fc2ブログ

サボテンの花の特徴17 縮玉

エキノフォスロカクタス属 縮玉 Echinofossulocactus zacatecasensis

エキノフォスロカクタス属縮玉 エキノフォスロカクタス属縮玉の花芽

花弁の色:周辺は淡いピンクで中心部は筋状で紫
雄蕊の色:黄色
雌蕊の色:薄い黄色(花柱は赤)
花径:45~50mm
花茎の長さ:20mm
開花時間:午前10時頃から午後3時頃まで
開花日数:3~5日(気温が高いと短くなる場合が多い)
開花期間:3月上旬から4月下旬
同時開花数:5

2011年の開花期間は3月03日~4月06日で開花総数は3輪でした。(処女花を開花させました)
2012年の開花期間は3月30日~4月27日で開花総数は7輪でした。

蕾は1月の後半から2月前半頃から新棘と共に上がって来ます。着花部位はアレオーレです。蕾は最初真ん丸で濃い紫色をしていますが、大きくなるにつれ縞模様が目立ってきます。形も先端が細長く伸びて来ます。その冬の寒さにもよりますが、蕾が見え始めてからおよそ1ヶ月半から2ヶ月で開花するようです。朝から良く晴れて気温が高いと早い時間から開きますが、気温が低いとお昼前から開くこともあります。また曇っていても、気温が高ければ、わりと綺麗に開いてくれますので、助かります。蕾の数が多いと、花弁が綺麗に開かないのが残念です。また長い棘が生長点付近で密集しているので、刺に邪魔されてうまく開かない場合もあります。上の写真のように2輪ぐらいの同時開花が最もきれいに見えると思います。株径が5cmを超える頃から開花株になります。

我が家の無加温ベランダ栽培のエキノフォスロカクタス属 縮玉くんの花に関する特徴ですので、ご理解ください。
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア