fc2ブログ

リトープス脱皮状況2

およそ3週間ぶりの登場、我が家のリトープス達の脱皮状況です!リトープスの脱皮時期は、同じ品種であっても苗の大きさや開花時期のズレ、結実しているかどうか等で変わります。小さな苗ほど脱皮は早いようです。開花時期が平年より遅くなった時などは脱皮時期も遅れる傾向があるようです。また開花した場合、結実した苗は結実していない苗よりかは脱皮が遅くなるようです。これは植物が子孫を残すことを最優先するため、脱皮より種子の熟成にエネルギーを使うためと考えられます。画像はクリックすると大きくなります。

白花黄紫勲

まずは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)くんの分頭苗です。結実が内側により合着面もかなり開いて、この距離でも新芽が見える様になりました。古葉もかなシワが入りいつもそうですが、脱皮開始は遅いのに脱皮し始めたら一気に脱皮してくれる頼もしいヤツです!

白花黄紫勲とグローエンドライエンシス

左は上と同じく白花黄紫勲です。昨年は脱皮に時間がかかっていましたが、今シーズンは大変順調なようです。できれば分頭を期待していましたが、結実が端に寄って行っていますので、単頭のままのようです。右は曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスです。脱皮も順調ですが、4月に入り日照が不足しているせいでやや遅くなってきた気がします。白花黄紫勲は頂面に透明点が多数あるので模様による遮光率は少ないタイプですが、グローエンドライエンシスは透明点が全く無いのでかなり遮光率が高いタイプです。ですからことのころの光量不足と日照時間の不足の影響がもろに出ているようです。

ダブネリーと茶福来玉

左は富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。昨シーズンは分頭してくれましたが、今シーズンは結実が内側に移動しているので、それぞれは単頭のようです。ダブネリーは半透明点ですが、ただ割と透明に近いタイプなので模様による遮光率は低いタイプですので、なんとか順調に脱皮しているようです。右は福来玉系の茶福来玉(チャフクライギョク Lithops julii subsp fulleri var.brunnea C179)です。結実が元の位置から動かず、脱皮していますので分頭すると読んでいましたが、まったくその通りに分頭してくれました。茶福来玉の頂面の模様は半透明から不透明なので、遮光率は高いタイプです。ただ株が大きいせいか以外と順調に脱皮しているようです!

トップレッドと黄鳴弦玉

左は花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。トップレッドもほとんど不透明な模様ですので、遮光率はかなり高いタイプです。ですからこのところの光量不足と日照時間の不足で新芽の生長もかなり遅くなっている気がします。右は柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。黄鳴弦玉もさらなる分頭を期待していたのですが、単頭のままのようです。黄鳴弦玉の頂面の模様は透明から半透明の部分も割とあるので、遮光率はそれほど高くはないようです。ですから頂面の模様から考えるとトップレッドと黄鳴弦玉を同じ鉢での栽培は少し無理があるかもしれません。脱皮は前回からするとだいぶ進んできていますが、あまり勢いがある感じはありません!

日輪玉

日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。3株は脱皮も終了し、残る1株も新芽がだいぶ大きくなって来ました。ただ表土を多めに入れたままだったので、古葉が左右に開きにくかった様で、頂面がかなり盛り上がってきています。急いで表土を取り除きましたが、直ぐには戻らないようです。日輪玉も透明点が多く遮光率は少ないタイプのようです。

頂面の色については回りの土の色に擬態していると言われていますが、何故リトープスはこんないろいろな模様になっているかというとやはり自生地の環境だと思われます。緯度が低く一年中昼の時間が長い場所だと真上から日を浴びることが多く、透明点を少なくなし遮光率を上げているのではないでしょうか?!また自生地に低木や雑草などが多く陰になる時間が多い場所等では、透明点を増やし光量の不足にならない様にしているのだと思います。ですから透明点の多い品種は多少遮光しても問題無いかもしれませんが、透明点がほとんど無いタイプは過度の遮光は命取りになる可能性が高い様な気がします。

午前中は小雨が降ったり止んだりでしたが午後からは雨は止みました。でも日差しはほとんどありませんでした。

今日のこよみ
日の出    05:21
日の入    18:32
月の出    05:37
月の入    19:04
正午月齢   00.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
フリーエリア