fc2ブログ

脱皮が始まった2016年春実生の白花黄紫勲

およそ1ヶ月ぶりの登場、2016年4月実生の紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。なんと脱皮が始まりました!画像はクリックすると大きくなります。

脱皮が始まった2016年春実生の白花黄紫勲 脱皮が始まった2016年春実生の白花黄紫勲

2014年夏実生苗の脱皮は2014年12月中頃からでした。ただ翌年は12月がメインでしたが、一部の苗に9月頃に脱皮するのがいました。2014年夏実生は当然発芽したばかりですので、8月や9月に脱皮っするはずはありません。発芽からある程度の時間が必要と思われます。2014年の実生で言うと発芽が8月の下旬から9月の中旬にかけてで、脱皮開始が12月の中旬から1月の上旬頃でした。ですからおよそ4ヶ月ほどと言うことになります。それを今回の実生に当てはめると、発芽が4月下旬から6月上旬頃ですので、脱皮は8月の下旬から10月の上旬頃になります。なのでこの時期の脱皮はおかしな時期ではないと思われます!この事を確かめるには、時期を色々替えて実生を行うことことですが、あまり気温が低いと発芽が厳しくなると予想されますし、あまりにも小さな苗での冬越しも面倒になりますので、実生時期は早くて3月、遅くて10月初め頃と言ったところでしょう!ですからこれから出来るとしたら、来月中旬頃に播種するぐらいでしょうか?!ただし生長するにつれて京都の気候に慣れ、一年間の気温や光量、日照時間等の気象条件に合わせた脱皮時期に変わっていくと思われます!!

今日も猛暑日となりました。湿度も結構低く風もわりとあったので用土の乾きが早く、今日はベランダ、一階軒下など全ての鉢に水やりしました。錦丸、地久丸と玉翁に結実が上がって来ていました!玉翁は初めてです!

今日のこよみ
日の出    05:25
日の入    18:32
月の出    --:--
月の入    13:32
正午月齢   23.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

実生雪晃の植え替え

6日ぶりの登場、 2014年夏実生の雪晃(せっこう Parodia haselbergii )です。画像はクリックすると大きくなります。

抜いた実生雪晃 抜いた実生雪晃

前回の記事でかなり縦に伸び出したと書いていましたが、その中でも特に縦に伸びている3ポット43本を植え替えのために抜きました。ただ1本は株元に張り付いていた用土を取ろうとしたら、株元がちぎれてしまいました。株元を触ってみるとかなり柔らかいので、たぶん駄目だと思います。10日前から完全に水を切っていましたので、全体的に株元がより赤くなっているようです。また小さな苗はやはり根の張りが悪いものが多くありました。このあと用土を完全に落とし、根は3cm程度に切り詰めて乾燥させました!さすがにまだ小さい苗なので、明日夕方まで乾燥させて植え込む予定です。サイズに関係なく1ポット9本植えにするつもりです。

今日も猛暑日となりました。昨年もかなり暑かったですが、お盆以降はかなり気温が下がりました。しかし今年はまだ猛暑日がしばらく続きそうですので、かなり厳しい夏越しになっています。開花したグローエンドライエンシスの小さい方の苗が少し調子が悪そうです。もしかしたら小さい株で開花したために体力が持たないのかもしれません。

今日のこよみ
日の出    05:24
日の入    18:33
月の出    23:25
月の入    12:29
正午月齢   22.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

結実が熟した海王丸の種取り

およそ2ヶ月半ぶりの登場、ギムノカリキウム属 海王丸(カイオウマル Gymnocalycium denudatum)です。画像はクリックすると大きくなります。

結実が熟した海王丸

写真でも分かる様に右側の結実が熟して変色し始めましたので、採種しました。左のはまだ時間がかかりそうですが、同時に採種しても問題無いと判断して、どちらも外しました。海王丸は自家受粉して結実するものとそうでないものがいるようで、我が家の4種の海王丸の内2種は自家受粉して結実するようです!

海王丸の種子

外して割った鞘です。左の鞘も十分熟しているようです。ただもともとさやがかなり小さかったので、種子数はだいぶ少なさそうです。そして種子になれなかった茶色い小さな未成熟の残骸はかなりあるようです。そして少し取り出してみると今年も中で発芽している種子が3ヶありました。また種皮が割れているのもいくつかあるようです。果肉はまるで湿った綿のようですので、根を果肉に張っているのもいました!種子はある程度大きいので、果肉から丁寧に1粒ずつ取りだして洗浄します。果肉が残っているとカビが発生する原因になりますので、洗浄は大変重要です。

結実を外した海王丸

こちらは結実を外したものです。引っ張っても取れませんので、根本をカッターで切り取っています。よく見ると9時の方向に仔吹きしているアレオーレが見えています。濡れているのは消毒用エタノールを散布したためです。

今日も猛暑日となりました。日照はあまりなく、午後からは時々小雨が降りました。そのため湿度が高く、今の時間でもかなり蒸し暑いです!新芽がほぼ全斑になった帝玉錦が干からびました、残念!

今日のこよみ
日の出    05:24
日の入    18:34
月の出    22:38
月の入    11:25
正午月齢   21.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

13、14輪目が開花した竜王丸

およそ3週間ぶりの登場、ハマトカクタス属 竜王丸(Hamatocactus setispinus)くんですが、13、14輪目が同時開花していました!画像はクリックすると大きくなります。

13、14輪目が開花した竜王丸

昨日はまだけっこう花芽は小さかったのですが、今朝見たら花弁が丸く膨らみ、午前10時過ぎから開花しました。天気は今一でしたが、気温が高かったので、一気に開花したようです!あと1つ花芽が膨らんできていますので、15輪は開花してくれるでしょう!今日で我が家の竜王丸としては開花総数の記録更新です!!

竜王丸の管理、育て方ですが、気温が30度を超え始めると、30~50%程度の遮光下に置き、長い日照時間を与えます。遮光無しでもほとんど焼けませんが、水切れさせると直ぐに肌が黄緑っぽくなりやすいので、30~50%程度の遮光下に置いた方が管理が楽です。水やりは大変好みますので、上から30%も乾けばたっぷり灌水します。また開花期間も長く多くの花を咲かせると細い棘が出やすくなりますので、時々薄い液肥で追肥した方がいいようです。植え替えは春か秋が適期かと思いますが、鉢底から根が出て来たりすると一気に生育が悪くなるので、直ぐに植え替えたほうが良いでしょう。アレオーレから蜜が出ますので通風は最大限にはかりカビの発生を極力抑えます。特に梅雨の時期は蜜が肌に流れると肌にまでカビが発生してしまいますので、蜜は綿棒などで小まめに取り、殺菌剤の散布なども定期的に行います。

鉢植えの姫リンゴの表土で発芽した短毛丸

こちらは昨日少し書きましたが、鉢植えの姫リンゴの表土で発芽している短毛丸です。昨日の強い風で吹っ飛び表土と共に多くの苗が散乱しましたが、幾つかはこうして残っていたようです。この苗は7月の終わりに採種した時、洗浄時に浮いた軽い種子を姫リンゴの鉢にばらまいて置いたのが発芽したものです。ただ何度か強い雨で種子が表土よりかなり深い位置に埋もれてしまっていたようで、表土がこぼれても、深い場所で発芽した苗がこぼれずに残っていたようです。ですから縦に伸びたひょろひょろとした苗がほとんどです。発芽は8月の初め頃から始まりましたので、まだ3週間ほどの小さな苗ですが、このままうまく育ってくれるでしょうか?!散乱した苗は昨日書いたように、70cmのプランターにばらまいて置きました!

今日も猛暑日となりました。張れている時間が少なくてもこれほど高い気温が続くと本当に小さな鉢は1日水やりが遅れただけで日焼けしてしまうので、水やりが大変です!!

今日のこよみ
日の出    05:23
日の入    18:36
月の出    21:54
月の入    10:18
正午月齢   20.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

自家受粉で結実した青王丸の種取り

6月6日から開花が始まった旧ノトカクタス属 青王丸(セイオウマル Parodia ottonis ssp.ottonis)ですが、自家受粉して結実していました。画像はクリックすると大きくなります。

自家受粉で結実した青王丸 採種した青王丸の種子

今朝見たら1鞘が落ちていました。落ちていた1鞘も、左の写真の様にあまり大きく膨らんではいませんでしたが、割ってみると右の写真の様に種が結構入っていました。充実した種子は40粒ほどはあるようです。このあと残りの1鞘も取りましたが、同じぐらいでした。まあ自家受粉ですので、種子の数は交配させたときに比べてだいぶ少なめです。青王丸の種子は、このまま取り蒔きしても、翌年春に蒔いても大変良く発芽しますので、初めてサボテンの実生をするならお勧めです。取り蒔きの場合、かなり小さな状態で冬越しになるので、10月以降最低気温が20度をなるべく切らないようにするなど工夫が必要です。

今日も猛暑日となりました。昼過ぎ頃は風が強く、姫リンゴや枇杷の8~10号鉢が吹っ飛びました。姫リンゴの表土で発芽していた沢山の短毛丸の苗が庭に散乱していました。7月の終わりに洗浄時に浮いた軽い種子を姫リンゴの鉢にばらまいて置いたのが発芽したもので、まだ1ヶ月弱の小さな苗です。拾えるだけ拾って70cmのプランターにまいておきましたが、さて活着してくれるでしょうか?!

今日のこよみ
日の出    05:22
日の入    18:37
月の出    21:13
月の入    09:12
正午月齢   19.3
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア