fc2ブログ

雪晃と緑花雪晃の花

25日から開花が始まった雪晃中株と27日から開花が始まった緑花雪晃が、花を次から次へと開花させていきました。雪晃中株は11輪の同時開花、緑花雪晃は5輪の同時開花です!

11輪同時開花の雪晃と5輪同時開花の緑花雪晃

雪晃と緑花雪晃はどちらも1輪の開花日数が少なくとも1週間ほどはありますので、上がって来た花芽の数だけ同時開花することが多いです。2010年の雪晃大株のように、29輪もの花芽を上げた時などはさすがに全てが同時開花することはできませんでしたが、今回のように数が少ないとほとんど満開になるようです。まあ雪晃中株はあと3輪、緑花雪晃はあと2輪ありますが問題なく満開になると思います。雪晃中株も緑花雪晃もまだそれほど大きな株ではありませんので、満開になれば、2、3輪ほど残してあとは摘む予定です。雪晃も緑花雪晃も自家受粉で結実しますので、あまり負担を掛けない方がいいからです。雪晃も緑花雪晃も毛に覆われて自ら遮光しているので、真夏の強光線でも日焼けしたりはしませんが、風通しが悪いと蒸れて痛むようです。また多くの結実を着けていると株が弱り、真夏に調子を崩しやすいので、通風を最大限に計り、50%程度の遮光下で、管理した方がいいみたいです。現在雪晃も緑花雪晃も遮光していませんが、5月下旬頃からは35%程度の遮光下で管理する予定です。

ここで我が家の遮光について少し説明しておきます。
現在遮光が必要な株には透明波板直下に2m*2mほどの35%の遮光ネットを張り、あとは個別に遮光ネット(20~50%)を株の頭に乗っけて管理しています。
しかし5月下旬頃からはかなり陽が強くなるので、ベランダの波板直下全体に35%の遮光ネットを張りますので、ベランダの最前列に出した鉢以外はすべてこの遮光下になります。ただし太陽の高度が45度以下の時(真夏でおよそ午前8時過ぎまで)は直射光が当たるように鉢の置き場所を決めています。
梅雨明け以降は西側半分に35%の遮光ネットより50cmほど下にさらに50%の遮光ネットを張り、およそ68%の遮光にします。
遮光率の計算は、遮光率が35%ということは透過率は65%、そこにさらに50%の遮光ネットを追加するので、透過率はその半分になり、32.5%になります。ですから遮光率はおよそ68%となります。ただし遮光ネット間の距離が近いと高くなりすぎたり、変わらなかったりするかもしれませんので、注意が必要です。68%でもさらに遮光が必要な鉢などは現在と同様に個別に遮光ネットを頭に乗っけます。また我が家のベランダは南東に向いているため、朝日は当たりますが、午後3時以降は日陰になりますので西日対策はまったくしていません。
我が家には直射光で育てた方が良い品種から90%近い遮光が必要な品種までがあります。それを全品種、十把一絡げで遮光すると、日焼けしたり、逆に徒長したりと、うまく育てられませんので、面倒でも品種ごとに最適な遮光をすることが、ポイントだと思います。これは水やりも同じです。十把一絡げで一斉灌水なんてとんでもないですよ!!

午後3時頃から雨になりました。現在も降っています。庭もかなり乾いてきてミミズが出始めていましたので、良いタイミングです!


今日のこよみ
日の出    05:07
日の入    18:42
月の出    12:15
月の入    00:53
正午月齢   08.8
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

さといもさん こんばんは cometです。

いつもコメントありがとうございます。
黄雪晃は岐阜の岐○園産が出回っているようですので、HCなどでも手に入るかも?

No title

コメットさん、いつもありがとうございます。
めっちゃ勉強になります!

実際こっちの環境なども左右するとは思いますが、遮光は必要な方向で設置をしてみます!
ちなみに、黄雪晃販売しているところ見つけました、買ってはいませんがw

Re: No title

さといもさん こんにちは cometです。

ご訪問ありがとうございます。

> 梅雨明け以降はやはり遮光はした方がいいんですね。
それについてもいろいろ調べてみたんですが、サボテン生産・販売業者のページで、夏は屋外で日当てて育てるって書いてあったりしますが、遮光をするって人の方が多い感じがしました。

品種や株の大きさ、健康状態にもよります。我が家で真夏でも終日無遮光なのは、マミラリア属猩々丸大株、金洋丸大株、白鷺、桜月、銀手毬、ギムノカリキウム属新天地、フェロカクタス属日の出丸、コリファンタ属象牙丸大株あたりです。猩々丸の子株や金洋丸の子株は50%の遮光下で過ごさせています。
最も遮光率が高いのは、ハオルチア属玉扇やギムノカリキウム属翠晃冠、麗蛇丸、ロホホラ属翠冠玉あたりで、75%程度は必要です。ただ玉扇や麗蛇丸でも30%程度で焼けないものをいます!

> ちなみに、遮光ネットって、黒のアミアミの奴と寒冷紗とどっちがお勧めですか?

私は紫外線は必要だと思っていますので、シートタイプは使わずネットタイプ(空気も通る)です。30~40%は防虫ネットの様な白の細かな網、50%と65%はカテゴリー園芸用品で載せています、遮熱遮光タイプのスーパーホワイトを使っています。品種や株の大きさに合わせて株の頭の上に30%の遮光ネットを載せるなどして、全体はなるべく低い遮光率にしています。黒は熱がこもりますので使っていません。

No title

サボテンって欲しいと思っても意外と売ってないことが多いですよね。

梅雨明け以降はやはり遮光はした方がいいんですね。
それについてもいろいろ調べてみたんですが、
サボテン生産・販売業者のページで、夏は屋外で日当てて育てるって書いてあったりしますが、
遮光をするって人の方が多い感じがしました。
根の温度優先で、全部黒プラ鉢を使ってきましたが、なるほど、夏は白の方が温度下がりますねw
ちなみに、遮光ネットって、黒のアミアミの奴と寒冷紗とどっちがお勧めですか?
寒冷紗を使うと柔らかい光線になるからいいと言って、使ってる人も居るようで、悩んでます。

Re: No title

さといもさん こんばんは cometです。

ご訪問ありがとうございます。
緑花雪晃ですが、京都シャボテンクラブ主催のサボテン展で購入したのですが、実際には黄雪晃の事だと言うことが後に判明しましたので、現在は黄雪晃としています。ですからブラジリカクタス属 黄雪晃(きせっこう)で検索されると見つかると思います。

夏はとにかく通風をはかることと、鉢内の温度を上げないことです。ですから白のプラ鉢を使ったり、スペースがあるのなら2重鉢にすると良いと思います。梅雨明け以降は多くの品種で遮光は必要になりますが、強すぎる遮光は害の方が多いので、お気を付け下さい!

No title

こんにちわ!
この黄緑色の花が咲く子、めちゃいいですね!
こんな色の花が咲くサボさん初めて見ました。
惚れ惚れしたので売ってるところ探してみたんですが、
珍しいタイプなんですかね?検索結果がコメットさんの記事がほとんどでしたw

うちは、初めての夏越しが来るので、試行錯誤を始めんといかんです。
とりあえず、温室の蒸れ対策に扇風機を買いました!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア