fc2ブログ

結実した白花黄紫勲とダブネリーと脱皮状況!

昨年異株で交配した、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei "Albinica" C036-A)ですが、3株とも結実しました。画像はクリックすると大きくなります。

結実した白花黄紫勲 結実した白花黄紫勲

まだ緑色ですが、これが茶色くなれば収穫となります。昨年は蒴果は6月の中頃まで株に着けていましたが、今年は収穫したら直ぐに蒔くつもりです。

結実したダブネリー 

こちらは富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。分頭した苗同士で交配しました。右の株は結実したようですが、左は少し微妙です。まあ1鞘あれば数はかなり出来ていると思いますので、これで十分です。左に見えているのは福来玉系の茶福来玉(チャフクライギョク Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179)です。この株は自家受粉させてみましたが、今のところ結実はしていないように見えます。でもあまり分頭しないような品種は自家受粉でもしないと子孫が残せないのにねぇ?

脱皮順調グローエンドライエンシス 次々に脱皮し始めた実生白花黄紫勲

左は曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスです。昨シーズンは花芽が上がって来なかったので、内部で花が枯れていないか心配でしたが、大丈夫なようです。脱皮も順調に進んでいるようです。右は2014年夏実生の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei "Albinica" C036-A)です。最初の脱皮はどれも側面が破れて皮が干からびて行くみたいです。この鉢はこんな感じの脱皮中の苗が30ほどあります。ちゃんと脱皮するのも出てくるのでしょうか??

折れそうなほど雪で撓んだ実生枇杷

これはお昼前の表の様子です。積雪は15cm程でした。葉っぱの大きな枇杷にはかなり雪が積もって右側の枇杷は枝が折れそうなほどにまでなっていました。不夜城も形がほとんど分からなくなっています。裏庭も地植えのサボテンや多肉も15cmの積雪でまったく分からなくなっていました。午後から少し晴れ間が出たので、かなり溶けましたが今晩も冷えるようですので、完全に凍ってしまいそうです。


今日のこよみ
日の出    07:05
日の入    16:57
月の出    14:44
月の入    03:58
正午月齢   11.1
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
フリーエリア