fc2ブログ

パキフィツム属 千代田の松

およそ2ヶ月ぶりの登場、ベンケイソウ科パキフィツム属 千代田の松(チヨダノマツ Pachyphytum compactum)です。子株の位置がずっと北側になっていたせいか、子株の株元が一気に伸びていました!

パキフィツム属 千代田の松

親株の葉がけっこう大きくなったので、北側に向いた子株には日がほとんど当たらなかったので、少しでも日を浴びたいと株元が伸びたようです。気がついてからは鉢回しをしたところ、先端部分は締まった葉になりました。親株は節間が間延びせずがっちりした良い感じです。現在は50%の遮光下で管理しています。30%でも水やりが多ければ日焼けしませんが、梅雨明け以降1日2回の水やりしないといけなくなったので、50%遮光下に置いています。それでも現在はほとんど毎日水やりしています。小さな素焼き鉢に加え、かなり軽い用土ということで、根腐れの心配は全くありませんが、逆に乾きすぎるのも問題です。黒のプラ鉢で無い分鉢内の温度は上がりすぎることはありませんが、それでもこれだけ土の量が少ないと日焼けし易くなります。ですから毎日の水やりでなんとかこの状態を保っています。パキフィツム属 千代田の松の以降の管理、育て方ですが、今まで通りなるべく長い日照時間を与え、日焼けしないギリギリの遮光下で管理します。そうすることで節間の詰まった見栄えの良い姿になります。夏生育型なので植え替えは春先がいいですが、我が家の株のように生長し仔吹き手狭になったものは、夏の終わりから初秋にかけて植え替えた方がいいです。根詰まりさせて冬越しさせるよりはずっと耐寒性があがりますし、この秋の植え替えで、黒のプラ鉢にして鉢内の温度を上げられるようにするのも、冬越しを楽にします!
同じパキフィツム属の桃美人ですが、先日隣に鉢を置こうとして上から葉っぱに鉢を引っかけたら4枚も葉を落としてしまいたいへん格好悪い姿になりました。上部の葉2枚はなんとか葉挿しで芽がでそうなところですが、株元の2枚はあっというまに干からびました。ですから葉挿しする場合はなるべく元気な、株の中間当たりの葉を切った方が良さそうです?!

今日も朝から良く晴れて暑いです!


今日のこよみ
日の出    05:24
日の入    18:35
月の出    12:18
月の入    22:40
正午月齢   06.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
フリーエリア