fc2ブログ

七夕

今朝は午前8時過ぎまでは気持ちのいい五月(サツキ)晴れで、久しぶりに朝から日差しがありました。日中曇るようですが、夕方からはまた晴れる予報ですので、少しは星空が見えるかも知れません。

うん? でも五月(サツキ)晴れって五月(ゴガツ)頃のさわやかな快晴のことを言うんじゃないの?

違います!
本来は梅雨の晴れ間のことを言うんですよ!そもそも五月(サツキ)は旧暦の5月ですから、ちょうど今ぐらいなんです。ちなみに本日は旧暦では5月26日です。

本日は7月7日で七夕で星に願いをなんて世間では騒いでいますが、タナバタも本来は旧暦で考えなくてはいけません。ですから本日は残念ながら本当の意味では七夕ではないのです。

もともと七夕とは中国は唐の時代、七月七日(旧暦)の夕べを七夕(しちせき)といって、織女と牽牛を祭り、女性達が針仕事や琴、文字が上達するように祈ったといわれています。
この祭りが、やがて遺唐使らによって日本へ伝わり、織女には、はた織りの女神 “七夕媛(たなばため)”の名をあてて“棚機(たなばた)”、あるいは“織姫”とよび、牽牛には当てる名がなかったので、男の星という意味で“彦星”とよびました。
そして七夕と書いて“タナバタ”と読むようになったといわれてます。
日本ではこの祭りが定着したのは平安時代に入ってからで、それが次第に民衆の問にひろまって素朴な祭となったといわれています。


夏の大三角形はくちょう座のデネブ、織女星こと座のベガと彦星わし座のアルタイル

撮影場所 長野県野辺山高原

上の写真は誰もが知ってる夏の大三角形です。
大三角形を作る3つの星は左から、はくちょう座のデネブ、七夕で有名な織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星 わし座のアルタイル)です。
もともとはくちょう座全形をガイド撮影した写真なので、星の数が多くて分かりにくいですがご勘弁を!

新暦の7月7日の夕べ(つまり日が沈んで間もない頃)には、わし座のアルタイル(牽牛星、彦星)は昇ってきたばかりで、かなり見え難い状態です。また梅雨の真っ盛りの日本では、緯度的にも、天候的にも、ほとんどこれらの星を見ることは不可能なのです。夜中の12時ぐらいになればよく見えますが!


天の川銀河

撮影場所 長野県野辺山高原

何故こうなったかというと、旧暦の行事をその内容や背景を考えずに新暦にそのまま当てはめてしまったためです。旧暦の7月7日を新暦に直すと今年(2010年)は8月16日(月齢6.0で月没が22時です)になります。この頃で有れば宵の頃には織姫も彦星も天頂付近に輝いて見えます。
夏の大三角形から続くいて座からたて座の天の川銀河もこんな風に見えるはずです!!

昨年の投稿とほとんど同じ内容ですので、たいへん申し訳ございません!!
JUSTブログの時はカテゴリーを複数付けられたので、天体、季節の行事に入れていましたが、現在は単独カテゴリーなので、今回は昨年の季節の行事から天体に変更して投稿しました。(単純に私の都合ですが)



今日のこよみ(関西中部)
日の出    04:49
日の入    19:14
月の出    00:22
月の入    14:43
正午月齢    24.7
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア