fc2ブログ

結実した?黄鳴弦玉

およそ10日ぶりの登場、柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。画像はクリックすると大きくなります。

結実したみたい?黄鳴弦玉

前回は結実しなかったようですと書いていましたが、どうも左の株は結実し膨らんできたみたいです。鳴弦玉の蒴果は紫勲系に比べると小さいようなので、この程度の大きさでもわりと種子が出来ているかもしれませんねぇ?!

2株とも結実したダブネリー

こちらは富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。こちらは前回1株だけが結実したようですと書いていましたが、2株とも結実したみたいです。それと少し合着面が割れてきたように見えますので、脱皮が始まろうとしているようです。脱皮が始まると2つの結実は内側に移動して来ます!

話は少し前に逆上ります!
リトープスは自家受粉はしないと一般的には言われています。リトープスの自生地で、例えば黄鳴弦玉の元種の鳴弦玉の群落が、十数mから数十mおきに点々と存在しているのなら虫などによって異株による交配は可能でしょう。でももっと距離が離れているとか、群落の数がそれほど多くなければ、異株による交配は難しい事は容易に想像できます。ですから同じクローンである分頭苗であっても他花間であれば交配でき、発芽できる種子を作ることが出来るようになっているのではと考え、今回この黄鳴弦玉とダブネリーで他花間での交配をしてみました。しかし異株で交配した白花黄紫勲は1ヶ月もしないうちに子房が膨らんできたのに対し、 交配から2ヶ月も経つのに、子房が膨らんで来ないので、この考えは間違っているのだと思っていました。ですが、3ヶ月近く経ちダブネリーの1株の子房が膨らみ始め、そしてようやく黄鳴弦玉も子房が膨らんできたので、もしかしたら異株ほどは種子は取れないが、万が一に備えてやはり種子は出来るのかもしれません。ただし蒔いてみないと発芽するかは分かりませんし、アルビノばかりが出て来たりするかもしれませんし、弱い苗ばかりかもしれません。
それともう1つはグローエンドライエンシスです。本種は滅多に分頭しないのです。ですからグローエンドライエンシスは自家受粉するのではとも考えていましたが、昨シーズンは開花してくれませんでしたので受粉は出来ませんでした。そこで単頭の茶福来玉には実験的に受粉させておきました。

茶福来玉

ということで福来玉系の茶福来玉(チャフクライギョク Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179)です。茶福来玉は昨シーズンが初の開花だったので、花がらの枯れ方などは分かりませんが、2ヶ月経った今もこんな状態というのは少し違和感があります。少し残った花弁などはもっと枯れても良さそうなのですがけっこう綺麗な感じですし、花茎も瑞々しい感じがあります。ですから、黄鳴弦玉やダブネリーのようにあと1ヶ月ぐらい経つともしかしたら膨らんでくるかもしれませんねぇ?!

今日も日照はほとんど無く、気温も上がらずかなり寒いです!

今日のこよみ
日の出    06:58
日の入    17:22
月の出    12:44
月の入    01:53
正午月齢   08.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
フリーエリア