fc2ブログ

日照不足で葉が開いた王妃雷神白中斑

およそ10ヶ月ぶりの登場、アガベ属 王妃雷神白中斑(Agave potatorum v.verschaffeltii'Ouhi -Rajin')くんです。画像はクリックすると大きくなります。

日照不足で葉が開いた王妃雷神白中斑 日照不足で葉が開いた王妃雷神白中斑

左は親株で、右は昨年12月に外した仔吹きです。どちらも夏に下葉をずいぶん落とさせてしまって葉の枚数が少なくなった上に、このところの日照不足で、葉が拡がってしまって、とにかくかっこ悪くなってしまいました。笹の雪系のように仔吹きが旺盛でいくつも予備株が簡単に出来るわけではないので、大事にしないといけないのですが、なかなか上手くいきません。日照時間が長く取れる場所があれば、しっかり遮光して管理すればいいのですが、我が家の様に1階軒下は夏場でも3~4時間ぐらいしか日照が取れないところでは遮光すれば直ぐに徒長するし、なかなか厳しいです!

植え付けたヘルテリー

こちらは昨日抜いた旧ノトカクタス属 ヘルテリー(Parodia herteri)ですが、5号鉢に植え付けました。今年の酷暑でずいぶん株元の茶膜が上がって来ました。でも上部もその分生長したようですので、多分大丈夫でしょう!

午前中は雨が降ったり止んだりの天気で日照は全くありませんでした。午後3時過ぎから少し陽射しがありましたが、我が家にはその時間に陽の当たる場所が無いので、結局は日照ゼロです。

今日のこよみ
日の出    05:47
日の入    17:50
月の出    18:14
月の入    05:30
正午月齢   15.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

マミラリアの植え替えなど!

マミラリア属 内裏玉(だいりぎょく Mammillaria haageana)、満月(まんげつ Mammillaria candida var estanzuelensis)、2016年実生の金洋丸(きんようまる Mammillaria marksiana)などを植え替えました。画像はクリックすると大きくなります。

抜いた内裏玉など 抜いた実生金洋丸

左の写真は内裏玉3本、満月1本、冬仙玉を抜いたところです。右は実生の金洋丸です。金洋丸は本日植え付けませんでしたが、左の株は全て植え付けました。その写真をアップしたのですが、何度やってもファイルがありませんになってしまいます。またファイル名を変更してアップしても同じですので、よく分かりません。正しくアップ出来たらまた追加しておきます。

今日は他にも玉翁やヘルテリーなども植え替えました。

今日のこよみ
日の出    05:46
日の入    17:52
月の出    17:43
月の入    04:33
正午月齢   14.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

新天地と新天地錦の植え替え

ギムノカリキウム属 新天地(シンテンチ Gymocalycium saglione.)と新天地錦(シンテンチニシキ Gymocalycium saglione.cv)です。画像はクリックすると大きくなります。

植え替えた新天地 植え替えた新天地錦

6月上旬に開花したので交配しましたが、結実しませんでした、残念!どちらの株もこのところ毎年開花してくれますが、株自体は特に新天地はあまり大きくなっていませんが、植え替えることにしました。本音は余り大きくなって欲しくないので、植え替え無くてもいいかと思いましたが、水はけもかなり悪くなってきているし、当分植え替えなくてもいいようにと、一気に6号鉢に植え替えました。左の新天地は錦よりは大きくなる可能性が高いので、6号深鉢にしました。

新天地や新天地錦の管理、育て方ですが、これまでどおり直射光下に置き、長い日照時間を与えます。水が切れると少し艶消し肌になり軽い日焼けのような症状が出やすいので、気温が連日30度を超えるような場合は30%程度の遮光をした方が良いでしょう!水は好む方なので夏は上から半分ぐらい乾いたら水やりしています。また肥料も好むほうで、2回に1回は薄目の液肥を与えています。小さな株でも晩秋まで十分健康的に育てると耐寒性も高く、マイナス5度程度はへっちゃらです。また冬場の2ヶ月程度断水しても変色も縮みなどもありませんので、大変育てやすい品種です!

午前中は良く晴れて気温も上がり、植え替えしているとけっこう汗が出ました。午後からは曇りました。明日も雨は降らなさそうなので、残りの白花黄紫勲を植え替える予定です。

今日のこよみ
日の出    05:45
日の入    17:53
月の出    17:11
月の入    03:37
正午月齢   13.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

仔吹きが出て来た笹の雪黄覆輪

久しぶりの登場、アガベ属 笹の雪黄覆輪(ささのゆききふくりん Agave victoriae-reginae f.variegata)親株です。画像はクリックすると大きくなります。

仔吹きが出て来た笹の雪黄覆輪 仔吹きが出て来た笹の雪黄覆輪
仔吹きが出て来た笹の雪黄覆輪 仔吹きが出て来た笹の雪黄覆輪

9ヶ月前に比べると葉の数も増えてはいますが、今一生長した感じがありません。今年の夏はそれほど下葉を落とさせなかったので、良い感じのはずでしたが、それほどではありませんでした。よく見ると2~4枚目までのように仔吹きが出て来ていました。仔吹きは写真以外にもあり全部で5ヶありました。これだけ出て来るとさすがに親株本体は生長出来ません。昨日水やりしたので植え替えは直ぐにはできませんが、乾いたら抜いて仔吹きは外すつもりです。掻き子苗は4株ほどあるので、この小さな仔吹きは破棄する予定です。

結構生長していた姫笹の雪 結構生長していた姫笹の雪掻き子

こちらも久しぶりの登場、姫笹の雪 (Agave victoriae-reginae.'compacta')親株と掻き子株です。こちらは上手く夏越しが出来て、わりと生長していました。特に掻き子の方は葉の数もだいぶ増えてらしくなってきました。

笹の雪黄覆輪、姫笹の雪の管理、育て方ですが、気温も下がってきましたので、直射光下に置き、長い日照時間を与えます。ただし水切れさせると葉焼けすることもありますので、しばらくは水切れささないよう注意します。冬場でも長期間水切れさせると下葉が痛みますので、鉢底まで乾かさないよう注意します。晩秋まで十分健康に育て方株は耐寒性も非常に高く、寒風吹きさらしの一階軒下でも、マイナス5度程度はへっちゃらです!

午後からは久しぶりに良く晴れました。気温も上がり午後からは半袖半ズボンで十分でした。oppoのsonicadacの改造を始めました。

今日のこよみ
日の出    05:44
日の入    17:55
月の出    16:37
月の入    02:41
正午月齢   12.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

花芽の予兆?金鈴

およそ7週間ぶりの登場、アルギロデルマ属 赤花金鈴(アカバナキンレイ Argyroderma delaetii. cv)と金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii.)です!画像はクリックすると大きくなります。

花芽の予兆?金鈴 花芽の予兆?金鈴

前回紹介したときより少し大きくなっているようです。そして口も全部の株で開き気味になってきました。日照不足というのもあるかもしれませんが、花芽を上げようとしているのかもしれません?!昨年は10月の中旬から開花が始まりましたので、今の時期から花芽が上がって来ても何もおかしくはありません。ただ右の黄花の」ノーマル金鈴はどこから花芽が上がってくるのかはちょっと想像し難いですが!!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れるそうですが、我が家の株はこれまで自家受粉では種子はできませんでした。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、まだ今の時期は実割れに注意しながら水やりします。また湿度も気温と共に下がってきますので、ダニには要注意です!

今日はほぼ終日雨が降っていて日照は全くありませんでした。気温も23度台でじっとしていると半袖では寒かったです。

今日のこよみ
日の出    05:44
日の入    17:56
月の出    16:01
月の入    01:46
正午月齢   11.4
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア