fc2ブログ

朧月の収穫と挿し木

葉挿しのグラプトペダルム属 朧月(おぼろづき Graptopetalum paraguayense)の新芽を収穫し、挿し木しました。画像はクリックすると大きくなります。

朧月の挿し木

葉挿しは3枚でしたが、1枚が4分頭したので6つの株が収穫出来ました。7月の初めに葉挿ししたのが、単頭であれば6~7cmにまでなるとはさすがに朧月です。写真の様に6号の浅鉢に挿し木しておきました。朧月は強健なので、水やり後このまま陽当たりに置いておいても発根までに下葉が枯れるなんてことはほとんど無いと思います。

収穫後の朧月葉挿し

こちらは収穫後の様子です。中央の朧月の葉挿しの新芽の茎に1、2枚葉を残しておけば、元葉が枯れることはありません。ですから一度葉挿しすれば、何度でも新芽が収穫出来ます。ですのであっという間に増やすことが出来るのです。回りは苞葉挿しのパキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。こちらは花軸に着いていた苞葉を挿した物です。葉挿しをしなくてもどうせ花後カットする花軸の苞葉で増やせば、株のバランスも崩れませんし、花軸1本で10~15枚の苞葉があるので、一度に増やすにはたいへん便利です。昨年は花軸が6本もあったので、すべて挿し木していれば70~80株になっていたはずですが、そんなにあってもしかたないので、15本だけ挿し木しました。新芽から脇芽が出て、かなり株が増えています。この写真のサムネイルでは分かりませんが、拡大すると昨日のど根性雪晃の発芽が確認出来ます。

秋麗、朧月、ブロンズ姫の挿し木

こちらは6月に徒長した部分をカットして挿し木した物です。秋麗が2株、朧月が2株、ブロンズ姫が1株です。秋麗はたいへん脇芽が出やすいようで、もう2本出ているようです。この3種はとにかく強健で、真夏の直射光下でもまったく日焼けもしませんし、寒さにも大変強い品種です。ただ日照時間が短いと徒長し易いのが玉に瑕です。

今日も朝から良く晴れていますので、リトープスの開花に期待したいですねぇ!!

今日のこよみ
日の出    06:20
日の入    17:01
月の出    15:18
月の入    03:03
正午月齢   11.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア