fc2ブログ

花を期待するサボテンその2

およそ4ヶ月半ぶりの登場、アカントカリキウム属 紫盛丸(シセイマル Acanthocalycium violaceum)くんです。3号鉢でもたいへん見栄えのするサイズにまで生長してくれましたので、今年花を期待する有力候補の1つです!!

アカントカリキウム属紫盛丸

この紫盛丸は百均出身で、2011年9月16日に我が家にやって来ましたので、およそ1年5ヶ月が経ちました。購入当時は株径(刺込み)5cmほどでしたが、3号鉢から棘がはみ出るサイズにまで生長してくれました。この冬は水を抑えているので、若干秋口に比べれば縮んでいますが、肌の色つやは大変良いので、安心感があります。紫盛丸は実生3~4年目、株の大きさで7~8cmぐらいから花が着くようですので、今年はかなり期待出来るような気がします!花色はその名前の通り、淡い紫色で雄蕊、雌蕊共に黄色のようです。

アカントカリキウム属紫盛丸

紫盛丸の中刺(Central spine)は写真でも分かりますように先端と根元に飴色が混じっているちょっと変わった刺です。縁刺(Radial spine)は無く、アレオーレ(Areole)には黄色みを帯びた少なめの綿毛(Felt)があるだけです。でもこの中棘の捻れ具合や暴れ方は株が大きくなるとなんとなく、温和しくなってきたみたいで、もう少し暴れて欲しいのですが、どうすれば暴れてくれるのでしょうか?もっと窒素系の肥料をやったほうがいいのかもしれませんねぇ?!紫盛丸の稜数(Ribs)は16稜から20稜にまでなるようですが、現在はまだ15稜ですので、大きくなるにつれ、稜数も増えていくと思われます!
紫盛丸は根詰まりさせると、株元から茶膜が上がって来やすいようですので、鉢底から根が見え始めると植え替えた方がいいようです。また真夏の強光線では日焼けしますので、50%程度の遮光下に置き、特に夏場は水切れささないように管理します。昨年は8月末の植え替えでマグアンプK中粒を3g入れているのではNPKは切れていませんが、微量元素などはかなり少なくなっている可能性も高いので、新棘が出始めたら、微量元素の液肥を水やり代わりに与えて行く予定です!
さあ今年は花芽が上がってくるでしょうか?!



今日のこよみ
日の出    06:33
日の入    17:48
月の出    16:24
月の入    05:06
正午月齢   13.8
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア