光下に置き、長い日照時間を与えます。実生苗は年に2回新芽を出しますので、古葉を枯らさないように管理すれば、3対から4対の株になります。対が多いほど夏場の管理が楽になります!これまで見た限りでは肥料もかなり好みますので、月に1、2回薄目の液肥を与えています。私はハイポネックス微粉を4000倍で与えています。

今日も朝から小雨が降ったり、止んだりの天気でしたが、お昼前後は止んでいる時間が長かったので、幾つか植え替えができました!久しぶりにまた雪晃の播種にチャレンジしました。今回は子株の自家受粉種子です。さてこの子株は正しい自家受粉が出来ているのでしょうか?!日の入りが18時台になりました。

今日のこよみ
日の出    05:07
日の入    18:59
月の出    11:35
月の入    22:47
正午月齢   07.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア