fc2ブログ

サボテンの花の特徴7改 金洋丸

マミラリア属 金洋丸 Mammillaria marksiana

花径25mmを越えた金洋丸の花 12輪同時開花の金洋丸

花の色:黄色
花径:12~25mm
花茎の長さ:ほぼゼロ
開花時間:午前10時頃から夕方まで(日照時間により早く閉じる場合もあります)
開花日数:2~4日(晴天が続くと短くなります)
同時開花数:12輪(株の大きさで変わります)
開花期間:2月下旬から6月中旬(栽培環境や植え替え時期などにより変わります)
備考:強い直射光と気温が高くないと全開しません

2009年の開花期間は2月25日~5月03日で開花総数は38輪でした。
2010年の開花期間は5月01日~6月05日で開花総数は16輪でした。
(業者さんは暖房の入った温室で栽培されているため開花開始が早く、無加温栽培の我が家では、購入した翌年は開花が1~2ヶ月遅れる場合は多いです!)
2011年の開花期間は4月05日~5月27日で開花総数は40輪でした。
2012年の開花期間は5月07日~6月15日で開花総数は34輪でした。

花茎がほとんど無く、疣の間の綿毛の中から直接花びらが出ているみたいです。また花びらの形も先が尖っておらず、少し波うった感じです。花茎はほとんどありませんが、刺がそれほど長くないのと割と柔らかいので、花はそれほど刺に邪魔されずに開くようです。花色は刺とほぼ同じ色で明るい黄色です。サボテンの属は蕾の形で定められています。ですから金洋丸も、マミラリア属の特徴である三角の小さな蕾を持っています。しかしこの金洋丸の蕾は少し丸みを帯びています。これは花びらの先端が尖っていないからだと思われます。
別名で黄金世界とも呼ばれているようです。

金洋丸を育てて見たい方はこちらをご覧下さい!


2013.11.03 更新
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア