fc2ブログ

次々に発芽した実生雪晃

今月3日に播種し、8日から発芽が始まったパロディア属(旧ブラジリカクタス属) 雪晃(せっこう Parodia haselbergii )子株の種子ですが、以降次々に発芽しました!これまで1000粒以上蒔いて1本しか発芽しなかったのが嘘のようです!画像はクリックすると大きくなります。

次々に発芽した実生雪晃 次々に発芽した実生雪晃

今年子株は1鞘しか開花しませんでしたので、結実も当然1鞘です。でもかなりの種子数で、1ポットに100粒ほど播種していますので、2ポットで200粒ほどです。しかも浮いた種子はかなり捨てましたので、雪晃は1鞘あれば十分です。1ポットでおよそ4割の40数本が発芽していて、合計85本が今日現在までで発芽しています。でもここ数日光が弱かったせいか、みんなひょろひょろです。用土は鉢底に鹿沼土4~6mmを軽くいれ、その上にイズカライト少々、そしてHCのサボテン多肉培養土をかなり上まで入れています。その上にバーミキュライト微粒を5mmほど敷き詰め、そこにハイポネックス微粉を軽くすき込んでいます。そしてバーミキュライトが浮かないように、鹿沼土0.5~1.5mmを軽く敷いています。水は水道水2Lあたりにお酢2ccを入れた弱酸性水で灌水しています!

我が家の実生ボックス 我が家の実生ボックスの置き場所

左の写真は雪晃子株や中株、黄雪晃の今年採種した自家産の種子を播種した実生ボックスです。右端の2ヶが子株の種子を播種したポットです。その左2ヶが中株の種子、左端2ヶが黄雪晃の種子を播種したポットです。ポットはスリットになっているので腰水で簡単に水を補給できます。ただスリットのぶん用土も流れ出やすく水が汚れやすいのが欠点です。ボックスは百均のもので、これはちょっと透明度が高かったのと、密閉性がやや少なく結露しなかったので、ラップを張ってから蓋を閉めています。そうすれば湿度100%を保てています。置き場所は右の写真の様に、棚の下段です。奥にもDVDのケース2ヶに春実生苗や夏実生苗などが入っています。棚には天面と南と西側に65%の遮光ネットが張ってありますが、東側は張ってありませんので、ボックスの上に65%の遮光ネットを乗っけています。これでも焼ける品種もあるし、雪晃の様に伸びるのもいるのでなかなか難しいです!

今日は朝から良く晴れましたが、お昼前に少しだけ雨が降りました。気温はそれほど上がらず、ベランダは33度台でした。麗蛇丸と翠晃冠が開花していました!

今日のこよみ
日の出    05:13
日の入    18:51
月の出    18:59
月の入    05:29
正午月齢   15.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア