fc2ブログ

分頭していた摩利玉、日輪玉大株、白花黄紫勲とトップレッドSS?

脱皮中の紫勲系(シクンケイ)の摩利玉(マリギョク Lithops lesliei subsp.lesliei var.mariae C141)と日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。画像はクリックすると大きくなります。

分頭中の摩利玉 分頭中の日輪玉

左の摩利玉はまったく分頭している感じの脱皮ではなかったのですが、今朝見ると分頭していました。一番大きな苗ではないのですが、けっこう小ぶりでも分頭するようです。小さな苗で分頭すると開花が遅れるのであまり好ましくはないですが、窓の形がC141とは異なるタイプなので、余り気にしてはいませんが?!右は日輪玉大株です。花がらがセンターから移動せずに脱皮しているので分頭しているかなと思っていましたがその通りで分頭してました。写真では分かり難いですが花がらを少しずらせばはっきりと分かりました。こちらは6cmを超える大型サイズですので、分頭しても3cm以上にはなりますので、今年も十分開花出来るはずです。

分頭中の白花黄紫勲 分頭中?のトップレッド

こちらは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)と花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。左の白花黄紫勲は植え替えたことが脱皮を促進させているようで、終わりに近い苗も出て来ました。この株も分頭しています。右はトップレッドですが、元々花芽が脇から上がって来ていて実割れを心配していました。開花時はなんとか実割れせず頑張ってくれましたが、脱皮が始まり割れてしまいました。ただこの感じだと、分頭しているようにも見えますがどうでしょうか?単頭では最大サイズぐらいにはなっていましたので、分頭している可能性は高いです。ただ分頭後小さなサイズで花芽を着け、開花後1株が枯れてしまった過去があるので、分頭しても花芽を着けないことを祈りたいですねぇ!

深夜からお昼過ぎまではほぼ雨で、気温も夜中が最高気温と成り、日中は久しぶりに寒かったです。日照も全く無く帝玉達も当然開花しませんでした。

今日のこよみ
日の出    06:07
日の入    18:05
月の出    05:29
月の入    16:47
正午月齢   28.2
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
フリーエリア